お店でも外でも平気で咳をする非常識な人は何を考えてるの?

店員Kです!

私は接客業をしているのですが、
時々、外で平気で咳をする人、居ますよね。

常識を疑うレベルで。

もちろん外でもいますし、お店の中にも結構そういう人は
やってきます。

特に、レジでの会計中に平気でお店の人に
咳を吹きかけるような人は常識を疑いますね。

こういう人はおそらく、
お店の店員を”人”とは思っていないのでしょう。
機械か何かと勘違いしているのではないでしょうか。

全く非常識な人たちが多くて困ります!

今回はこういう非常識な人たちについて考えていきましょう。

スポンサーリンク

非常識な人!

街でも、お店でも、平気で手を口にやることもせず、
咳を振りまく人が居ます。
大変非常識ですね。
子供ならいざ知らず、大人がこれをやっていると呆れます。

特に、私は接客業なのですが、レジなどにやってきたお客さんが
手もふさがずに、顔の向きも変えずに、そのまま咳を吹きかけてくる人も居て
「あたまオカシイんじゃないんですか!」と思ってしまいます。

店員は口には出しませんが、もしもあなたがレジ会計中などに
咳などを店員にふきかけたことがあるのであれば
ほぼ100パーセント「ふざけるなよ」と思われています。

相手は人間なのですから、
そのぐらい分かりますよね?
手をふさがずに咳を吹きかけるのは大変失礼な行為ですし、
常識を疑われても仕方がありません。

お店での呆れた事例

実際にあったお店での呆れた事例。
まずはお客さんがマスクも手もふさがずにそのまま咳を吹きかけまくるパターン。
これは心底呆れます。
私も何度も吹きかけられました。
子供から、大人まで。

まぁ、上でも書きましたが相手が子供であれば多少は仕方がないか…?
とあきらめもつくのですが、相手が大人だと、もう心底呆れます。
本当に、今まで何を学んで生きてきたのか、心底呆れると共に
その人の神経を疑います。
まぁ、店の人を人とも思わずバカにしているのでしょう。

こういう人ほど、いざお店の人に咳を吹きかけられると
クレームつけてくるんですよね…
呆れたものです。

また、子供がゴホゴホゴホゴホ咳をしていることもありました。
まぁ、子供一人であれば仕方がないのですが、
親と一緒に居た親子連れ。

普通の”常識ある”親であればちゃんと周囲への配慮をするか、
マスクをさせるかすると思うのですが、それすらしていませんでした。
完全にバイ菌です。

お客様をばい菌と思うのは失礼!という世間の風潮ですが、
親が居るのに、マスクもさせず、申し訳なさそうにもせず、お店に長時間居座り、
周囲のお客さんや私に菌を振りまくような方は
残念ながらばい菌以外の何物でもありません。

と、いうより、ばい菌そのものじゃないですか。
厳しいようですけれど…。

どうすれば良いの?

お店でそういう風に思われないようにするのであれば、
どうすれば良いか。
答えは簡単です。

”マスク”をすれば良いのです。

普通、咳がゴホゴホと出ているときに、相手に咳を
吹きかけるのは失礼です。
外出するのであれば最低限の礼儀やマナーは身に着けて
外出して欲しいと思いますし、
それが出来ないのであれば外出する資格もないでしょう。

大人しく家で体調が良くなるまで寝ているべきかと思います。

もしも何らかの事情でマスクが嫌だ!という場合は
せめて、お店を利用するときや、外で人と接するときなどに
咳をする場合、口に手をやるようにしましょう。

そういうお客様を何度か見たことがありますが、
それだけでも
”ちゃんと、この人は礼儀をわきまえている”と
思いますから、ちゃんと”配慮”してますよ、という姿勢を
見せることが大事です。

最低でも、顔の向きを変えるぐらいの配慮は必要でしょう。

お店の店員を何とも思わない人が増えすぎているように思えます。

風邪移ったら、店員の数が減り、
接客レベルが落ちますし、
場合によってはお店を開けなくなる事態だって考えられますからね…。

最低限 顔の向きを変える。
それは絶対に必要です。

店員としての対策

ですが、上のようなことを書いても、平気で咳をする人が居るのは事実。
店員に咳を吹きかける人は減らないでしょう。
こういう常識のない人達に何を言っても無駄だと思いますし、
この方たちはこの方たちで、自分が正しいと思ってますから、始末に負えない、
というのが正直なところです。

では、どうするのか?
店員が自分で自分の身を守るしかありません。

と、いうことで自分の身を守る方法を書いていきますね…。

①マスクをする

お店の人間がマスクをするなんて失礼だー。
なんていう方もいらっしゃいますが、最近、本当に
「咳を平気で店員に吹きかける」人が多いのです。

もちろん、店員側もマスクをしたくてしているわけでは
無い人も多いです。
ですが、一度、接客業をやってみると皆様にもお分かり
頂けると思いますが、本当に咳を吹きかける人が多すぎます^^

なので、店員側もマスクをせざるを得ないのです。
何人もの人に咳を吹きかけられれば当然移ります。

最近、マスクをしている店員が増えた要因の一つには
平気で人に咳を吹きかける人が増えた!という一面も
あると私は思います。

②水分を補給

お客様に咳を吹きかけられてしまった場合…
うがいできない環境であることも多いですよね。
ですが、そのままの状態でスルーしておけば風邪を引いてしまう
可能性も高いです^^

なので、水分を補給しましょう。

常に喉を潤しておくことで、風邪を引きにくくなる、
と私は小さい頃医師の方から教わっており、
実践してみたところ、確かに風邪を引きにくくなりました!

医学的根拠があるかどうかは分かりませんが
試してみる価値はあるのではないでしょうか。

③うがいをする

これは王道ですね。咳を吹きかけられたら、うがいをする。
接客終わりごとにうがいをできれば完璧でしょう。
ただ、なかなか混雑しているときだとそうも行かないでしょうから、
そういう場合は②の方法を使うのもありだと思います。
混雑しているとゆっくりうがいもできませんからね…。

④換気など…

店内は閉め切った空間であることも多いですよね。
なので、咳をしているお客様が退出されたあとには、
換気をすることをおすすめします。
マスクをされているのであれば、良いのですが、そうでないお客様も
多いですからね…。
また、換気が難しいのであれば、加湿器などの導入も検討されてみると
良いかと思います。

外で何もせず咳をするのは…

風邪を引いているときに、マスクもせず、顔を背けもせず、
手で口を塞ぐこともせず、人に咳を吹きかける人が何を
考えているのか…。

恐らくは「何も考えていないのでしょう」
ちゃんとした考える力があれば、少なくとも人に咳を
吹きかけたりはしないはずです。

最低限、外に出るときはマスクをするか、もしくは人に向けて
咳をかけないように手で口を覆う、向きを変えるぐらいの配慮は
必要です。
それが出来ないで咳をしているような人は
”ばい菌”扱いされても文句は言えません。
事実、菌を撒き散らしているわけですから。。

もちろん、店員で咳を巻き散らかしている人が居れば、
その人にも同じことは言えますが。

まとめ

店員は機械じゃありません!
平気で咳を吹きかける人は一体どういう思考回路になっているのか。
とても不思議です!

また、お店じゃなくもそうです。
平気で外でゴホゴホしていたり、
人に咳を吹きかけたり、マスクも手も使わず続けている人は
一体何を考えているのか…。

まぁ、自分のことしか考えていないのでしょうけれども、
そういう方は、風邪がきちんと治るまで、外に出ないで欲しいものですね^^
子供なら仕方がないですが、大人が人に咳を吹きかけるのは…
どうかと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする