ネットで本を買うデメリット!よく理解して購入しましょう!

この記事は約5分で読めます。

最近では、書店に足を運ばず
ネットで本を購入する人もいると思います。

電子書籍ではなく、
普通の紙で発売されている本も、
今や書店ではなく、ネットで購入することの方が
多い時代になりましたよね。

私自身も最近は、読みたい本は
ネットで購入することが多いです。

しかしながら、ネットで本を購入する際には
注意点をしっかりと理解しておく必要があります。
本好きであれば、なおのこと、です。

ネットで購入するのであれば、
これから紹介するような点に関しては
”覚悟”をしておかなくてはいけません。

スポンサーリンク

ネットで本を買うなら覚悟すべきこと!

ネットで本を購入するのであれば
覚悟しなくてはいけないこと、
理解しておかなくてはいけないことがあります。

それはちょっと…というのであれば
やはり書店に足を運んだ方が
一番確実なのは事実でしょう。

細かい部分の場合は対応して貰えない可能性も
充分にありますし、当然、サービス以上のことを
要求することはできません。
また、初期不良の対応などに関しても、
してもらえたとしても、時間が
かかってしまうのは事実ですよね。

どのような”デメリット”があるのか。
それを、しっかりと理解しておきましょう。

発売日に届かない可能性

まず、これは本に限った話ではありませんが、
発売日に届かない可能性がある、ということは
注意しなくてはいけません。

自分で書店に足を運ぶのとは違い、
ある意味では「相手任せ」になりますから
通常配送の場合や地域によっては
発売日に届かない可能性もあります。

もしも発売日に欲しい場合は、
必ず発売日に到着するのかどうか
確認しましょう。

例えばアマゾンなどであれば「お急ぎ便」を
利用するなどの対応をしなければいけない場合もあります。

また、発売日到着の場合でも
「夜」の可能性もありますので、一刻も早く!という場合は
注意しなくてはいけません。

加えて、台風などの悪天候時には配送が
遅れる場合もありますから
その点は覚悟しておかなくてはいけません。
(体験談として、アマゾンお急ぎ便でも、
台風と被って配送が遅れたことがあります)

本が傷む可能性

ネットでの注文は、
本が若干傷んだ状態で
届いてしまう可能性もあります。

「傷む」と言ってもごくわずかで、
本を読むには支障はない部分の場合が
ほとんどですが
細かな傷みであっても気になる人は
気になるかと思います。

そういった方は、ネットではなく
書店で確認して購入した方が良いでしょう。

細かな傷みだと、
恐らく対応もしてもらえないと思いますからね。

経験談として
私も、帯が折れている、右上部分がわずかに
曲がっている、裏表紙に傷、などの状態で
届いたことはありますね
私は読めれば良いタイプなので
そのまま受け取りましたが、
気になる人には本当に気になる部分に
なるでしょうから、
上記のような部分が気になる方は
注意した方が良いかと思います。

業者にもよりますが、
プチプチつき封筒で直に
本が入っていて、そのままポストイン!
なんてことも多いので、
若干傷む可能性は十分にあるのです。

そして、その程度(人によっては重大なことだとは
思いますが)では返品交換できないケースも多く
できたとしても時間がかかってしまいます。

細かい部分が気になってしまう!
という場合は、書店で直接購入した方が
安心ですし、確実かと思います。

付録の有無を確認する

ネットで購入した本には「付録」が
ついていないようなケースも考えられます。
付録がついているのかどうかが
分かりにくい、というのも
ネットで購入する際のデメリットのひとつには
なりますね。

しっかりと確認しておき、
付録ありなのか、なしなのかを
よく見極めてから購入することです。

また、中古の本を購入する場合は、
”付録はついていない”ことを前提に
考えるべきです。
中古商品の場合「付録はありません」と
書かれていることもありますが、
そうでなくても付録がついていないのが
当たり前、と言わんばかりに
付録がついていないケースも多いので、
その点は注意しましょう。

細かい確認や指定はできないことも!

ネットで本を購入する場合、
細かい確認・指定ができない可能性もあります。
例えば、同じ本でも表紙が複数種類あるものは
指定できずランダムだったりすることもありますし、
中古の本で、第何版のものが欲しいだとか、
細かい指定はできませんし、確認できないことが
ほとんどであると思います。

そういった細かな部分や
融通に関しては利かないことも
多いですし、ネットの販売する側も
そこまで対応していては、
人員的にも時間的にも足りないでしょう。

マニアックな部分までは対応できない
可能性は十分にありますから、
その点はネット購入の際のひとつの
ポイントとして覚えておきましょう。
(対応はお店により異なりますが
 基本、細かい指定は難しいかと思います)

まとめ

ネット上で本を購入する際には
便利ではありますが、
上記のような点は頭に入れておいたほうが
良いかと思います。

”本がちゃんと届くかな”だとか
”傷んでいたら許せん”だとか、
そういった、細かな部分まで気になってしまう場合は、
書店で購入した方が、自分の精神的にも
お店側としても良い事だと思います。

逆に、そういった細かな部分は
大丈夫!という場合は
便利なことには違いありませんから
積極的に利用していくと良いですね。

自分が上のようなポイントを
理解し、受け入れることができるのか、
それとも「これだとちょっと…」なのか、
よく考えてみて、
お店で買うか、ネットで買うか、
最終的には自分で判断するのが良いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました