操作では無い!ツイッターのトレンドから消えるのには理由アリ!

店員Kです!

ツイッターのトレンド。
皆様はどのように決定されているか知っていますか?

ただ単にツイート数が多いものから掲載されている、
とかそんな単純なものではありません。

先日、とあるアニメの監督降板の情報が出て
それがトレンド入りしていましたね。
で、そのトレンドが消えたとかなんとかで騒ぎになっているようです。

中にはKADOKAWAによる情報操作、、なんて
騒ぎ出す人も…

何かと情報操作と騒ぐのお好きですね…。
ツイッターの情報なんか操作しても、何にもならないことぐらい
メーカーさんも分かっているでしょう。
SNSはたくさんありますし、
別の名前ですぐにトレンド入りしてしまいますからね。

そんなものをお金を払って消すわけはないと思います
(そもそもトレンド操作なんてシステムが表向きには無い)

スポンサーリンク

トレンドが消えた?

話題になっているはずのトレンドが消えた…という件について
最近話題になっている件を例に考えていきましょう。

とあるアニメの監督降板を巡り、ファンたちから批判や
復帰を望む声などが巻き起こっているようです。
私はこの件に関しては部外者なので、特にこれについては語りません…。
ファンの皆様からすれば不満を抱く気持ちは十分に分かりますし、
会社側にも何らかの都合がある、というのもなんとなくは分かります。

ですが、問題なのはそのあと。
この降板となった監督の名前「たつき監督」というのがトレンドに
入っていたのですが、それが急に消えて、
ファンたちによる「〇〇〇へたつき監督」と言うのが
代わりにトレンド入りしたようです。
まぁ、そのあたりの経緯は詳しくはないのですが、

話題になっていた「たつき監督」が突然トレンドから消えたことに
KADOKAWAの情報操作ではないか、などというとんでもない
意見が出回っています。
(別にKADOKAWAさんを擁護する気はありません)

トレンド操作?

これは騒ぎすぎですね。
と、いうよりどうしてそういう発想に行ってしまうのか、
疑問です。

何かにつけてツイッターの情報操作だの陰謀だの騒ぎたがる人が
居ますが、そんなものは存在しないはずです

少し前の永久凍結の件も、ちゃんとした理由がありました。
少しルールなどを見れば分かることです。
なので、今回のトレンド「たつき監督」が消滅したのにも
ちゃんと理由があるのでしょう。
陰謀などではなきう、普通に消えただけだと思いますよ。

なぜ「たつき監督」が消えたのか?

これには色々と理由があると思います。
ツイッターのトレンドのルールなども見ながら考えていきましょう。
別に私はKADOKAWAさんとは何のつながりもない人間ですが、
KADOKAWAさんがツイッターにお金を払ってもみ消した、、なんて
ことは無いと思います。

何故なら、そんなことをするメリットがないからです。
「もみ消し」などしても、意味がないことぐらい
KADOKAWAさんでも分かるでしょう。
もみ消しなんてすればさらに火に油を注ぐことになるのは
目に見えています。

今回、偶然「たつき監督」が消えたことにより
「陰謀だ!」などと騒ぎ出す人が増えていることからも
明らかなように、
そのようなことをわざわざお金を払ってまでする可能性は
0に近いでしょう。

では、なぜ消えたのか。

①トレンドの決定基準

まず、トレンドの決定基準から。
単にツイート数で決定されると思っている方もいらっしゃるようですが
ツイッターのトレンドの説明のところを読むと、
「 トレンドに関連するツイートの数は、
  トレンドの決定やランク付けの際に考慮される要素の1つにすぎません。」

つまり、たつき監督というタグがいくら使われていても、
別の要素で消滅する可能性は十分にありますし
もしかしたら「へたつき監督」の方がツイート数が増えたため
たつき監督が消滅した可能性もありますね。

現に同じようなトピックは統合される、というようなことが書かれています。

②ずっと同じトレンドが載ることは少ない

これは、明記されていないので不明ですが、
同じ話題、同じ内容のトレンドがずっと載りつづけていることは
稀だと思います。
呟いている人が多くても、他の話題やトレンドが出てくれば
そちらの話題の方がツイートが少なくても入れ替わっている雰囲気はあります。

そうしないと、ずっと同じトレンドが居座りつづけますからね。
ある程度長居したトレンドは優先的に削除されている印象です。

ただ、これはあくまでも私の個人的な印象だとは言っておきます。

③省かれるトレンドもある

ツイッターのトレンドのルールを見る限り
「特定のコンテンツがトレンドに表示されないようにすることがある」と
書かれています。

そのルールを見ると冒涜的な内容だとか
ツイッターのルールに反する内容は表示されない場合がある、
とされています。

これらはツイート数が多くてもトレンドからはじかれるわけですね。

で…ツイッターのルールには
「著作権侵害」や「暴力的な発言・行為」を禁じるルールがあります。
(だいぶ簡略化して書いてますが)

「〇ね」などの言葉を書いただけで凍結になることもあり、
暴力的な発言に対しては、強い対応をとることもあるみたいですね。

私は、これこそが原因だと思います。
先日、たつき監督がトレンド入りした際に見ましたが、
かなり「攻撃的」な発言を一部の方がされていたりするのも
見ました。

KADOKAWAさんに対する不満が!というのは分かります。

ですが、ツイッターのルール上、それはNGワードになっているのです。

で、たつき監督 の話題の中でそういう暴力的な発言や
否定的な発言、攻撃的な発言をする方が増えてしまったため
結果的にトレンドから省かれた、というのが消えた理由の
最有力候補だと思います。

いかなる理由でも暴言を吐けば、ルール上で、トレンドから省かれる。
そういうことだと思われます。

ただ、暴力的な発言をしてもアカウントが凍結されない人も居ますし、
はじかれないトレンドもあります。
この差はなんなのか?
やっぱり金の力が?と思うかもしれませんが
これもNoだと思います

ツイッターは莫大な数のアカウントがあり、運営が”全て対応”することは
不可能です。
実際に野放しにされている問題行為もたくさんあります。

なので”注目度の高い” ”影響力の強い”ものに優先的に
チェックが入っている印象です
(これはあくまでも私の感覚的なものです)

「たつき監督」のツイートは物凄い勢いで伸びてましたし
注目を浴びていました。

その為、真っ先にチェックが入ってしまい、
KADOKAWAさんに対する不満を暴言として発言する方が
多かったため、トレンドから削除されてしまったのでしょう。

消えた理由を憶測

あくまでも憶測にすぎませんが、ツイッターのトレンド上から
「たつき監督」が消滅した理由は、
ツイッタールールに違反した過激な発言を含むツイートが
「たつき監督」の話題に増えたことにより、
ツイッターのトレンドから削除されてしまった、ということでしょう…

私はそう思います。

まとめ

KADOKAWAさんの監督降板問題については
私が口出しすることではありませんので、何も言いません。
皆様色々な意見があって当然ですからね…。

ですが、ツイッターのトレンド操作、という話題が出回っていることに
ついては少し違和感を感じました。

おすすめトレンドなんて操作してもたかが知れてますし、
それにお金を払ってまで操作などしないでしょう。
何かにつけて情報操作だ!なんて騒がれていたり、
ツイッターがトレンド操作していたりすると思うと怖い…
みたいなツイートもありましたが、
すぐにその考えに行ってしまう方が怖いような気がします。。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    Twitterやらない人間からすると
    トレンド消えた理由がなんにしろ現状本当のトレンドを表示してるとは言えないと思う

    • 店員K より:

      コメントありがとうございます!
      確かに、トレンドに偏りがあるのは事実だと思います。

  2. カオナシ より:

    Twitterルールに違反した書き込みを多数投稿・違反するように煽ることで消すことができる、つまり操作できるのでは?
    それも、Twitter社ではなく大量のアカウントを操作する外部の集団によって可能ということも考えられませんか?

    • 店員K より:

      コメントありがとうございます!
      ツイッター社の操作!という風潮に違和感を感じて書いたのですが、
      確かに、大量のアカウントを使った操作(煽りや過激な発言)となると、
      あり得る話ではありますね…。
      ご意見ありがとうございます!