Jアラートは必要なのか?本当の有事の際に何が起こるのか?

店員Kです!

Jアラート。
実際に何度か鳴ったりして、不気味な状態が続いていますね。
そしてこのJアラート、
鳴ることに関して色々と賛否両論もあるみたいですが…。

急に鳴り出すと本当に怖いですし、
寝ている間だと一瞬、地震なんだか何なのだか
分らない!っていうのも、怖いところです。

寝起きだと正常な判断が出来ないこともありますからね…

今回はJアラートに対する個人的な意見、
そして”有事”の際に実際、どうなるのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

Jアラートとは?

最近話題になっているJアラート。
正式名称は全国瞬時警報システムと言い、
最近話題になっている、飛翔体の発射などの際に
国から近況情報を住民に伝えるシステムです。

上記のほかに、津波や火山活動、気象関係など、
自然災害関連の際にもこのJアラートが発令される
場合もあります。

飛翔体に対してのJアラート

今回のような飛翔体が上空を通過する際にも
Jアラートは発令されます。
この記事掲載時点で、飛翔体によるJアラートは
2回ありました。

最近はこういう事例も増えて物騒な世の中になりましたね…。
実際に、直接狙われているわけではないとは言え、
上空を通過する、ということは様々なトラブルが予想されるので
穏やかなことではありませんね。。

賛否両論ある意見

Jアラートに関しては、賛否両論ありますね。
当然、危機を先に知ることができるのでありがたいという意見も
ありますし、朝早い時間が多いのでJアラートで起こされてしまって
「こんなので鳴らすな!」と言う人がいるのも事実です。

まぁ、どっちの意見も分りますし、
難しい問題だと思います。
確かに、朝早く起こされてしまうと、あまり頻繁に続くと困りますし、
かと言ってJアラートが全く鳴ることなく、もしも万が一何かがあったら…
ということも考えてしまいます。

なかなか難しい問題ですよね…

上空通過が及ぼす影響

飛翔体の上空通過が及ぼす影響は様々です。
勿論、その影響の一つが「Jアラート」

Jアラートが鳴れば、上空通過とは言え、
通過のニュースが流れるまで穏やかではないでしょう。
不安な時間帯を過ごすことになりますし、不安や恐怖など
色々な感情が湧きあがると思います。

それだけではなく、Jアラートに携わる皆様は
色々と大変でしょうし、
時間が朝早い時間だと睡眠を妨げられたりすることも
あるかと思います。

また、電車などが止まってしまうこともあり、
通勤通学にも大きな影響を及ぼしてしまいますね。

こんなこともあり、
上空を通過するだけでも色々な影響があるのが現実です。

交通機関への影響

Jアラートが鳴ると、電車等の公共交通機関が止まるなどの影響があります。
Jアラートごときで交通を止めるな!なんていう意見もあるみたいですが、
上空を通過する、ということは何が起こるかなんてわかりません。
なので、交通機関を一度止める、というのは仕方がないことだと
思います。。

勿論、仕事や予定に遅れる!ということもあって、
頻繁に止まってしまうと困りますが…
ただ、何かあってからでは遅いので、交通機関を一度止める、
という対応をせざるを得ない!というのが現実問題として
あるのだと思います。

もしもJアラートを無視して、交通機関をそのまま走らせ続けて
何かあったりでもしたら、大変ですからね…
一時的に交通機関をストップさせるのはやむを得ない判断ですし、
それに対して公共交通機関を批判するのは間違えであると思います。

睡眠の妨げに…

Jアラートは地域により、現時点で2回、鳴りましたが、
やはり突然エリアメールが来たりすると驚きますよね。。
寝起きだと何が何だか分からないと思いますし…。

ですが、それもある程度は仕方の無い事かもしれません。
”本当の有事”の際に、寝たまま… なんてイヤですよね…?
”恐らく大丈夫”なだけであって
”100パーセント大丈夫”なわけではありませんから…

どうしてもエリアメールの受信が嫌な場合は
自己責任にはなりますが、鳴らないようにしたり、
出来ない場合は、スマホと別の部屋で寝るようにするのも
1つの手段だと思います。

もしも本当の有事の際は?

もしも本当の有事の際は…
Jアラートが鳴ったらただちに頑丈な建物や地下に避難しろ、
とありますが、現実問題として数分しか時間はないでしょう。

近くにそういう建物があるのかどうか。
そもそも建物に避難したところで大丈夫なのかどうか。
それすらも分かりません。
分からないことだらけです。

もしも建物が無かった場合、頭を守るように伏せろ、というような
話が出ていますが、それで大丈夫なのかどうか。

…悲しい事ですが、たぶんダメでしょう…。
そういうことに対しての備えは全くないのが現実ですからね。。

近くに頑丈な建物、地下のある建物があれば分かりませんが
そういう建物が無い場合、本当にできることは少ないです。
伏せて祈るぐらいしかできませんね。。。

地震などの自然災害でも言えることですが
「有事に遭遇する場所」というのは非常に重要な問題です。
場所が良ければ助かるでしょうし、
タイミングと場所が悪ければ助かったかもしれないものも
助かりません。。

ただ、地震にせよ、Jアラートにせよ
「場所」を自分で選ぶことはできませんから、
難しいところですね。。

実際に有事が起きたら混乱する

実際に有事が起きたら大パニックが起きるでしょう。
目標の落下場所が内陸だと分かった瞬間に、
この世の地獄のような、恐ろしい光景に変わると思います。

人々はパニックを起こして逃げ惑い、
収集がつかなくなります。
焦った人々は転倒し、躓き、空き巣などの被害も起きるでしょう。

車は大渋滞を起こし、
クラクションの音が鳴り響き、そこら中で衝突事故が起きる。。。

地下のある建物、頑丈な建物は罵声が響き渡り、
後から入ってくる人を追い出し、みんな、我先にと、助かろうと
するでしょう。。

予想以上に、
想像している以上に大混乱が起き、
交通網はマヒし、人々は悲鳴をあげながら逃げ惑い、
本当に映画のような、信じられない光景が広がると思います。
そういうことに慣れていないのでなおさら。

ですから、絶対にそういう有事を起こしてはいけないと
私は思います。

対策はあるんじゃないの?

迎撃システムだとか色々言われていますが、
果たして本当に迎撃できるのか?
いまいち疑問です。

実際の有事の際に、迎撃システムの準備が間に合うのか。
混乱した中でちゃんと使えるのか。
私は…ザンネンながら無理だと思うのです。
信じたい気持ちはあっても、現実は厳しいと…。

私なりに有事の時どうなってしまうのか真剣に考えてみた
小説なんかも作りましたが、
こうならないことを本当に祈るばかりです。

迎撃はあくまでも机上の空論(試験などはしてると思いますが)であり、
実際の有事の際に使われたことは、無いでしょう。。
と、なるといざというときに本当に成功するのかどうか、という点には
素人目では疑問が残ります

「迎撃システムがあるから大丈夫」は楽観的すぎると思います。

と、考えるとやはりJアラートは必要なものだと思います。
助かる可能性を0.1パーセントでもあげるためには。

確かに上空通過のたびになったり、睡眠を妨げられるのは
嫌だとは思いますが…
それでも、Jアラートは必要であると私は思います。

まとめ

やはり、一番の対策は「有事を起こさないこと」でしょうね。
人によって意見は分かれるとは思いますが、
有事を起こさずに解決できれば、それが一番良いのではないでしょうか。

もちろん、それが出来ないから今までズルズルと引きずってきたんだ!
という意見も分かりますけれど、
今の世の中では、有事が起きれば大混乱が起きますし、
収拾がつかなくなるのは目に見えています…。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする