仕事が間に合わない!繰り返す場合の改善点を解説します!

仕事
スポンサーリンク

仕事がどうしても間に合わない…
そんなこともあるかと思います。

仕事の納期だったり
そういったことを守ることは
社会人としてとても大切なことであり、
間に合わない、ということを繰り返していると
自分の信用にもかかわってくる問題になります。

ですが、”仕事が間に合わない”という状況を
もしも何度も繰り返している場合、何らかの原因が
そこにはあります。
その原因を自分自身で突き止めてしっかりと
対処をしていくことは、
とても大切なことになります。

”間に合わない”を繰り返す場合に
改善するべき点をまとめました。

仕事が終わらない!を繰り返す場合のポイント

仕事が終わらない!という状態を繰り返す場合、
何らかの部分を変えない限り、
何度でも同じことを繰り返すでしょう。

そして、社会において仕事が間に合わない、ということを
繰り返す、ということは大きな信用問題にも
関わってくるお話であり、
これは改善しなければなりません。

とは言え、”どうして間に合わないのか”これは
人によって大きく異なってきます。
仕事を間に合わせるためのポイントを
それぞれ解説していきたいと思います。
自分にはどこが足りないのか。
これをしっかりと把握して、仕事が間に合わない、という
状況をなるべく減らしていくようにしましょう。

なるべく早めに行動する

まず、時間に余裕を持って行動することが大切です。
納期のある仕事は納期のギリギリにではなく、
ある程度余裕を持ってスタートして、
納期よりも手前に、ある程度の余裕を持って
終わらせてしまう…。
それが、大事なポイントの一つです。

小さい頃の夏休みの宿題などと同じようなモノで
ギリギリにやる、ということは良い事ではありません。
特に社会人の場合は信用にも関わってきますから
期限のある仕事は、早め早めに取りかかるように
しておくと良いかと思います。

もしも、仕事が間に合わない原因が
「いつもギリギリに終わらせようとしている」ことなのであれば
そうなってしまわないように、早め早めに
対応できるようにしておくことをおすすめします。

自分の作業で悪い部分があるなら

自分の仕事に問題がある場合は
それを改善しなくてはなりません。
例えば、仕事の最中にサボっていたりだとか、
仕事の最中に居眠りしていたりだとか、
そういったことをしていれば、当然のことながら
自仕事が間に合わない!という状況になってしまうのは
当たり前のことです。

自分の仕事への取り組み方に悪い部分がないかどうかを
しっかりと確認し、
仕事中に遊んでしまっていたり、
他のことをやってしまっていたり、そういうことが
あるのであれば、まずはそこを改善することです。

自分が仕事をちゃんとやらなければ
当然のことながら仕事は終わりません。
勝手に進んで行き、勝手に終わってくれるものでは
ありませんから、その点は、理解をしておくようにしましょう。

一人で抱え込まない

職場の環境にもよりますが
周囲の人に助けを求めることができるのであれば、
周囲の人と協力しながら仕事を進めていくのも
1つの方法です。

どんな職場か、自分がどんなポジションかにもよりますが、
しっかりと周囲と協力して、仕事を進めていくことで
仕事にかかる時間を短縮することができるのは事実です。

もしも、自分ひとりで仕事を抱え込んでしまっているような場合は
周囲の力を借りることも考えていくと良いかと思います。
会社や自分の立ち位置によっては、それが難しい部分も
あるかとは思いますが、
力を借りれる状態にあるなら周囲と協力しあって、
仕事を進めていく、ということはとても大切なことになります。

仕事を抱え込みすぎている

これも、問題です。
自分がどんなに仕事ができるとしても、
あくまでも一人の人間でしかありません。

そのため、出来る仕事の量は限られているのです。

自分自身の仕事のできる量を
自分自身でしっかりと把握し、
それ以上の仕事は引き受けないように
することも大切なポイントの一つです。

自分が今やっている仕事から見て、
これ以上はどう考えても不可能なのに
新しい仕事を請け負ってしまったり、と
計画性なく仕事を引き受ければ
パンクして、仕事が終わらなくなってしまうのも
当然のことです。

会社から押し付けられている場合は例外として
自分自身で、自分の容量以上の仕事を引き受けてしまっている
場合に関しては、自分自身で仕事の引き受け方を見直すように
注意をしなくてはいけません。

会社から無理な量を強要されているケース

会社や上司などから、無理な仕事量を要求されているケース。
この場合は、自分自身は何も悪くありません、
会社側に原因があるかたちになります。

しかしながら、そのまま何の行動も起こさなければ
今後も、会社側は一人ではこなすことのできない
仕事を平然とした顔で突きつけてくるでしょう。

そうなってしまわないためにも大切なことは
「無理なモノは無理」だと伝えることです。

社会には、会社から絶対に一人ではこなせないような
仕事を押し付けられた際に
「無理だ」と会社側に伝えるのではなく
我慢してそれを引き受けてしまったり
明らかにおかしな量の仕事を押し付けられて
最終的に自分の身体を壊すまで働いてしまうような
人がいるのも事実です。

そんな風になってしまわないためにも、
しっかりと会社にNoを突きつけることが
大切になります。
仕事が間に合わない原因を会社が作っていたり、
間に合わないことを前提に会社が仕事を
押し付けているような場合は、
こちら側から何らかのアクションを
起こさなくては、その状況が
改善されることはありません。

会社側が意図的にそうしている場合もありますし、
会社側は”この仕事量が実現不能な仕事量”だと
気付いていない可能性も0ではありません。
会社にしっかりとNoを突きつけることは
大切なポイントの一つになります

無理のない範囲での残業を考える

仕事の理想は定時で帰ることです。
しかしながら、それができないような場合が
あるのも事実です。
どうしても仕事が間に合わない場合に関しては
”無理のない範囲”で残業を考えることも
1つの方法ではあります。

普通の残業をすること自体は、悪いことではありません。

ただし、残業をする上で注意したいことは
・サービス残業は絶対にしない
・残業ありきにはならないようにする
・家に持ち込んで仕事をしない(給料が出る場合は例外)
ですね。

これらのポイントには注意は
しておいた方が良いかと思います。

もしも間に合わない場合は?

もしも仕事が納期までに間に合わない場合は
それを隠さず、間に合わないと判断した時点で
関係者に連絡するようにしましょう。

”間に合うかも”なんて気持ちで
ギリギリまで粘られてギリギリになって
やっぱり間に合いません、では
会社側も困ってしまいます。

そうなってしまわないためにも
もしも間に合わない場合に関しては
早め早めの連絡が大切になってくるのです。

間に合わないことを素直に伝えて、謝り、
いつまでに終わるのか、
どうすれば良いのか、などなど
必要なことに関して、しっかりと話し合いを
しておくようにしましょう。

体調が悪いのも原因の一つ

仕事が終わらない!ということの
原因のひとつとして考えられるのが
「体調不良」ですね。

体調が悪い状態が続いていれば
仕事が手につかなくなることもあるでしょうし、
仕事が終わらない原因の一つになってしまうかと思います。

例えば欠勤すればそれだけ仕事がたまりますし、
早退も同じことです。

自分のできる範囲で体調を整えるようにする、
ということも大事なことです。

まとめ

仕事が間に合わない…
社会で長い間働いていれば
そういったことも少なからず
出てくるとは思います。

ですが、出来る限りそういったことを
減らすことは大切なことですし、
もしも間に合わない、ということを
繰り返しているのであれば
何らかの原因はあるはずですから
自分でその原因をしっかりと突き止めて
対応していくことが大切になります。

何回も間に合わない、を繰り返して
信用を失ってしまったりしないようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました