仕事前にお腹が痛くなったら?腹痛対策8つで快適な朝を!

店員Kです!

会社に行く前になると、どうしても腹痛を起こしてしまう…。
そんな人もいるかと思います。

腹痛は本当に辛いものですし、
場合によっては仕事にも支障をきたしてしまうと思います。

が、会社に行く前になると腹痛を起こしてしまう。
そうなってしまうと、仕事とは別の部分で
悩むことになってしまいますし、
とてもつらい思いをすることになってしまいます。

では、仕事に行く前の腹痛は、どのように対応
していけば良いのか。
それを、見ていきましょう。

会社前の腹痛対策!

会社に行く前に腹痛が起きてしまったらどうすれば良いのか。
そして、腹痛そのものを起こさないようにするには
どうしたら良いのか。
それをそれぞれ順番に書いていきたいと思います。

なかなか難しいことではありますが
一つ一つの対処法を心がけることで、
症状を抑えたり、腹痛が起きてしまう可能性を
下げることは可能です。

ポイントをそれぞれ理解しておき、
腹痛に負けない朝を迎えられるようにしましょう!

気にすぎないようにする

まず、仕事前の腹痛などは、”気にしすぎると”
余計に悪化したり、
腹痛を起こしやすくなってしまいます。
精神的な部分も、結構大きな影響を与えます。

そのため「明日もお腹の調子を壊すんじゃないか」だとか
「今日は大丈夫だろうか」とか、そのようなことを考えることは
お腹にも悪い影響を与えます。

実際に私も気にし過ぎていた時期がありましたが
その時期の方がお腹を壊しやすい傾向にありました。
そうなってしまわないためにも、
まずは「気にしないようにする」
これは、大事な基本のポイントです。

もちろん、気にしないようにして全てが解決するわけでは
ありませんから、下記に対処法も書いていきます。

起床時間を早める

もしも、朝、お腹が痛くなってしまうことが多いのであれば
対処法の一つは「起きる時間を早めること」です。
睡眠時間が短くなってしまわないように、就寝時間などで
工夫が必要ですが、
朝、時間に余裕があれば、それだけトイレなどを利用できる
時間や回数も増えるわけですから、
出勤前にお腹の調子を整えることができるように
なるかと思います。

この方法は実際に試したこともありますが、
時間に余裕を持っておなかの調子を整えることができるので、
日常的に朝、お腹の体調を壊して、会社に出発するまでに
お腹の調子を整えることができない!
とう人にはおすすめの方法であると思います。

腹痛薬などを利用する

お腹の調子が悪い事が多く、
どうにもならない、という場合は腹痛薬などを
利用するのも一つの方法です。
正露丸などの、お腹の働きを止めるタイプの薬もありますし、
お腹の調子を整えるタイプの整腸剤もあります。
用途に応じて、利用してみるのも良いかもしれません。

ただ、薬を飲まないとお腹の調子を壊してしまうかも…
みたいな状態になってしまうのは、あまり良くないですから
その点に関しては注意するようにしましょう。

体調が悪い場合、無理して我慢する必要は全くありませんが、
体調が悪くないのにも関わらず、薬を飲むようになってしまうと
かえってマイナスになってしまう場合もありますから
注意しましょう。

また、その他に服用している薬がある場合などは
医師に相談して利用するようにして下さい
(飲みあわせの問題などがあるので、注意です)

生活習慣を見直す

場合によっては、生活習慣の見直しも必要です。
例えば、睡眠時間が極端に短い!という場合は
お腹をこわして当然です。
睡眠が短ければ短いほど、お腹に限らず、色々な部分の
体調を壊しやすくなってしまうものです。

ですので、その部分に関しては注意するようにしましょう。
また、それ以外にも、暴飲暴食を寝る前にしている、だとか
お腹をこわすようなことをしていれば、
お腹を壊しやすくなるのは当たり前のことです。
そうなってしまわないためにも、
不規則な生活や睡眠不足などに心当たりがある場合は
それらを直すことが先決になるかと思います。

我慢しすぎない

腹痛を起こした際に我慢をするようなことも
マイナス要因の一つです。
あまり無理に我慢しすぎないようにすることも
ぽいんとの一つでしょう。

仕事中はどうしても腹痛を起こすわけには
いかない、という職業もあると思いますが、
お手洗いに行ける職業であれば
遠慮せずに腹痛の際にはお手洗いに行くべきですし
「いつでも行ける」という気持ちの余裕は
お腹の安定にも繋がるかと思います。

会社に原因がある場合

会社そのものに原因がある可能性もあります。
例えば、会社の何かで悩んでいたり、
会社でパワハラを受けていたり、
そういうことがある場合、
「会社に行こうとすると腹痛を起こしてしまう」というのは
ある意味では当然のことです。

人間なんて、結構ヤワなものですからね。

そう言う場合は、会社側にある原因を
取り除かなくてはいけません。

会社があまりにも酷い会社で、それが原因で
悩んでしまっている場合に関しては、会社を退職してしまうことも
視野に入れておくと良いかと思います。

実際に、会社の環境が酷すぎる(ブラック企業など)場合は、
腹痛云々ではなくて、そのまま我慢して働き続けることで
うつ病になってしまったり、倒れてしまったりしてしまう可能性も
充分にあります。
そのため、そういった点に関してはしっかりと注意を
しておいた方が良いでしょう。

医師に相談してみる

場合によっては医師に相談してみるのも一つの方法です。
もしかすると病的な何かが隠れている可能性もあります。
単純に、仕事前だから、だとか生活習慣の問題、だとか
そういうことではない場合、それを放置しておくと
大変なことになってしまう可能性も否定はできません。

そのため、あまりにもお腹の調子を崩すと言うことが
続くようであれば、一度医師に診てもらった方が安心です。
何事も無ければないで一種の安心感にもなりますし、
何かあるのであれば、それを治療することで、
仕事前の腹痛などに悩まされる必要も無くなります。

また、整腸剤などの処方も場合によってはあるかと思いますので
本当に苦しい場合は、あまり我慢をし過ぎたりせずに、
病院で一度診察を受けた方が確実であるかとは思います。

仕事中に体調を崩さないように工夫する

仕事前だけではなく、仕事中に、お腹の調子を
くずしてしまう、という場合は対策が必要です。
比較的簡単に対策できるとすれば
「お腹の薬を持っておく」ことと、
「お腹の調子が怪しいときはあまり食べないようにする」と
いうことでしょうか。

いざと言う時にはら薬などを持っておくことができれば
安心ですし、
やはり、そもそもお腹を崩している原因はどうあれ、
食べると多少、お腹に影響はありますから
「なんか食べたらやばそうだなぁ」と言う場合は、
飲食を無理しない程度に控えて
お腹の調子が崩れないようにすることも、大切なポイントの
1つであると思います。

やはりどうしても、食べたり飲んだりすると、
お腹に刺激を与えますからね…
(我慢のしすぎには注意ですが)

まとめ

仕事前にお腹の調子を崩してしまう…
これは、辛い事だと思いますし、そういう日々が続くと、
仕事本来の部分以外でも悩んだりすることになってしまいます。

そんな場合、これまでに紹介してきたようなことを
試しながら対処していくことが、
一番良いのではないかと思います。

あまり無理をし過ぎたり、考えてばかりいると
逆に悪化する場合も多いですがから、
なるべくリラックスするようにすることも
大切ですし、あまりにもその症状が続く場合は
原因そのものを突き止めることも、大切なポイントの一つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする