学校でいじめを受けたとき!誰に相談すれば?相談相手8パターン!

店員Kです!

もしも学校でいじめを受けてしまったら…?
おそらく、誰でも最初は自分ひとりの力でどうにか
しようとするとは思いますが、
なかなかうまくは行かないものです。

我慢すればするほど、一人でどうしかしようとすればするほど、
状況が悪化していってしまう!
…なんてこともあります。

一人の力ではどうにもできなくなってしまった場合、
やはり次に頭に浮かんでくるのは「誰かに相談すること」ですよね。

しかし、この時、相談する相手を間違えてしまうと大変な
ことになってしまいますから、
相談する相手はしっかりと見極めるようにしましょう…
(まぁ、その見極めが難しいのですが)

今回の記事では学校でもしもいじめを受けてしまった場合、
誰に相談するべきなのか、そして誰を信じて良いのか、
そのあたりについて書いていきます。

スポンサーリンク

時には相談も必要!

いじめられた時、誰にも言えず塞ぎ込んでしまう人も多いですよね。
ですが、苛めは一人で解決できる問題じゃない場合も多いですし、
場合によっては誰かに助けを求めた方が良いです!
そうでないと、辛い気持ちに押しつぶされてしまいますからね。

助けを求めるのは恥ずかしいことではありません。
恥ずかしいのは苛めているほうですから…。

いじめを相談する相手

それでは、いじめを相談するとしたら誰に相談すればいいのか?
親、先生、友人…色々あると思います。
今回の記事ではそれぞれに相談した場合のことを書いていきましょう。
慎重に考えた上で、誰に相談するか決めましょうね。

①両親に相談する!

恥ずかしいとは思いますが、これが一番ベストだとは思います。
親身になって聞いてくれると思います。
解決できる・できないは別問題として両親にいじめを打ち明けることが
できれば自分の心も相当楽になると思いますから。

ただし、両親に出来ることはある程度限られています。
学校側にいじめの事実を報告したり、いじめっ子の親に文句をつけたり。

流石に良心が学校までついてきて、常に子供を見張っていることはできませんから…

また「お前、親に言っただろ」みたいないじめっ子たちの
逆上も十分に予想されますから、その点は対策しておかなくてはいけません。

と、いうことで「いじめ」そのものの解決にはならないかもしれませんが、
それでも「親」に打ち明けることができれば、少しは心も楽に
なるでしょう。
まずはやはり親に相談してみるのが良いと思います。

②先生に相談する!

話をしっかり聞いてくれる!という点では両親よりは劣ると思いますが
それでもやっぱり先生への相談も有効的です。

また、先生に相談し、先生が相談に乗ってくれた場合、
先生は常に学校にいる存在ですから、一番効果的です。
いじめっ子たちにもなんらかの指導が入るはずです。

なので、いじめを根本的に解決したい場合は
「先生」に相談することを一番おすすめします。

両親と先生に相談することが出来れば
かなり良い方向に話が進んでいくこと思いますが…。

ただし、注意したいのは
対応は「先生による」ことですね。
いじめをよしとせずに、ただちに対応してくれる先生も居れば、
対応には消極的であまり何もしてくれない先生も居ます。
また、酷い先生だと一緒になっていじめるような先生も居るのだとか。

先生への相談は有効的ですが、
相談する「先生」を間違えないようにしましょう。

もしも担任の先生がイマイチな雰囲気である場合、
相談する相手の先生は担任の先生でなくてもOKですよ!

担任以外の先生で、頼りになりそうな先生が居ればその先生に
相談するのも一つの方法です。

③友達に相談する!

友達に相談する…これは賭けですね。
個人的にはあまりおすすめできません。
確かに、友達同士でいじめっ子たちに何か言ってくれて、
結果的にいじめが落ち着くケースもあるでしょう。

しかしながら、相談する「友達」には注意です。
あなたの友達が「いじめっ子とも友達」である可能性も0ではありません。
いじめっ子ともつながりのある友達にいじめのことを相談してしまうと
「あなたを選んでいじめっ子に何か言ってくれる」
「いじめっ子の味方につき、あなたから相談されたことをばらす」

このどちらかの行動を起こす可能性が高いでしょう。

また、友達もいじめに巻き込んでしまう可能性もありますし、
やはり苛めの相談は大人にした方が良いと思います。

④兄弟に相談する!

あなたに兄弟がいる場合は相談してみるのも良いかと
思います。ただ、兄、姉、弟、妹の場合いずれでも、
直接的に力になるのは難しいですから、
あくまでも相談相手になってもらって心の苦痛を
和らげるぐらいしか効果はありませんね。

ただ、兄や姉が、同じ学校の上の学年などに居る場合は
話は別です。
あなたを助けるために兄or姉が動いてくれれば
問題は解決するかもしれません。
(上の学年の生徒から
 「よくも俺の弟(妹)を」みたいなこと言われたら
結構震えあがると思いますよ。

⑤カウンセラーの先生に紹介する

これも結構良い方法です。
ついつい忘れてしまいがちですが、
学校に居ますよね?カウンセラーの先生。
予約制みたくなっている学校もありますが、
やはりカウンセラーの先生は、そういう相談のプロですから
親身になって相談に乗ってくれますよ。

ただ、直接的な解決になるかは不明です。
しかし、いじめを受けていると精神的にも弱ってきますから、
何もしないよりは、一度カウンセラーの先生に
相談してみるのは良い事だと思いますよ。

カウンセラーの先生への相談は、誰にもばれずに
することもできますから
(秘密にしてくれます)
そういう意味では手軽で良いかもしれません!

⑥相手の親に言う

相手の親にいじめられていることを伝えることが出来れば…
なんて考えてしまうかもしれませんが、コレは「駄目」です。
相手の親も自分の子供がいじめをしている!と聞けば最初は
子供を叱ったりしてくれる親も居るでしょう。

しかし、親っていうのは、基本的に自分の子供が一番かわいいのです。
あなたの前でどんな対応をしたとしても、
最後に親が助けようとするのは「自分の子供」です。

なので、あなたが相手の親に相談したことによって
余計にいじめが酷くなってしまう可能性も否定はできません。
これはあまり良い方法とは言えませんね。

⑦警察に言う

これも悪くはありません。特に高校生ぐらいになっていれば
有効的でしょう。
ただ「いじめられました」では警察は動きません。
あくまでも「実際にけがさせられたり」してない限り動かないでしょうし、
怪我も軽いものの場合は担当によっては笑って済まされてしまう
可能性も十分にあります。

なので、警察に言うのはあくまでも最終手段として考えておきましょう。
ただ、大怪我をさせられた場合などはただちに警察へ。
大怪我していれば警察もすぐに動くはずです。

⑧ネットで相談

今の時代、これをやる人もいますよね。
ただ、個人的にはおすすめしません。
ネットでは結構、日常茶飯事的に暴言なども飛び交っています。
ネットで相談することによって、逆にあなたに精神的ダメージ
を与えかねないので、ネットでいじめのことを相談するのは止めた方が
良いと思います

まとめ

学校でいじめられた時の相談相手として考えられる8パターンを挙げました。
やはり良いのは「両親」「先生」「カウンセラー」のどれかですね。
まぁ一番、良いのは「両親」「先生」両方に相談して、
家では両親に心のケアをしてもらい、学校では先生に助けてもらう。
それが一番ベストかと。

ただ、家庭の事情や先生との関係など、人によって違うと思いますから
そんな場合は兄弟、カウンセラーの先生、信頼できる友人など、
他の相談相手を頼ってみるのも良いとは思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする