先生が生徒・教え子を好きになる?禁断の恋愛は危険!絶対ダメ!

店員Kです!

学校の教職員の方の中には、
生徒のことを好きになってしまう…なんて方も時々いらっしゃるみたいです。

生徒が先生を好きになる!というのはそこそこ聞きますが、
このように反対に先生が生徒を好きになるパターンもあるのです。

実際に、とある教員の方に聞いたのですが
「若い頃は生徒を好きになることがあった」と
仰っていました。

今回は先生が生徒を好きになることについて、
そして恋愛関係に進むことについて考えていきます。

スポンサーリンク

先生が生徒を好きになる…

学校内の恋愛においては一番可能性の低いパターンですが、
先生だって機械ではなく、人間なのですから、そういうことが
あっても不思議ではありません。

ただ、多くの教職員の方は
”生徒は生徒”としっかり割り切っていると思いますし、
基本的に生徒のことを恋愛対象として見る、ということは
少ないようです。
”お気に入り”の生徒などはどの先生にも居るかとは
思いますが、実際に恋愛感情まで抱いてしまうケースは
あまり聞いたことがありません。

また、恋愛感情を抱いたとしても、
多くの先生はそのままその感情を押し込んで、
仕事に専念する場合がほとんどだと思います。

先生から生徒への恋愛は絶対ダメ!

先生から生徒への好意。
別に心の中で「好き」だと思うぐらいにとどめて置けるのならば良いですが
間違っても先生から生徒に告白してしまったりしてはダメです!

私の学生時代にそう言う話が一度あって、かなり問題に
なっていました。

せっかく教職員という仕事に就いたのに、そんな恋愛一つで
全てを失うことになってしまってはもったいないです。

基本的に先生と生徒は相容れないもの。
ちゃんとした線引きを心の中ですることが大事です!

先生から生徒の恋愛は何故ダメなのか、
それを書いていきましょう。

①犯罪になる可能性あり

18歳未満と、そういう行為をしてしまえば、
先生側が罪に問われます。
法律や条例に引っかかります。

そういう関係ではなく、純粋な恋愛であれば犯罪には
基本的にはならないみたいですが、
間違って先生から手を出してしまえば大問題。
逮捕モノになりますから、絶対に手を出してはいけませんし、
本来であれば恋愛関係になることもおすすめできません。

やはり先生と生徒の恋愛は基本的にはアウトです。

②18歳以上でも…

高校3年生であれば、18歳以上。
では恋愛しても良いのではないか、と思うかもしれませんが、
これもNGです。

何故か。
それは教職員だからです。

法律や条例には引っかかることはありませんが、
別の方面で引っかかります。

それは何か。

学校の規則です。
学校の就業規則などで、恋愛は大抵の場合、禁じられています。
なので、これに触れるということは学校側、あるいは教育委員会などから
罰される可能性が高いです。

法律上ではOKであっても、校則上でアウト。
つまりはどのみちダメなのです。

それぞれの反応

次に、法律とか規則抜きにして、色々な箇所で起こりうる問題についても
考えておきましょう。

これらのリスクを全て追ってまで、あなたは生徒と恋愛しますか?
大半の方は身を引くと思います。
先生と生徒は恋に落ちてはいけない、と断言します!

①生徒からの反応

先生が特定の生徒と付き合っている。
そうなれば他の生徒たちも感づくでしょう。
生徒もそこまで鈍感じゃありません。
どんなに隠そうとしたところで、付き合っている相手の生徒が
親友などに言ったりすればあっという間に広がってしまうでしょう。

そして
”一部の生徒だけを特別扱いする”ということは本来、
教職員においてはあってはならないことです。
それを嫌がる生徒も居るでしょうし、
クラス全体の雰囲気の悪化にも繋がるかもしれません。

また、先生と付き合っている生徒も心配です。
それが原因でいじめを受ける可能性も0ではありませんし、
逆に「私は先生と付き合っているから」みたいなノリで
クラスの人を萎縮させる可能性もあります。

②保護者からの反応

先生が、自分の息子や娘と真剣にお付き合いをしている。
もし、そう言われたらあなたが親ならどう思うでしょうか?

「は?」と思うのではないでしょうか。

少なくとも「先生と付き合っている」と自分の息子や娘から
言われてそれをすんなり受け入れる親なんて居ないと私は
思うのですが…。

相手の子の親に「付き合っている」と本当に言えるのかどうか。
恐らく、言えませんよね…
言えないということは先生側も
自分の中のどこかで「悪い事」だと理解している、ということです。

また、当人の親が納得しても、その噂を聞きつけた
他の保護者の方から大バッシングを受けるのは目に見えていることですし、
PTAなどが動き出す可能性もあります。

そうなればどうなるか、目に見えてますよね…。

③同僚からの反応

他の先生たちに生徒に恋をした、なんてことが知れ渡れば
白い目で見られるでしょう。
それだけ先生⇒生徒への恋愛は教育現場においてはタブーです。
絶対にあってはならないこと。

そんな禁忌を犯す先生への周囲の目は厳しいものだと思います。

先生⇒生徒の恋愛が学校中に、保護者に広がれば問題になるのは目に
見えています。
校長や他の先生たちからとっても「面倒ごとを起こさないでくれ!」と
いう気分だと思います。

それが広がれば教育委員会や保護者間でも問題になる可能性が
ありますから。
また、校長などから厳重注意を受けるだけではなく、
最悪の場合、職を失うことだってありえます!

④世間からの反応

そして、世間の目も冷たいでしょう。
例えどんなに純粋な恋愛であったとしても
世間は「生徒に手を出した先生」としか見ないと思います。
世の中、そんなものです。

そうなってしまえば、自分のイメージは地に堕ちますし、
そういう目で一緒に見られてしまう相手の生徒も
可哀想ですよね。

以上の4つの反応からも、絶対に生徒に手を出してはいけませんし、
万が一、恋愛感情が芽生えてしまったらそれを捨てるように
努力しなければいけません!

”好きになってしまったものは仕方ない”
なんて言ってる場合じゃありません。

”生徒に恋愛感情を抱かない”
それも教職員の仕事の一つではないかと。

どうしても恋愛したいなら

どうしても、その相手の子が忘れられない、
また向こうもあなたのことを…と言う場合は、
最悪、”卒業”してからにしてください。
卒業して3月が終わり、4月になってから。

つまり、相手の生徒が完全に”学校から籍が抜けた状態”に
なるまで待つのです。
高校であれば簡単でしょうし、相手が中学生・小学生であっても
待つ以外に方法はありません。

とにかく18歳未満に手を出してはいけませんし
先生・生徒の関係であるうちは絶対にダメです!

私はとあるお店で店長をやってましたがこれも
店長・店員の関係であるうちは基本、恋愛をしない方が良いのです。
会社からの色々な目もありますからね…

それとおなじで、やはり先生・生徒の関係であるうちは恋愛はご法度。
どうしても、どうしても、という場合は先生・生徒の関係でなくなるまで
待ちましょう!

まとめ

と、いうことで先生から生徒の恋愛はアウトです。
反対に生徒が先生へ恋心を抱いても、上記のような理由から
その気持ちに応えることは大変難しいです。

いずれにせよ、先生と生徒の恋愛は禁断の恋愛です。
基本的にゼッタイにしてはいけないことです。
ごく一部、先生と生徒の恋愛が成就している例もありますが、
多くは悲しい結末を迎えることも多いようです。

学校は出会いを求める場ではありません。
もしも恋愛感情を抱いてしまってもそれは封印しましょう!

生徒たちにとって”先生”でいるためにも!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする