こんな親の姿は見たくない!子供が見たくない親の行動とは?

子供からしてみたら見たくない親の姿…

これは、案外たくさんあるものです。
そういった姿を子供の前で見せないように
することもまた、親にとってだいじな務めになります。

親には親の都合がある、というのは分かりますが
それでも、嫌な光景を見せつけられて育った子供は、
どこかで歪んでしまうかもしれません。

そうなってしまわないためにも、
子供の前で見せるべきではない親の姿を
ご紹介していきたいと思います。

子育てをされている場合は、
要注意です。

見せるべきではない親の姿

では、どのような姿を
親として子供に見せるべきではないのでしょうか。

これからご紹介するような事柄を
子供が見ていれば嫌な思いをする
子供も多いかと思いますし、
場合によっては、子供が間違った方向に
成長してしまう一つのきっかけとなってしまう
可能性も十分にあります。

そのため、親として
”どのような姿を見せてはいけないのか”ということを
しっかりと覚えておき、
子供への影響も考えた行動を心がけることをおすすめします。

ひとつひとつのポイントを見ていきましょう。

夫婦喧嘩

母親と父親の喧嘩など、子供からしたら見たくないものです。
子供が怖い思いをしてしまう、というのはもちろんそうですが、
母親と父親の板挟みになってしまい、どうしたら良いか
子供が途方に暮れてしまう…というのもまた事実です。

子供にとって夫婦喧嘩は本当に恐ろしいものですし
そこに怒鳴り声や暴力が絡んで来れば尚更です。
子供のトラウマになってしまう可能性もありますし、
子供の将来の性格にまで影響する可能性のある重大な
事柄になりますから、
出来うる限り、子供の前で夫婦喧嘩を見せないようにする、
ということはとても大切なことになります。

そもそも、避けられるのであれば
夫婦喧嘩などはせず、話し合いで解決できるのが一番ですが
どうしてもの場合は、子供が見ていない場所でやり、
子供が見ていない場所で解決させるべきです。

ちなみに”子供が寝ているとき”はNGです
子供は敏感です。
寝ていると思っていても、夫婦喧嘩を実は
こっそり聞いているかもしれません。
聞きながら恐怖を感じているかもしれません。
子供とは、そういうものです。

絶対に、子供の居る場所では夫婦喧嘩をしないこと。
これは、親としての一つの責任であるかと思います

恋愛沙汰

恋愛沙汰…
子供がいるということは、離婚などをしていない限り
既に相手がいると思いますから
基本的には大丈夫であるとは思いますが、
恋愛要素を子供の前で見せつけたりするのは
あまり、良くありません。

例えば、離婚して片親になっている場合でも
新しい相手を見つけて、それに夢中になっているような姿を
見かければ子供はあまり良い気持ちはしないでしょう。
深い部分まで見てしまったら尚更嫌な気持ちを
するかと思います。

親の恋愛要素は
子供からしてみればあまり見たくはないものです。
人間ですから、もしも相手と別れている以上、
誰を好きになろうと自由でゃあります。
しかしながら、それを子供に見せてしまったりだとか
そういうことはないようにしましょう。

再婚などを考えている場合、
子供の年齢がある程度行っている
(再婚だとかそういうことが理解できる年齢)なのであれば
しっかりと子どもと話し合うようにして
自分本位で再婚などを進めていかないようにすることが大事です。
最悪の場合、子供がグレる可能性があります。

他、浮気は完全に論外です。
子供を大きく傷つけることになりますから、
これは絶対にしないようにして下さい。
子供だけではなく、当然パートナーも傷つけます。

夫婦同士のそういった部分に関しても、
子供の前では見せないようにする、
ということは一つのポイントですね

犯罪行為

これは、当たり前のことです。
親が犯罪者として逮捕されているところなんて
見たくありませんし、
例え見つかってなかったとしても
親がまっとうでないことをしている姿は
子供として見たくないものです。

これは、子供がいる、いないに関わらず
やってはいけないことですが、
子供を育てる立場になった以上、
より厳重に注意して、自分の行動に
悪い部分はないかどうか、という点に
関してはしっりと考えるように
した方が良いかと思います。

迷惑行為

親が、他人に迷惑をかけている姿も
子供からすれば見たくない行為の一つですね。

私自身、お店の店長をやっていた際に、
明らかに言っていることのおかしい
モンスタークレーマー(子連れ)がいました。
その子供の方が申し訳ないと思ったのか
親に「もういいから帰ろう」と言いだしたり
お店に謝りだしたりだとかしていて
本当に親子が逆転しているかのような感じでした。

本人にとってはとてもつらい時間だったでしょう。

”親が他の人に迷惑をかけている場面”なんて
子供からしてみればみたくない場面の
典型的な場面の一つです。

自分自身もいつまでも子供のままでいてはいけません。
親になった以上は、自覚を持って
日々の行動をしていく必要があります

怒られている姿

親が他の誰かに叱られている姿、というのも
あまり見たくないものでしょう。
特に小さな子供にとっては、
親こそが絶対の存在…というか、そんな感じなので、
その親が他の誰かに怒られている、というのを
見ることはとてもつらいことであると思います。

もちろん、怒られるのをどうにもできない
タイミングはあるかと思いますが
防ぐことができるような場面では
出来る限り防ぐようにしていきましょう。

子供を大事にしない姿

大事にしない、というのは過度な反応ではなく
子供に虐待を加えたりだとか
そういった部分です。

「子供なんて必要なかった」だとか
そういった言葉を口にしたり、
子供に直接暴力を振るったり。

そういうことをされれば、子供からしてみれば
本当に辛いことですし、
子供は行き場を無くしてしまいます。

場合によっては精神的に大きなダメージを
与えてしまって、子供の成長にも
関わってくる問題ですから、
絶対にそういった虐待行為を
しないように心がけて下さい。

自分を邪魔者にしている親の姿など
子供からすれば見たくないですし、
親から邪魔だと言われば
子供は行き場を無くします。

弱って行く親の姿

これまでにご紹介した部分は全部、
個人個人が気をつければ避けることのできることに
なりますが、これに関してはどうにもなりません。
が、それでも子供は「弱って行く親の姿」は見たくないものです。
もちろん、親の側からしても、弱って行く自分は見せたくないでしょう。

人間、老化を避けることはできません。
いつの日にか必ず、老化していきますし、
必ず最後を迎える時はやってきます。

なので、これだけは避けたくても、
いずれは子供にこういう姿を見せることにはなってしまいます。

が、それでも
出来る限りその時を遅らせることはできます。
健康的な生活を心がけ、病気などに気を付けることで、
1年か、数か月か、それは分かりませんが、
少しでも長い間、元気な姿を子供に見せ続けることは可能です。

仲たがいでもしていない限り、
親にはなるべく元気でいてもらいたいと考える子も
多いでしょうから、
自分自身でも、なるべく注意する必要があるのです

まとめ

子供が見たくない親の姿をまとめました。
最後のもの以外は、自分自身で気を付けていれば
注意できるポイントですし、
子供に見せることなく済むことのはずです。

しっかりと対応しながら、
子供に親の嫌な部分を見せないように、
出来る限りの努力はしていくことが
大切になるかと思います。

そして、なるべく長い間、
健康でいてあげることもまた、大切なことの一つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする