バイトの店長が意地悪・ちょっかいを出してくる心理と対処法

店員Kです!

バイト先で、店長が
自分にだけ「ちょっかい」を出して来たり、意地悪だったり・・・
そんな経験はありませんか?

今回は、アルバイト先の店長が
特定のアルバイトスタッフさんにだけ意地悪をしたり
ちょっかいを出したりする心理について
アルバイト・店長、両方の立場を知る店員Kが書いていきます!

合わせて対処方法についても書いていきますね!

スポンサーリンク

店長のちょっかい・意地悪

アルバイト先の店長に、バイトスタッフさんに対して
何かとちょっかいを出したり、
何かと意地悪したり…
そういう人も居ますよね。

これ、悪気がある場合と無い場合、もしくは好意的な意味では
ある場合…色々なパターンがあります。

今回は意地悪・ちょっかいを出してくる店長の
心理を分析していきます!
対処法も書いておきますから、悩んでいる場合は
参考にしてみてくださいね!

全員にちょっかい・意地悪をしている場合

まず「自分にだけ」ではなく、バイトスタッフ全員によくちょっかいを
出したり、意地悪をしている店長の場合…。

これはその店長の性格でしょうね…。

元々ちょっぴり意地悪だったり、人にちょっかいを出すのが
好きな店長と言う事です。

良く言えばお茶目(?)、
悪く言えば子供のまま(笑)

まぁ、これを良く受け取るか、悪く受け取るかは人それぞれです。

この場合の対処法。
これはどうにもなりません…。
店長をやっているような人間ですから、若くても20代ではあるはずです。

人の性格は20を超えるとなかなか直せません。
どうしても店長の態度が気になるようであれば言ってみても
良いかもしれませんが、
直る可能性は低いと思います。

なので、こういうパターンの店長にあたってしまって、
貴方がそれに耐えられない!というのであれば
ザンネンながらその職場をやめるか、店長が異動になるのを
待つしかありません。

自分にだけちょっかい・意地悪をしてくる場合

この場合は、上とは違い、店長の性格、ということでは無いですね。
あなたに対して
”何らかの感情”を抱いていて、
結果的に意地悪だったり、ちょっかいを出して来たりするわけです。

ただ、この”あなたに対する感情”にも色々あります。
好意的な意味だったり、悪い方の意味だったり…
または対して意味がないことだったり…。

考えられるパターンを順番に説明していきます。

①嫌われている

単に嫌われている可能性。
特に「意地悪」の部分だけが多い場合はこの可能性が高いですね。

基本的に、嫌いな人間には、やはり店長も人間ですから
多少あたりが強くなることはあるかと思います。

なので「意地悪」の部分が目立つ場合は嫌われている可能性が高いです。

ただ「意地悪だけどよくちょっかいも出してくる」パターンや、
意地悪だけどよく雑談したりするパターン、
からかうような感じで、意地悪なパターン、
そういう場合は「嫌われている」わけではなく、
逆に好意的な印象を持たれている可能性も高いです(下で書きます)

嫌いな人間に
わざわざちょっかいを出したり、雑談を必要以上にしたりはしません。

嫌いな場合は「ただただ意地悪」なだけです。
他の人なら怒られないことでも怒られた!とか
自分にだけ何も教えてくれない、愛想が悪い、、
そんな感じですね。

そういう場合は「嫌われている」可能性が高いです。

この場合の対処は、
まず、最近、自分が何かミスをしていないか、考えてみましょう。

もしもしていたりする場合は、それが原因で
怒っているだけの可能性もあります。
今一度、謝ったりすることで解決する可能性も。

特に思い当たらない場合は、
「人間的に」最初から嫌われている可能性が高いですね。
この場合は、どうにもなりません。

長い時間をかけて、仕事上で信頼を得ていくしかないと思います。。
辛いでしょうけれど…

②からかいやすい…

単にあなたがからかいやすいパターン。
店長にとって、あなたがちょっかいを出しやすいパターンだと
ちょっかいを出してみたり、少し意地悪したくなる場合もあるのです。

あなたのキャラクターがたまたま店長にとって
ツボだった、というだけですね…。

「自分はそんな、面白がられるようなキャラじゃない」と
思うかも知れませんが、
感じ方は人それぞれです。

貴方が大人しい人間だとしても、その店長にとっては
面白いのかもしれません。

私も店長時代、他の人に比べるとちょっかいを出しやすい
タイプのアルバイトスタッフさんが居ました。
雑談の中で時々からかったりもしていましたが、
そこに他意はありません。

その方のことを嫌っているわけではありませんし、
逆にその方に好意を抱いていたりするわけでもありません。

単に、息抜き的な意味合いですかね…。

これは、あなたがどう感じるかによりますが、
もしもちょっかいを出されたりするのが、嫌な場合は
店長に直接「イヤ」であることを伝えましょう。

この際の伝え方は「笑って冗談半分」ではなく、
なるべく真剣に、神妙な面持ちで伝えてください。

そうすれば、店長にも「あなたが嫌がっている」ことは
伝わるかと思います。

一度伝えれば恐らくは大半の店長は、あまりちょっかいを
出しすぎないように気を付けるようになってくれると
思います。

③好意を抱かれている

これは店長が異性の場合にありがちなパターン
(まぁ、同性でも0とは言えないですけど…)

貴方に好意を抱いているがゆえに
何かとちょっかいを出してきたり意地悪なパターン。

まぁ、要するに学校で
好きな子にいじわるをする、みたいなヤツですね…。

これはどう対処するか。
やはり↑のパターンと同じように
「イヤ」であることをはっきり店長に伝えることですかね。

イヤであることを真剣に、冗談半分では無い様子で伝えれば
基本的に店長は分かってくれると思います。

ただ、こっちのパターンで注意したいのは
”好意が憎しみ”に変わらないように気を付ける、ということ。

なるべく、早く、店長の感情がエスカレートする前に、
嫌なのであればはっきりと「イヤ」と伝えること、

あとは相手の意地悪やちょっかいを楽しそうにしないこと、
これが重要です。

ちょっかいを出されて「嘘」でも、楽しそうにしていると、
店長は勘違いをする可能性があります

”この子はちょっかいを出されて楽しがっている”と。

そうするとちょっかいやからかいが
エスカレートする可能性も大いにありますし、
いざ、店長を拒絶した場合に、逆上して一気に
居難い環境にされてしまう可能性もあります。。

なので店長を”変”に期待させずに
早めに手を打つことが大切です。

原因はまとめ

あなただけがバイト先の店長にちょっかいを出されたり、
意地悪をされているのあれば原因は以上の3つである可能性が
非常に高いです
(中には変な人もいるかもですが…)

・嫌われている
・ただ単にからかいやすい
・好意を抱かれている

一番簡単に解決できるのは「ただ単にからかいやすい」
というパターンです。

他のパターンの場合はちょっと厄介です。
特に嫌われている場合は、どうにもならないことも
多いですから…。

ただ、嫌われているパターン以外の場合は、店長に早めに
「イヤ」であることを伝えることは大切だと思います。

嫌われているパターンの場合は、イヤと伝えることによって
さらに、扱いが悪くなる可能性もありますから、
気を付けましょう

最後に…

店長から自分だけちょっかいを出されたり、意地悪されたり
する場合は何らかの理由があります。

それが心地よければそのままでも良いと思いますが
心地悪い!という場合は早めにそれを伝えましょう。

言われれば、案外店長も「あ、そうか…ごめん」と
なると思いますから!

ただ、上でも書きましたが
笑いながら冗談半分で言われても店長は気づきません…
鈍いので…(汗


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする