家電が壊れた!そんな時にするべき誰でもできる確認方法!

家電は、ある日突然壊れてしまうこともあります。

冷蔵庫でもエアコンでも、
電子レンジでも、
急に動かなくなってしまうことも
あるものです。

ただし、そこですぐに
「あ、壊れた」と諦めてしまう前に
”試してみた方が良い事”もあります。

”誰にでもできる、すぐに試すことの出来る方法”
をご紹介していきます。

壊れたと決めつける前に…

家電製品が動かなくなった場合や、正常な動作を
しなくなってしまった場合でも
必ずしも「壊れている」とは限りません。
もしかしたら、まだ壊れていない可能性もあります。

実際に正常に動かなくなった家電が
息を吹き返したことも
私は何回か経験しています。

専門的な知識がなくても
分解だとかそういったことができなくても
試すことのできるポイントはありますから
壊れたと決めつける前に
一度下記のようなことは
試してみると良いかと思います。

元々、壊れているのですから
もし勘違いや、直ればラッキー!ぐらいの
気持ちで構えているのがちょうど良いかと…

では、どのようなことを試せば良いのか。
”専門知識が無くても試せること”を
まとめました。

家電が壊れた!と思ったら一度下記のような
ことを試してみましょう!
知識がなくても、できることばかりです。

電源を切って再度起動してみる

何らかのエラーで家電が
動かなくなってしまっている
可能性も高いですから、
まずは「電源を切って再度起動する」と
言うことを試してみましょう。

案外、これで復旧することも多く、
私も、エアコンがこれで直ったことが
あります。

ちなみに、この場合、
電源を切断するだけではなく
大本のコンセントまで抜いて、
一度完全に電源を落とした状態に
することがポイントです。

その後、数分程度待った後に
再びコンセントを繋いで電源をつけてみる…

これで正常に動くようになる場合が
本当にあるのです。

電源を切る⇒コンセントを抜く⇒数分待機⇒
コンセントをつける

これだけの流れです。
とても簡単なことだと思いますし
すぐに試すことができますから
試してみることをおすすめします。

エアコン、冷蔵庫など、普段なかなかコンセントを
抜かないような家電の場合は
コンセントを抜くのが大変かもしれませんが
本当に復旧することはあるので、
試してみると良いかと思います。

なお、乾電池式や充電式のものに関しては
一度充電を完全に0にしてから
再度充電して、試してみるようにしましょう

初歩的なミスがないか確認

初歩的なミスをしていないか
確認することも大事です。
ケーブルが実はついていない…だとか(汗)

家電が壊れたのではなく、
何かうっかりしてしまっているだけの
可能性もありますからそこのところは
ちゃんと確認するようにしておいた方が
良いでしょう。

付属品を交換してみる

機器にもよりますが、例えば、急に動かなくなった場合
家電本体ではなくケーブルが壊れているだとか
そういった可能性も考えられます。

例えば、ブルーレイレコーダーだとか
そういったものの場合、急に映像が
写らなくなったなどの場合、本体ではなく
テレビと接続しているケーブルが壊れた可能性もあります。
もしも交換できるものが自宅にあるのであれば
機械が壊れたと決めつけてしまう前に
試してみた方が良いかと思います

説明書を読んでみる

家電製品にはそれぞれ取扱い説明書が
あると思います。
取扱い説明書には
「故障かな?と思ったら」みたいなページが
必ず用意されていますよね。

そういったページを確認してみることも
大事なポイントの一つになります。

もしかしたら「あ!」と気付くようなことも
あるかもしれませんから、
あまり過度な期待はできませんが
駄目もとで、そういった説明書の部分を
読んでみて試してみるのも良いと思います。

刺激を与える

これは、逆に家電をさらに
故障させる可能性もありますので
自己責任になりますが、
「叩いたりすると直る」ことも
なくはないです。

実際に私が前にいたバイト先で
アンプが壊れた際に、
当時の店長が何度もたたいたら
直りました(笑)

非常に昔ながらのやり方で
原始的ではありますが
直ることも実際にあるので、
”家電が壊れちゃっても構わない”という場合は
駄目もとでやってみると良いかもしれません。

怪我など、そういったことには注意する
必要がありますが、もしもそれで動けば
ラッキーですからね。

ただ、忘れてはいけないのは
「叩いて直る」ような家電は
またすぐに壊れる可能性もあります。
ちょっとの衝撃で回復したということは
裏を返せばちょっとの衝撃で壊れる可能性も
充分にある、ということですからね。

諦めも重要

上記のようなことを試してもだめなら
やはり、故障してしまったと考えるのが
一番でしょう。

家電は、案外突然壊れてしまうものです。

壊れてしまった場合に関しては
諦めて買い替えるなり、
修理を依頼するなりして
対処するようにしましょう。

まとめ

家電製品は急に壊れてしまうものですが、
上のようなことを試すと
案外、回復してくれる可能性も0では
ありません。

もちろん、基本的には
壊れてしまったものは
壊れてしまった、ということに
なってしまう場合が
多いですが
駄目もとで試してみて
もしも普通に動くようになれば
ラッキーですから、
試してみる価値は
充分にあるかとは思います。

上記で解説したようなことであれば
分解だとか、そういった専門的な知識が
無くても十分に試すことは
できますからね。
やってみて、それでもダメだ!
ということであれば買い替えか修理、
ということにすれば良いかと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする