レンタルサーバーのデータベースは分けるべき?複数サイトで使うのは?

ワードプレスのデータは
データベースと呼ばれるところに保存されます。

レンタルサーバー(一部除く)には
データベースというものがあり、
利用している方は見たことがあるかと思います。

一つのサイトしか運営していない場合は関係ありませんが
複数のサイトを運営する際には
このデータベースを「分ける」か「分けない」か、
で迷う人もいるかと思います。

例えば、2つのサイトを運営している際に、
データベースも2つ用意して2つのデータベースそれぞれに
サイト一つずつのデータを入れるのか、
それともデータベースは一つしか用意せずに、
一つのデータベースにサイト2つ入れるのか、
どちらにするか、ということですね。
(3つ以上のサイトのデータをひとつのデータベースに
入れることも可能です)

この点について、見て行きましょう。

理由がなければ分けたほうがいい

ひとつのデータベースに複数のサイトを
保存しても、基本的には問題ありませんが、
特に理由がなければ、
データベースはわけた方が良いでしょう。

つまりは
一つのサイトに一つのデータベースという
やり方が一番良い、ということになります。

何らかの理由があったり
設定するときに間違えてしまった場合などに
関しては仕方がありませんが、
特に理由がないのであれば
複数サイトを運営する場合、
サイトの数だけデータベースも用意した方が良い、
ということです

やり方については
レンタルサーバーごとに違いますから
それぞれのレンタルサーバーごとに
確認するようにして下さい。

では、なぜ別々にした方が良いのか、
考えられるデメリットについてを
ご紹介していきます。

セキュリティ上の観点

データベースを分散することで、
セキュリティ対策の一つになります。
アカウント情報などが外部に漏れた場合など、
データベース自体が攻撃されてしまったり
不正な操作をされてしまったりすることも
考えられます。

この際に一つのデータベースで全てのサイトを
運用していると、全てのサイトが
被害を受けることになってしまいます。
例えば、A、B、C、3つのサイトを
同じデータベースで運用していた場合、
AもBもCもダメになってしまう、ということです。

分散していた場合は、Aのサイトがダメになっても
使っているデータベースが別々なわけですから
BとCには影響がでない、と言うことです。

セキュリティ上の観点からも
データーベースは分散した方が良いでしょう。

不具合やミスへの備え

どんなサービスも万全ではありません。
データベースが突然何らかの不具合を
起こす可能性も決して0ではありませんし、
自分自身の操作ミスで、
データベースに異常が起きてしまうような
ことも考えられます。

そうなってしまうと、
ひとつのデータベースで全てのサイトを
運営していた場合、
全てのサイトが表示できなくなったり
トラブルが発生したりしてしまうことになります。

この場合も、先ほどと同じように
一つのサイトに一つのデータベース、という
状態を守っていれば、
そのうちの一つのデータベースに異常が
起きてしまったとしても、
残りのサイトは無事、ということになります。

一つのデータベースに複数のサイトを
まとめておく、ということは
一気に全滅してしまうリスクも
高まりますから、
リスク分散の意味でも、データベースは
別々にしておくことをおすすめします。

同時アクセスなど

データベースにも容量の上限が
サーバーによってあったりします。
複数のサイトを1か所のデータベースに
保存することで、これをオーバーしたり
同時アクセスに耐え切れずに
動作が遅くなってしまったり、
最悪の場合はサイトが表示できなくなって
しまったりする可能性も十分に考えられます。

2つだとか3つ程度であれば
(アクセス数やサイトの規模によっても異なるので
 あくまでも目安の数字です)
大丈夫だとは思いますが、
5、10、20…と、あまりにも多い数の
サイトをひとつのデータベースに放り込む、
ということはあまりよろしくありません。

どうしてもまとめるにしても、
程よい数に抑えておく、ということは必要で
あると思います。
あまり多くのサイトで使い回ししないようにしましょう

サービスによっては…?

レンタルサーバーサービスやプランによっては
データベースの個数に制限があったりする場合が
あります。
レンタルサーバーを契約する場合は、
そういった部分をしっかりと見極めて
契約するようにしましょう。

また、データベースの新規作成方法だとか、
同じデータベースに複数のワードプレスサイトを
保存する方法だとか
そういった方法は
サービスによって異なりますから
各サービスの方で確認を行うように
してみてください。

必ず、説明書きのどこかに
データベースについても記述が
行われていると思います。

まとめ

データベースは特別な事情がない限りは
基本的には1サイトにつき1個、ということに
しておくと良いかと思います。

ただ、絶対に複数サイトを1つの
データベースに入れてしまっては
いけないわけではなく、
2つや3つ程度までであれば
そのまま普通にサイトを運用することは
充分に可能です。

ただ、先ほども書いた通り
セキュリティ上の観点から
少し心配な面もありますし、
同時にアクセスなどが集中した際にも
心配が生じます。

多くの場合、トラブルなく
問題なく使用できるとは思いますが
それでも、より”安全かつ確実に”利用していくためには
データベースひとつにつきサイトひとつ、
ということを守ることが大事になってくるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする