自営業を目指すなら必要な覚悟&適性判断5項目

店員Kです!

このサイトをご覧になられている方の中には
”いずれ自営業をしてみたい”と思っている方も
いらっしゃるかと思います。

しかし、安易な思いで始めれば必ず破滅を迎えるのが
”自営業”なのです。

暇そうに見えるかもしれませんー
自由で気楽そうに見えるかもしれませんー

けれどもそれは、
貴方が自営業をやったことがないから、
”隣の芝生は青い”状態なだけです。

何も知らないまま踏み込めば
必ず後悔します。ー必ず。

そして1回 足を踏み入れてしまったからには、
もう引き返すこともできない、そういう世界です。

スポンサーリンク

自営業を知る

自営業というものは非常に厳しい世界です。

何が厳しいのかー。

今日は、それを順に見ていきましょう。

自営業を目指すのであれば、
その厳しさを知り、すべて受け入れた上で、先に進む必要があります。

全部一人でやらなくてはならない

自営業を始めてみれば必ず気づくはずです。
会社はいかに色々やっていたか。。

まず、税金などを自分で納めなくてはなりません。
それも、支払う金額の計算など、誰も行ってくれません。
自分で計算し”確定申告”というものをしなくてはならないのです。

そして、支払う税金も給料天引き などという
ありがたいシステムはありません。

自分で払いに行くんです。

しかも、、自分で払いに行くから
「また支払かよ…税金高すぎ!」という負の感情にも
支配されます

支払っても支払っても届くのは請求書、
一度味わってみればわかります。
ある意味、キレそうになりますよ(笑

もちろん、
仕入れから、接客、宣伝活動、店の方針、
各種支払など、全部自分でやらなくてはいけません。

そう、全部です全部。

誰も助けてくれない!

当たり前です。
自営業になったら
”自由”を手にすると同時に他のモノをすべて失うのです。

自由の代償に、ネームバリュー、仲間、後ろ盾、資金。
そういったものを全て失う、、つまり、
「全てを捨てることで自由を手に入れられる」
と、考えてください。

失うものは大きいです。

で、全てを失ったあなたがもし自営業で失敗すると
しましょう。
サラリーマンであれば、失敗しても会社が補てんしてくれるでしょう。

そして、最悪の場合でも職を失う、、までで留まるはずです。

しかし自営業は違います
失敗すれば、全部失います。

職だけじゃないー。
店も-
金もー
仲間もー
財産もー。

自分には友達がいっぱいいるって?

・・・一度自営業をやってみればわかりますよ。

お金の無い人間からは人は離れていく、これが現実です。

店が無くなり、破滅でもしたら
誰も助けてくれない、以前の問題です。

貴方をごみ置き場のごみを見るような目で
世間は見てくる… こういう現実が待っています。

全てを捨てて、後ろ盾もない。
そういう世界が”自営業”です。

成功者はごく一部

なら失敗しなけりゃいいんだろ?
そう思いますよね?

でもよ~く考えてみてください。

成功率は6%だとか、何だとか言われています。

大半の自営業は数年持たずに廃業、
その後には辛い辛い道のりが待っているんですよ?

成功者の本を読んだから?
成功者の体験談を読んだから?

そんなモン、何の役にも立たんわ!

おっと、ゴメンナサイ。
でも、役に立ちません。

”成功した人”の本を読めば成功する、
そんな世界であれば
この世は自営業だらけ

よく考えましょう。
成功した○○さんの本を読みノウハウを培ったとしても、
貴方はその人ではない ということです。

本に書かれている成功事例は
”その人が””その場所で””その時に”やったからこそ
成功したのです

他人の猿真似などしても、絶対に失敗します。

そしてもう一つ。
成功者が本に全てを記して自分のライバルを増やす、
とでも思っているのですか?

成功した人は馬鹿ではありません

自分の”奥の手”までは晒しません
ある意味で”どうでも良い情報”までを教えてくれるのです。

それに縋った人々からお金を手に入れる。
つまり、本を買う人は搾取されている、ということですね。

…?
じゃあこのブログも正直に書かないんじゃないかって?

大丈夫ですよ。
私は成功していませんから(笑)

このブログでは”成功する方法”は書いていません。
そんなモノは人それぞれ、環境によっても異なって
しまいますからね・・・

あくまで”成功する可能性をあげる”ためだと
考えてくださいね。

ここまでのまとめ

・自営業は全て自分でやらなくてはならない
・”自営業”を選んだ時点で多くのモノを失い、失敗すれば全てを失う
・”成功した人”のノウハウ本は何の役にも立たない。ただの参考書。

自営業の適正!

では次に自営業に向いている人、向いていない人を
見ていきましょう。

自営業は上でも散々書いた通り、とても厳しい世界です。
”不適合”な方は自営業という道をあきらめることを
おすすめします。本当です。

世間では「独立を考えている~」と言えば
「すごいですね」「応援します」
「○○さんなら成功しますよ!」
そう、もてはやされます。

しかしこれぞ社交辞令です
貴方も使いますよね?社交辞令。それと同じです。

知り合いにプレゼントを渡されて、要らないモノだったとしても
「嬉しいです、ありがとうございます」のような
ことを言いますよね?それと同じです。

だからここではあえて言います。
適性の無い人間は独立を諦めるべき!

厳しいようですが、その方が身のためです。

適正①心の強さ

精神面 これは非常に大切です。
独立すればクレーム対処から何まですべて自分でやることになります。
また、日々上下する売上に一喜一憂、
売上がある日はテンションも上がりますし、
売上の低い日はまさに鬱状態。そんな感じです。

なので精神面の強さ、これは非常に大切です。

自分の心が脆い、という方は
止めておいた方が良いです。

本当に鬱になっちゃいますよ!

適正②健康面

これも非常に大切ですね。
よく風邪をひく、寝込む、体調を崩す、
持病があっていつ倒れるか分からないーーー

で、あれば残念ですが現世での独立は諦めましょう。
独立は来世で・・・。

会社であれば「調子が悪くなったから休んだ」も通用したでしょう。

しかし自営業でそれをやれば
収入が”0”になります

病気で倒れたなんてもってのほかです。

ですから、
体調面に不安がある人は
”独立を辞める”か”鍛える”しかありません。

適正③行動

職場でのタイプはどちらでしたか?
「自分から行動できる」タイプ
「指示を待ち、指示を受けたことしかやらない」タイプ。

後者であるなら、独立はやめておきましょう

何故なら、自営業を始めれば
誰も指示など出してくれないからです。

全て自分から行動しなくてはなりません。

なので、行動できない人には向いていないんですよ。。

適正④動機

独立の動機。これは人それぞれでしょう。

しかしながら、これから述べる理由で独立
しようとしている人は絶対にやめた方が良いです。
地獄を見ます。
(地獄が見たいなら止めませんが・・・)

・楽したい
・休みが欲しい
・仕事時間を短縮したい
・なんとなく

こういう理由の方には向いていません。

楽はできません
休みも思うように取れません
仕事時間は減りません
なんとなく地獄に堕ちる必要はありません。

自営業を始めれば
頭の中が自分の事業のことでいっぱいに
なります。

それが休みの日でもーー。
夢にも出てきます。。

だから、決して楽になどならないのです。。

適正⑤意見

貴方は人の意見に耳を傾けられるタイプですか?
それともかたむけられないタイプですか?

傾けられないタイプの場合、
自営はおすすめできません。

何で?一人でやるんだからいいじゃん!

そう思うかもしれません。

周囲は時として貴方にブレーキをかけてくれる存在です。

貴方が周囲の声を聞かないタイプであれば
”暴走”し、すぐに事業は失敗してしまうでしょう。

会社で孤立していたようなタイプ、
厄介者と疎んじられていたタイプ。

そういう方は自営業でも成功しません。

ここまでのまとめ!

と、いうことで自営業に向いている人、向いていない人を
並べました。
1~5、どれも非常に重要です。
特に1,2は必須条件
1,2どちらかに引っかかる人は独立はやめておきましょう

3~5も2つ以上当てはまってしまう方は
おすすめできません。

自営業者の覚悟と失うモノ

ここまで読んで下さった皆様は
”自営業”がいかに苦しいモノか理解して下さったものと思います。

それでもなお挑戦したい、と言うのであれば
自営業という地獄の道に挑んでみても良いのかもしれません。

、、最後にもう一つ、
自営業になるのであればしておくべき”覚悟”と
自営業になれば失うモノ、それを見ていきましょう。

必要な覚悟!

・時間と休み、お金を失う。
・孤独になる
・失敗した時、自分はすべてを失う
・安定するまで長い時間がかかる

これらを覚悟しましょう。

そして人、金、時。
この3つを独立することで失います。

いったん、失ってから取り戻しに行く。

そんな感じだと考えてください。

だからこそ、取り戻せずにそのまま
全てを失ってしまう人も居るのです・・・

もう一つ覚えておくべきこと!

独立するなら、もう一つ覚えておくこと。
それは”計算通り行かない”ってことです。

独立するとなったら、大体どのぐらい費用がかかって、
どのぐらい売れるかどうか、
計算してみる方も多いと思います。

しかし、計算が終わったならば、
もう一度よく考えてみてください。

実際には
そんなに売れません、そんなに人も入ってきません。
そして支払は想定より多いです。

それで貴方のやろうとしている事業は耐えられますか?

世の中は思った以上に
新規開店の”個人店”や”個人事業”などに
興味がありません。

「世界はあなたに興味がない」 のです。

1日あたり5万は売れるだろう、って
準備前に試算したのであれば
実際に売れるのは2万ちょっとです。

つまり、思い通りは行かない、
必ず予想より悪い方を行く、
それが自営業だということです。

最後にまとめ!

どうでしたでしょうか。
自営業はとても苦しい、ということを
分かって頂けましたでしょうか?

自営業はクレジットカードを作ることすらままならないのです
”社会的信用”も無に等しいということです。

独立してみて私はわかりました
「本当に地獄」だと。

だからこそ、少し厳しめではありますが、
ありのままの真実をここのブログで語っていければ、と思います

自営業は地獄」本当にそうです。
だから、安易な気持ちでは独立しないでください!
絶対に!!

さて、、
次回以降は自営業向けのアドバイスや色々な事例、
雇われ店長・アルバイト関連の話題などに
ついて順次書いていきます。

それでは本日はこの辺で。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする