お店への過酷なノルマ5つ!ノルマでお店は無くなっていく!

店員Kです!

今回は私が雇われ店長をしていたお店の
”裏側”について語って行きましょう!

私は雇われ店長として約2年半、店長をしていました。
その間に、色々な裏の部分を目の当たりにしてきました。

その一つが過酷なノルマ。

もちろん、コンビニの恵方巻きだとか、
郵便局の年賀状だとか、それに比べたらかわいいものかもしれませんが、
私が店長をやっていたグループにもノルマがあったのです!

私のお店はゲームやカードなど、子供向けの商品なども
多く取り扱っていたお店でした。

・・・が、要求してくるのです。上は。。
色々なノルマを!

恐ろしい恐ろしい!!

今回は、そんなお店をむしばんでいくノルマについて
お話します

スポンサーリンク

「目標」と言う名の脅し

毎月、色々な「目標」が設定されていました。
が、それは「目標は必ず達成するという約束だ」という
上層部の方針のもと、厳しく管理されていましたし、
達成できないものに対しては、容赦ない罵倒や、
閉店をちらつかせるなどの脅し、休日の剥奪など、
色々な恐怖が待っていました。

もはや、「目標」という名の脅し。
そんな感じです。

それゆえ、各店舗の店長たちは、自分の身とお店を
守る為、たとえ、それでお店が不便になってしまったとしても、
色々な施策を作ったり、策を講じたりしていました。

ただ、これは私が勤めていた会社だけでなく、
どこのお店でも小売業であれば、恐らく少なからずこういうことは
あると思います。
完全にホワイトな小売業なんて、現実には存在しない!
・・・と、個人的には思うので。

ノルマ①オークション販売ノルマ

毎月、オークションでの販売ノルマが決められていました。
それとも相当な額。
何百万単位です。

これを達成するためにはどうするか?
高額な商品などの買取があったら、次々とオークションに
出品していかなくてはなりません。

オークションの売上は毎日公開されます。
達成率と共に。一番達成率の低い店舗は会議で
ぼこぼこに叩かれるので、各店店長ともそうならないために
次々と商品を出品していきました。

結果、店頭には貴重なモノや、人気のゲーム機本体などが
並ばなくなります。

何故なら、オークションの売上数字を上げないといけないから。
・・・結局、お店は殺風景になっていくというわけです。

赤字にしてまでも・・・

あまりにもノルマが厳しいので、店舗の中には
人気の新品ゲーム機本体を赤字orスルー価格(利益なし)で
販売して、数字だけを上げる!という行為を行うお店まで
現れました。

お客様側にとってはラッキーですが、お店にとっては
紙面上の数字、を上げる意味しかなく、恐ろしい出品です。

ノルマ②延長保証の獲得数

ゲーム機本体には長期保証というサービスがありました。
家電とかを買う時にもおすすめされるやつですね。

これの獲得数にも、やはりノルマがありました。
これは獲得数だけでなく、獲得率も評価に入っていました。

つまり、
10台売って、10件獲得
100台売って、50件獲得

↑の場合、怒られるのは下の方ってことです。

そのため、お店側は必死になって保証を勧めます。
私の働いていた会社のお店以外でも、必死に保証をおすすめ
してくるお店はおそらく、本部から、獲得しろ!獲得しろ!と
しつこく言われています。

勿論、最初から入りたくない人も居るでしょうけれど、
私の勤務先の上層部はそんなモノお構いなしでした。

店長が自腹していることも・・・

しかしながら、どうしても保証になど入りたくない人も
世の中には居ます。
すると加入は断られますよね?
断るのは自由ですから、店舗側は何も言えません。

しかし、店長の中にはこのオプション代だけ自腹で
お金を支払って、保証を獲得したことにする人まで・・・

オプションは数千円だったので、その数千円を
自腹で払い、長期保証の獲得率を維持する、、
そんな涙ぐましい努力を店長は強いられていました
(・・・私は自腹はしてませんが)

ノルマ③ウイルスセキュリティソフト

ゲーム屋だったのですが、何故かウイルスセキュリティソフトの
販売を指示されました。
親会社がパソコンショップだったことも影響しているのだとは
思いますが・・・。

ですが、皆様
「ゲーム屋にウイルスセキュリティソフトを買いに行こう」
なんて思いませんよね?

結果的に全然売れなかったのですが、
各店、ノルマに届かないと当然叱責されるわけです。
そこで・・・

自腹で購入の恐怖!

私がアルバイト時代、店長の机を見てみると、そこには
ウイルスセキュリティソフトの山が。
そうです。店長が自ら自腹で使いもしないウイルスセキュリティソフトを
大量に購入して、机にしまっていたのです。。

こうして店長が自腹を切ることにより、なんとかノルマが
達成されてゆく。。
そういう世界ですね^^

ノルマ④売上&買取ノルマ

まぁ、お店なので当然、売上と買取金額にもノルマがありました。
これを達成できないと、当然怒られます(汗

なので、各店とも必死にノルマ達成を目指すわけです。

ただ、この売上と買取のノルマ「利益」は関係していないので
今度は利益を無視した売上確保に走るわけです。

例えば、本当は相場が3000円ぐらいなゲームソフトを
実績を作りたいがために、4000円で買取したとしましょう。

そして、4500円で売れました、、と。

すると(税とかいろいろありますが、今は考えずに)利益は
500円。

しかしながらノルマの計算上は
売上金額+4500 買取金額+4000 となるわけです。

なので各店とも、無理をしてでも買取する、という
性質が次第に身についていきました。

すると、どうなるか・・・。

利益を確保できず、お店は次第に圧迫されていきます。

結果、お店は閉店に追いやられてしまう・・・
そういう恐怖の流れがノルマによって出来上がってしまうのです・・・。

ノルマ⑤ネット関連のノルマ

お店のLINE登録数、ツイッターフォロワー数、、
こういうものにまで、ノルマはしっかりと存在していました!
ノルマ恐るべし(笑)

なので、各店の店長はノルマを達成するべく
LINE登録しませんか~などとお客さんにおすすめを始めるわけです。

結果的にレジで
色々な宣伝をするようになり、結局買い物が不便になっていきます。

もちろんこれも達成率が悪いと叱責されます。

ノルマが首を絞める!

このように、ゲーム店でも裏側では様々なノルマが課せられています。
私の会社の場合は毎日のようにチェックが入り、
達成度が悪いとすぐに叱責されてしまうため、どの店長も必死でした。

勿論、ある程度のノルマは必要なのかもしれませんが、
私の旧勤務先の場合、自分で自分の首を絞めてるようにしか
感じませんでした

オークションノルマがあることにより、本当は店頭の方が高く売れるものも
オークションに回ってしまい、貴重品や人気作などがお店に並ばなくなる。

そして、保証獲得のノルマなどがあるために、本体購入時の説明が長くなる+
店長が自腹で購入した場合、店長のモチベーション定価につながり、

数値だけを追求し、利益をある程度無視した営業に走る
店長が現れて結果的に店は利益を出すことができずに壊滅・・・

そんな風になってしまいますね・・・。

また、達成率が低い部分(ウイルスセキュリティとか)は、
「達成率が低いのは展開が足りないからだ!」と
売り場の拡大を求められるので、結果的にウイルスセキュリティ売り場(誰も見ない)
が拡大されていき、売れるコーナーが圧縮されていくという悪循環にも陥ります

こういう指示が来る

こんな指示が来ます。要約してますがこんな感じです

・本体保証
こんなにお得なんだから、みんな必ず入る。
獲得率100%を目指せ!

・ウイルスセキュリティ
探している人は必ずいる。その良さをしっかり説明してお客さんを
口説き落とす!

・オークション
やる気を出せば、もっと売上が上がるはずだ!
(現場は少人数でオーバーヒート状態。
おそらくブック○フもそう・・・)

こんな感じの指示がもっと強い口調で来ます。

そういう意気込みで!という意味なのかも知れませんが
各店店長は、とにかく数字を伸ばす方向に走るので
結果、マイナスになります・・・

まとめ

お店に与えられるノルマ。多くの場合は逆効果だと私は考えています。
コンビニの恵方巻きノルマもそうですね。。結局は下の立場の
人間が損をすることになるのです。。

「最近 お店が不便だな~」と感じたら、
そのお店は本部からのノルマでそうせざるを得ない状況に
追い込まれているのかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする