バイト先の休まない&休みのない店長を休ませるためには?

アルバイト

店員Kです!

皆様のバイト先の店長はちゃんと休んでいますか?
それとも休まずにずっと働いていますか?

休まずにずっと働いている店長も居るかと思います。
私のバイト時代の店長の一人がやはり休まずに
ずっと働いているタイプの人間でした。


しかし、アルバイトスタッフさんの中には
「店長を休ませてあげたい」と思う人も居るかもしれませんし、
「店長がいつも居て邪魔!休め!」と思う人も居ると思います。

そんな皆様のために、今回の記事では
休まない&休めない店長をバイトスタッフさんたちの行動で
「休ませる」ための方法を書いていきます。

まず、どうして店長が休まないのか知る

まず、店長を休ませたい!と言う場合は
「どうして店長が休まないのか」を知る必要があります。
これを知らない限り、店長を休ませることはできません。

店長が休まない理由は2パターンに分かれます。

・単純に休みたくても休めない

もう一つが、

・休めるけど、休まない。

この2通りですね。
前者の場合は人員不足、もしくは作業量などが多すぎて
店長がお店に来ざるを得ない状況が作り出されていて、
休みたくても休めない場合。
会社から圧力がかかっている可能性もあります。

後者の場合は、店長は休もうと思えば休めるのに
休まない場合。
こちらの場合は、店長が自らの意思で職場に
やってきている可能性が高いですね。

と、いうことでそれぞれのパターンごとに
対策を書いていきましょう。

「休みたくても休めない店長」の場合

休みたくても休めない店長。
これは人員不足だったり、作業量の問題だったり、
本社からの圧力がかかっていたり。

原因は様々です。
こちらのパターンの場合は
「本当は休みたい!」という店長も多いですから、
原因を取り除いてあげることで休ませることは可能です。
順番に見ていきましょう。

①人手不足の場合

恐らく本部などから人件費抑制を指示されており
それ以上、人を雇えない状況になっているものと
思われます。
ですが、本部というのは、人を増やさずに、シフトを
増やすのであれば案外何も言わないこともあります。

あなたがシフト表などを確認して、
人員不足のところに出てあげるようにすれば、
店長は休めるようになる可能性もあります。

話が出来る店長であれば、
店長の休みがないことを心配している、ということを
伝えた上で、「〇〇日に入れば、お休みできるのでしたら出ましょうか?」
と聞いてみるのも良いかもしれません。

店長が本当に休みたければ「じゃあお願い」と、
店長の休日が生まれるかもしれません。

ただ、人件費そのものを増やすことが固く禁じられている場合は
申し出ても断られる可能性は十分にあります。
その場合は店長を休ませるのは難しいでしょうね…。

②作業量の問題の場合

これは、店長の担当している仕事をあなたや他の
アルバイトスタッフさんが協力、もしくは代わることで、
仕事を減らし、改善させることも可能だと思います。
実際にとある店長は、アルバイトスタッフさんに
安心して仕事を任せられるようになった途端に
ちゃんと休むようになりました。

自分が休日の時も、何かあれば責任をとらされるのは店長です。
その不安から、なかなか自分が休みをとらない!なんてことも
あるので、不安を取り除いてあげることが店長の休日獲得
第一歩との声もあります。

③会社都合により休めない!

これはどうにもならないですね…
もしも会社の人間が来ないようなバイト先であれば
こっそり休ませてあげることも可能だとは思いますが…
(どのみち、休日サービス出勤の日があると思うので
その時にこっそり休ませましょう)

ですが、電話がかかってきたり、頻繁に
本部社員が偵察に来るようなバイト先の場合は
こっそり店長を休ませるのは危険です!

最終手段は労働基準監督署に話を出すことですが、
そうするとバイト先が営業停止などになったり、
店長が飛ばされる可能異性はありますから、
あまり使いたくない方法だと思います。

「休めるけど、休めない店長」の場合

もちろん、会社からの圧力もありはすると思いますが
こちらの場合は、店長が自らの意思で出勤している
可能性も高く、なかなか厄介です。

「来たいから来ている」そういうことですね。

ですが、毎日店長に来られると
鬱陶しい!って思う人も居ますよね…。

こんなパターンの店長を休ませるにはどうするか…。

①信用させる…

休めるけど、休まない店長の休まない要因の一つに
「今一つ、自分以外の人が信用できない」
そういう理由で来ている人も居ます。

もしも責任者や店長がそういうパターンなら、
貴方が信頼されるように頑張りましょう。
貴方を信頼した店長の心の中では安心感が生まれ、
結果的に「任せたよ」という感じで、店長が休む可能性は
十分にあります。

まず、信用を勝ち取る。
そのあとに、「休まないんですか?」と心配するような
言葉をお伝えすれば、休む可能性もあります

②本部・本社に相談する

店長の連日出勤が目に余る場合は、本部に連絡してみるのも
一つの手段です。
メールでも電話でもどちらでも良いでしょう。

会社側が休まないことを良しとしていない会社であれば
店長に何らかの警告が入ると思います。
(私はこの方法で実際に休んでもらったこともあります)

ちなみに、もしも相談するのであれば
念のため、匿名でのメールが一番良いかと思います。

本部から店長に指導が入るかどうかは5分5分ですが、
もしも指導が入った場合は、店長も観念して休み始めるかもしれません。

ただ、もしもあなたが報告したことを店長に気づかれたり、
もしくは店長が”想定以上”に重いペナルティを会社から
課せられたりする可能性も0ではありませんから、
その点は予め覚悟しておいてください。

③言葉で休みへと誘導する

次に言葉巧みに休むように誘導するパターン。
例えば、店長が遊びたくなるような、趣味系の話をしたり、
もしくは知り合いに過労で倒れた人が居る、みたいな
話をさりげなくしてみたり…
そうすることで、店長が自ら休みを取得する可能性は
高まると思います。

実際に私は過労で倒れた人を知っているので、
その話をしたところ、店長は真剣に考えていました。
やっぱり自分の命に係わる話をされると、人は怯えますからね…。

店長を休ませようとすると…?

店長を休ませるのであれば、安心・信頼できるスタッフに
なることですね。作業量についても減らしてあげる必要があります。

ただ、上で紹介したどちらのパターンの場合でも、
店長を休ませよう!ということにばかり気をとられていると
「店長に嫌われる」可能性もあります。
あくまでも強引になりすぎないようには注意した方が良いですね。

特に「自らの意思」で来ているパターン店長の場合は
休ませるのもなかなか安易なことではありません。

やさしさからかー
厳しさからかー。

店長を休ませたいと思っている理由は何でも良いですが、
あまり無茶をしすぎて、
自分の職場での立場を悪くしないように気を引き締めましょう!

店長によっては
「何だコイツ、出しゃばりやがって」みたいな店長も本当に
居ますから、休ませようとして、逆に怒りに触れないように注意です!

まとめ

店長を休ませるための方法は↑のような感じです。
アルバイトスタッフさんの立場からでは↑の対策が限界かのように
思われます。

アルバイトスタッフさんに出来ることはかぎられています。
本部社員のように店長に「こうしろ!」と言う事はできません。

なので、気休めのようなことしかできませんが
実際に休ませることに成功している方法も多いので、
もしも店長を休ませてあげたい!や、
店長が毎日居ると邪魔だから休んで欲しい!という方は
試してみてはどうでしょうか。

ただし、店長から反感を買わないようには気を付けてください!

コメント