雇われ店長は廃人にされてしまう…!恐怖の実態とは?

店員Kです!

雇われ店長の中には人生を壊されてしまう人も大勢います。
命をも奪われてしまうような人も居ますし、
精神的に壊されてしまう人も居ます。

雇われ店長という仕事は場合によっては
廃人になるまで酷使されてしまいますから
その点に関してはしっかりと注意しておかなくてはなりません。

もしも皆様が雇われ店長をするのであれば、
自分自身の体調や精神状態をしっかりと理解した上で
やることをおすすめします。

自分の状況を把握できないほどに感覚が麻痺
してきてしまったら、それは危険信号です。

モノとして壊される店長

企業にもよりますが、
雇われ店長と言う仕事は基本的にブラックです。
労働基準法なんか、雇われ店長のことは
守ってくれませんし、
労働基準監督署も、雇われ店長にとっては
何の当てにもならない存在です。

自分の身は自分で守るしかありません。
自分が壊れそうになってしまったときに
それにブレーキをかけることができるのは
自分自身だけなのです。

会社にとって店長など
使い捨ての道具でしかありません。
本当に倒れるまで絞りつくされて
使えなくなったらポイ、です。
大げさに言っているように聞こえるかもしれませんが
それが事実です。

「店長をモノとして扱い、壊れるまで酷使する」

これが、今の世の中の現状でしょう。
ずっと我慢していると、本当に廃人になります。
注意して下さい。

実際に見た雇われ店長の末路

私は、ブラック企業で雇われ店長をしていました。
その中ではとても酷い扱いが多数ありました。
本当に店長の人生などどうでもいい、という
上層部の想いがしっかりと伝わってくる
扱いでした。

そんな扱いですから、
本当に壊れてしまう店長も多数存在しました。

一人は、勤務中に倒れてしまい、
その後異動になりましたが異動先で、
精神的にやられてしまい、鬱状態になってしまいました。
私は精神的にやられてしまう前のその店長にも
会ったことがあり、精神的にやられてしまったあとの
その店長にも会ったことがあるのですが
本当に別人のような感じになってしまいましたし、
大きなショックを受けたモノです。

別の店長は仕事中毒になってしまい、
別の意味で壊れてしまいました。
出会った当初は穏やかな感じの店長だったのですが
最終的には情緒不安定になってしまい、
突然モノを投げ始めたりだとか、
かなり精神的に不安定になっていました。
また「休日があると体調が悪くなる」などとも言っており
仕事を続けているうちに、本当に、
感覚がおかしくなってしまったのだと思います。
最初に挙げた店長とは別の意味で、
会社に酷使されて狂わされてしまった店長と言えると
思います。

他にも、鬱になって退職した店長や、
借金に苦しむことになってしまった店長などもいましたし、
店長のほとんどが当たり前のように
サービス残業を強要されて、
それに疑問さえ抱かないような状態になって
しまっていました。
会社からすれば店長は働くロボットでしかなく、
道具でしかないのです。

その生活を続けると…

この生活を続けていると、やがて廃人のような
状態にされてしまいます。
厳しい過酷な環境を耐え抜いて上に上がって行った
店長も居ます。

しかし、そういう人たちは、別の部署で休みも無く
さらに朝から晩まで働き、
それでいて、会社の為に!みたいな人に
なってしまっていました。
普通の感覚が失われてしまい、ブラックなやり方に
染まってしまった、ということでしょう。

ブラック企業ではよくあることですが、
道は3つだと私は思っています。

3つとは、
”壊されるか”
”辞めるか”
”黒く染まるか”

この3つですね。

ブラック企業で耐え抜いた先に待っているのは
自分自身もその会社のカラーに染まる、という道です。
どんなに不当な扱いを受けても、
もうそれがふつうだと思ってしまう。
これこそ、ブラック企業の求める従順な人材、というところでしょうか。

そうなってしまって本当に人生そのものを捧げているような
社員を私は経営勉強会という場で見ています。
その人たちの本心は分かりませんが
”会長のお気に入り”と言われる人間たちは
本当にブラック企業の会長に心酔してしまっているような
状態で、恐怖すら覚えるほどでした。

壊される前に逃げる!

私が最良だと思うやり方は、
”壊される前に逃げる”ということです。
雇われ店長として酷使され続ければ
本当に壊されてしまいます。
そうなってしまったら本当に手遅れなのです。

人間、壊れると本当に何も出来なくなります。
思考停止状態になってしまいます。
そうなってしまう前に、
手遅れになってしまう前に、
雇われ店長という牢獄から逃げ出さなくてはなりません。

どのぐらいブラックな部分があるかは
会社によって異なるとは思いますが
少なくとも、雇われ店長という立場はブラック化が
進んでいることが多いので、その点に関しては
細心の注意を払ってください。

自分が自分で無くなってしまう前に逃げる。
これは、とても大切なことです。
大げさでもなんでもなく、本当に壊されます。
壊れたら、逃げられなくなります。

私は逃げた

雇われ店長というものは
基本的に、生涯やるような仕事ではない、と私は考えています。
何故なら、前述のように本当に人生を
壊されてしまう可能性が非常に高いからです。

そうならなかったとしても、人生を大きく変えられてしまうのは
事実ですし、自分のプライベートな時間を確保することなんて
本当に夢のまた夢なのです。
人生は一度しかありません。
そんな人生を雇われて、ロボットのように酷使したまま
終えても良いのかどうか、と私は考えました。

そして、私は自分が店長をやっていたお店が
会社都合で閉店になった際に退職することを決意しました。
その時に、別店舗の店長と別部署への異動が打診
されていたのですが、どちらも拒みました。

特に、その別部署は本部の社員が「軍隊みたいだ」と
評するような恐ろしい場所だったので、
絶対に行く気はありませんでしたし、
別店舗の店長になったところで、
同じことの繰り返し。

残業代は支払われずに、酷使され続けて
そのうち体調を崩すであろうことは目に見えていました。

そのため、私は退職する道を選んだのです。
どうにもならなくなって、壊されてしまう前に
退職、ですね…。

退職して、自営業になって、自営業には自営業で
苦しいことは当然ありますが、
それでも、退職して、ブラックな環境を
抜け出したことに後悔はありません。

麻痺する前に判断を!

前述したとおり、ブラック企業に居続けると、
感覚がだんだんと麻痺してきます。
自分の疲れに気付けないようになってしまったり、
それが当たり前になってしまったり…
どのような結果になるにせよ、
感覚が麻痺してしまう可能性は非常に高いです。

もちろん、そんな環境下で仕事を続けるのも
1つの人生ではありますが、
自分の人生、本当にそれで良いのかどうかは
しっかりと考えた上で、決断を下すことをおすすめします。
壊されてしまった後に後悔してももう遅いのですから
その点には注意して下さい。

まとめ

雇われ店長というものは
本当に酷い扱いをされます。
人間としてまともに扱ってもらえるとは思わないことです。
本当に、人生をズタズタにされるまで酷使されて
最後には使い捨てられるのがオチです。

酷い話ですが
会社にとって、店長などその程度の扱いでしかありません。
都合の良いように酷使しておいて、壊れてしまったら
それを廃棄する。
そんな”使い捨ての道具”ぐらいにしか思われていません。
そのまま道具として使われて、捨てられて、
それで良いのかどうかは、よく考える必要があるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする