派遣社員で結婚するのは厳しいのか?冷たい現実は!

派遣社員で結婚するのは難しいのかどうか。

現実を言ってしまえば
「難しい」でしょう。

もちろん、生活環境は人それぞれですし、
世の中には色々な人がいますから、
派遣社員であっても、結婚できる人は当然居ますし、
逆にどんなに収入が髙くても、結婚したい、するつもりはないに
関わらず結婚でいない人、というものは存在しています。

が、派遣社員で働く人の結婚が
難しいのは事実です。

結婚を特に考えないのであれば別に問題はないのですが
結婚を考えている人にとっては、
厳しい現実があります。

どうして難しいのか?

派遣社員だとどうして結婚するのが難しくなってしまうのか。
それは、一言では言い表せません。
色々な条件が重なってしまい、派遣社員だと
結婚するのが難しくなってしまう、というのが
現実ですね。

もちろん派遣社員で結婚している人もいますから
「必ずそうなる」というわけではありません。
しかしながらやはり、難しい、可能性が低くなる、ということは
事実ですし、結婚を考えているのであれば
そのことは念頭に入れておかなくてはなりません。

では、派遣社員だとどうして結婚が難しくなってしまうのでしょうか。
それについて、見ていきましょう。

①収入が低い

正社員に比べると、派遣社員の方が、年収は低くなる傾向にあります。
ボーナスなどが出ないところもありますし、
定年退職などの退職金が出ないようなケースも存在します。
そのため、収入としては正社員とは大きな差がついてしまいます。

そして結婚相手に求めるものは「収入」であることも多いのが
この世の中。
当然、正社員より収入の低い派遣社員が
結婚できる可能性というものは減って行ってしまうのです。

また、収入が低い事によって、
相手から持たれる印象だけではなく、自分自身の結婚に
対する考えにも影響を与える場合があります。
例えば、恋人を作ることにも消極的になるかもしれませんし、
恋人を作るのにも、結婚するのにもお金がかかります。

お金がないことによって、結婚からどんどん遠のいてしまう、
というのも、事実であると思います。

②社会的信用の問題

仮にどんなに安定した収入を得ていたとしても、
社会的信用面で問題が生じるのも事実です。
恋人が出来たとしても、派遣社員のままだと
結婚に踏み切らない人もいると思いますし、
仮に恋人同士で納得したとしても、
どちらかの両親が派遣社員の状態で
結婚することに対して”反対”する可能性は
充分に考えられます。

特に、派遣社員という言葉が一般的では
なかった世代の人間からすると、より得体の
知れないものとして、派遣社員との結婚を
許可しない可能性は十分に考えられるのです。

仮にどんなに頑張っていたとしても、
どんなに収入があったとしても
”派遣社員”というだけで判断されてしまい
信用されない、ということは実際にあることなのです。
悲しいことではありますが、それが現実ですね。

③安定感・将来性

派遣社員だとどうしても安定感は
無くなってしまいます。
収入に関してもそうですが、
将来的にどうなってしまうのかなどのビジョンを
描くことも難しく、将来性や安定性が不安定に
なってしまうこともあります。

将来の見通しがつかない、ということは
自分自身でも結婚することにどこかで躊躇
するような部分が出てくると思いますし、
相手からしても、将来の見通しがつかない相手との
結婚、となるとやはりどうしても不安になってしまうものです。

もちろん、正社員であっても、公務員であっても
自分の未来なんて100パーセント分かりませんし、
会社などでもいつリストラされるか分かりません。
ですが、ただでさえ不安定なこの世の中では
やはり、安定が求められてしまうものなのです。

④職場が変わる…

派遣社員になると、色々なパターンがあるので、
一概には言えませんが、ずっと同じ職場に…ということは
なかなか難しいかと思います。
そうなると、仲良くなってきたな~と感じる人がいたとしても
その職場から離れればそこで音信不通になってしまうような
こともあるかと思いますし、
結婚までたどり着く、というのはなかなか難しい部分も
あるのではないかと思います。

ある意味では出会いのチャンスを増やす、ということにも
なるかもしれませんが、
やはり、難しい部分の一つなのではないでしょうか。

⑤婚活するにしても…

婚活するにしても、やはり派遣社員となると
不利な一面が出てきてしまいます。
たとえば、先ほどにも書いた収入面もそうです。
婚活になると、最初は恋愛感情ではなく、あくまでも相手の
プロフィールなどからの判断になる場合も多いかと思います。

恋愛結婚であれば、派遣社員という部分を乗り越えていくことも
可能ではあるかもしれませんが、
婚活の場合は一目ぼれなどを除くと、
最初に見るのはプロフィールの部分になります。

恋愛感情がわいてくるとすれば、そのあとでしょう。
そうなると派遣社員という肩書は、やはり不利に
なるのは間違いないかと思います。

結婚相手に求めるものは「収入」な世の中ですから
派遣社員となれば収入が低いと判断されてしまい、
それだけで対象から外れてしまうようなケースも。

また、社会的信用だとか、将来性の部分に関しても、
これまで書いてきたように非常に厳しいものになりますから
その点に関しても、覚えておかなくてはなりません。

⑥周囲の理解が難しい

社会的信用の部分でも書きましたが
相手がOKの場合、一番ネックとなるのはこの部分でしょう。
”周囲の理解を得られにくい”

結婚するためには、双方の両親の同意が
必須ではありませんが、できる限り得ておいた方が良いでしょうし、
反対を押し切って結婚すると、そのあとの関係は悪いものになってしまいます。
また、周囲の友達などにも反対する人間が出てくる可能性もあります。

必ずしも説得する必要はありませんし、
全員に理解してもらうのは難しい部分ではありますが、
場合によっては周囲からの反対で、相手の気も変わってしまう
可能性がありますし、仮に恋愛感情から結婚に辿り着けそうに
なっても、周囲の反対から全てが無になる可能性もあります。
そのあたりの部分も覚えておかなくてはいけません。

ほぼ確実に、誰かしら反対する人間は出てくるでしょう。

結婚をしたいと思うのであれば…

結婚を重視していなければ、別に気にする必要は
ありませんが、もしも結婚をどうしてもしたい!と
言うのであれば、正社員への道がもしもあるのであれば
そちらを選んだ方が”確率”としては高くなるかと思います。

もちろん、正社員になったからと言って、
確実に結婚できるわけではありませんし、
派遣社員のままでも確実に結婚できないわけでもありません。

しかしながら、少しでも可能性を上げたい!ということで
あれば例外を除いて、正社員の方が有利になるかとは思います。

例外とは「ブラック企業」のことです。
ブラック企業はまた別の問題で結婚から遠のきますから
その点に関しては注意しなくてはなりません。
時間も、体力も無くなりますからね…。

まとめ

派遣社員であっても結婚することは可能ではありますが、
高いハードルがあるのも事実です。
どうしても結婚したい!ということであれば
正社員の道も含めて模索してみるのが良いかと思います。

ただ、派遣社員という状態が悪い、という意味ではありません。
あくまでも結婚における話であり、結婚のことを
特に考えないのであれば、派遣社員もひとつの人生の
選択肢になります。

色眼鏡で見る人がいるのも現実ですが、
決して派遣社員自体が悪い、ということではないので
その点に関しては勘違いをしないようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする