バイト先で告白された場合の断り方とその後の対応方法!

店員Kです!

バイト先で、バイト中に告白された…
そんな経験がある方も居ると思います。

また、そういう経験が無くても、今後そういう機会が
あるかもしれません。

ですが、そういうつもりでバイトに行っていない人に
とってはただ困ってしまうだけだと思います。

断れば気まずいかもしれない…。
そんな気持ちも分かります。

今回の記事ではもしもバイト中に告白されてしまった場合、
どのようにして断るべきか、そしてその後、どのように
対応していけばよいかを書いていきます!

スポンサーリンク

バイト先で告白された…

こういうことはそこまで頻繁に、ではないですがあります。
実際に私が店長をやっていた時代に、アルバイトスタッフさんが
何人か告白されたりしています。

告白してくる可能性のある相手は色々いますよね。
店長・社員・先輩バイト・後輩バイト・お客さん
そのあたりでしょうか。

相手によって、その後どのように対応すれば良いか変わってきますから
順番に説明していきましょう!

店長に告白された場合

本当は店長がアルバイトさんに告白なんてするべきじゃないのですが…(汗)
店長と言う立場上、本来は良くないことなので…

ですが、店長に告白された場合は一番厄介です。

まず、断る場合ですが「有耶無耶にする」だとか「ハッキリしない態度」は
絶対にダメです。
店長の告白を断ると雰囲気が悪くなるかもしれない、と心配して
あいまいな返事をする人も居ますが、それはダメです。

店長からすれば振られない=まんざらでもない と受け取られる恐れが。

そのため、店長からの告白を断る場合は
ハッキリと「No」を伝えてください。

それで落ち着く店長も居れば、
諦めずに暴走する店長も居ます。
中には、権力を利用して嫌がらせを始める店長も。

その場合は、早めにそのアルバイトを辞めてしまった方が良いです。
変に大事に発展する可能性も否定できません。
また、辞めるまでの間も「閉店後に店長と2人になる」などは
なるべく避けるようにしてください。
要らぬトラブルを招く可能性があります。

店長が「すんなり諦めたように見える」場合もできれば店長と
2人になるのは避けた方が良いですね。

もしもどうしてもそのバイト先に残りたい場合は、
必ず解決するとは限りませんが、店長の上司に当たる人物が
居るのであれば、その方に相談してみてください。

「告白されて振ったら、嫌がらせをされている」ということを。

”まっとうな”会社であればちゃんと対応してくれます。

店長以外の社員に告白された場合

社員がどこに居る人かにもよりますが、
まず、店長の時と同じように「はっきりとお断りしてください」。

もしもその社員が本部の社員など、普段お店に居ない人物なのであれば
それで恐らくは大丈夫でしょう。

お店に居る社員の場合、態度が変わったり、仕事に支障をきたすような
場合は、店長に相談することをおすすめします。

また、付きまといのような行動を感じるようになったら
辞めることも視野に入れた方が良いです。

バイトの先輩に告白された場合

これはそこそこ可能性の高いケースです。
断り方としては、やはりこれも「ハッキリ」と伝えることです。
曖昧な態度は先輩の勘違いを招きます。

そのあとは普通に接していれば良いですが
「やっぱり行けるかな?」と思わせないために、
期待させるような発言や行動はしない方が良いです!

また、振ったのにも関わらず、
しつこい場合は、これも店長に相談するしかありません。
店長が”普通”であれば、何らかの対応をしてくれるでしょう。

店長が頼りないのであれば、他の先輩バイト
(告白してきた先輩よりも古株のバイトが望ましいです)に
相談するのも一つの方法です。

とにかくしつこい場合は、店長か、他の先輩バイトに相談して
みるのが良いと思いますよ!

バイトの後輩・同期に告白された場合

このケースの場合は、比較的断りやすいはずです。
これも、丁重にはっきりとお断りしましょう。
変に期待を持たせるような発言はしないことです。

後輩からの告白であれば、あなたの周りには、元々ある程度
親しいバイト仲間などが居ると思います。
そんな場合は、しつこければ、他のバイト仲間に相談したり、
店長に相談したりすることをおすすめします。

また、後輩バイトが「居ずらい」環境になってしまわないように、
告白されたことを周囲に言いふらしたりだとか、そういう雰囲気には
してしまわないように配慮してあげましょう。

お客さんから告白された場合

お客さんから店員への告白もあり得る話です。
連絡先を渡されたり、直接告白されたり、
内容は色々だと思います。

お客様の好意を断ってしまって良いのか…と
心配になるかもしれませんが、
「断りたい場合は断ってください」

この場合も変に期待させるような「間」をとってはいけません。
必ず保留にしたりせず、その場で断ってください。

また「連絡先」を渡されて、連絡して下さい!みたいな
パターンも、相手がお客様の場合はありえると思います。

この場合は、
「そういったものは受け取れない決まりになっておりますので…」
のような感じでそもそも受け取らないか、

何だか分からないまま受け取ってしまった場合は、
フリーメールアドレスなどを使って、そのお客様に
お断りのメールを送るか、そのまま放置で良いと思います。

このとき、注意したいのは
「自分のLINE・メールアドレス」で断りの文章を送らないこと、です。

自分のLINEやメールアドレスを相手に
教えてしまうことになります!
ですから、もしも「断り」の返事を送りたい、という場合は
フリーメールアドレスを取得して(簡単にPCなどでフリーメールは作れます)
そこから断りのメッセージを送りましょう。

やり取りが終わったら、そのメールアドレスは消してしまってOKです。

断ったあともしつこいようであれば店長に相談、
場合によっては警察などに相談する必要も出てきます。

大抵のお客様は経験上、ちゃんと断るか、相手にしなければ
それ以上のことはしてこないと思います。

取引先・業者などに告白された場合

お店にやってくる業者の人間に告白されるケースも
稀ではありますが、あるみたいです。
業者はそこまで頻繁にやってくるわけじゃありませんから、
ハッキリと丁寧にお断りして、あとは放置でOKだと思います。
向こうも「仕事の立場上」、それ以上のことはしてこないでしょう。

その人が取引先のお店の店員に告白して振られてつきまとっている、
なんて情報が流れたらその人は終わりです。

ですから、告白までが限界でしょう。
断った場合でも恐らく何も変なことはしてこないはずです。

仮に万が一、問題行動を起こすようであれば
店長に相談、それでも止まない場合は、取引先や業者の相手の会社が
分かるのであればそこに連絡して(店長を通してがベスト)
そういう問題行為をやめるよう、相手方に言ってもらう、もしくは
自分で伝えてください。

流石にそこまでされればあなたに付きまとう行為は
なくなると思います。

まとめ

考えられるパターンはこんなところでしょうか。
色々ありますが、どのパターンにも共通して言えることは
「はっきりと断り、有耶無耶にしない」
「相手がしつこい場合は店長(相手が店長の場合は上司)に相談」
「トラブルになりそうであれば警察への相談も考える」
「その相手と2人にならないようにする」

これがポイントですね。

場合によっては大事に発展してしまうこともあるのが
告白の怖いところです。
バイト先で勝手に告白されてトラブルに巻き込まれるなんて
良い迷惑ですよね。。

なので、しっかりと断る・身を守る術を身に着けておきましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする