給料だけでは生活できない!手取りが足りない場合どうすれば?

アルバイトをしていても、
給料だけでは生活できない!
という人もいるかと思いますし、
場合によっては正社員や契約社員であっても
充分に生活できないレベルの低賃金で
働かされる場合もあるかと思います。

一人暮らしであっても厳しい場合も
あると思いますし
家族持ちの場合は、低収入だと
なおさら苦しいですよね。

手取りの収入が足りず、
生活が苦しい、
成り立たないような場合は
一体どうすれば良いのでしょうか。
その点について、解説していきたいと思います。

給料が足りない場合の対応策

給料が足りない…
そのままだと生活が破綻してしまいます。
なので、色々な方面から、
できることを考えて対応を
していかなくてはなりません。

アルバイトであっても
正社員であっても
自分の生活を維持するために
必要なお金を稼げない、貰えないという場合は
色々と今後のことも含めて
考えて行く必要があるのです。

そうでないと、いつかは生活が本当に
成り立たなくなってしまいますし、
老後まで含めた将来を考えるのであれば
そのままでは非常にまずい、ということは
分かるかと思います。

では、どのような点に気をつければ良いのか、
どのように対応していけば良いのか、
それを順番に見て行きましょう。

無駄遣いをしていないかどうか確認

まず、自分が無駄遣いをしていないかどうかを
確認すること。これは、大事なポイントの一つです。

ただし”ある程度の娯楽”は人間には必要ですし
極限まで切り詰める、というのは
本来は良くないことです。
ただ、明らかに無駄遣いな使い方をしている場合は
それを改善しましょう、ということですね。

あきらかな無駄遣いがない、という場合は
この点は無視しても良いです。
考えるべきことは↓以降の項目になります。

が、明らかな無駄遣いがある場合は
やはり生活スタイルを見直さなくてはいけませんし
削れる部分があるのであれば
そういった部分を削って行く、
ということは大事なことになります。

仕事を増やすことを考える

無理をしてしまって倒されてしまっては
本末転倒ですから「無理をしない範囲で」ということが
大前提になりますが
今現在の手取りで足りない場合は
仕事を増やす、ということも対処方法の一つです。

例えば、正社員であれば
残業を増やしてみたり、
アルバイトならばシフトを増やしてみたり、
ということですね。
会社によっては人件費などの問題もあって
なかなかそう上手くはいかないこともありますが
もしも会社側がOKで、自分も体力的に
無理をしていないのであれば
仕事を増やす、ということも一つの選択肢には
なり得るかと思います。

ただ、先ほども書いた通り
「無理をして倒れる」というようなことは
しないようにして下さい。

会社側の都合で仕事を増やせない場合や
体力的に限界な場合は
別の方法を考える必要があります。

掛け持ちを検討する

正社員の場合は無理ですが、
フリーターとして働いている場合や
自営業の場合は、
掛け持ちを検討することも一つの方法です。

つまり、今やっている仕事の他に
別のアルバイトを始める、ということですね。
既にやっているバイトなどとの兼ね合いは
大事になりますが、
掛け持ちをすることで収入を増やすことが
できますから、無理をしない範囲で
掛け持ちを検討してみることも
一つのポイントになります。
増やせる仕事には限界があるとは思いますが、
自分の限界をしっかりと考えながら
やっていくようにしましょう。

副業を検討する

今現在の仕事では手取りが足りず
生活していけない場合、
副業を検討するのも一つの方法になりますね。

副業と言ってもいろいろなものがあり、
今ではネットで簡単に副業を
行うことができる時代になっていますから
そういったものを利用してみるのも
良いのではないかと思います。
これも、無理をしない範囲で、ということが
前提にはなりますが、
今現在の仕事だけで給料が足りない場合は
副業も検討してみるしかありません。

ただ、正社員の場合を中心に
”副業禁止”のところもありますから
その点は注意するようにして下さい。
副業禁止にも関わらず
副業をしていることが発覚すれば
処分が下る可能性もあります。

が、会社側が満足な給料を
支払っていないような場合
会社側が副業禁止と言っていても
どうにもならないんだよ!という気持ちも
あると思います。
その場合は会社を変更することも視野に入れて
対応していく必要があるかと思います

相談する

会社やバイト先と話し合いをする、ということですね。
会社側がそう簡単に対応
してくれるとは限りませんが、
どうにもならない場合、黙っていても
状況は変わらないと思いますから
ダメもとで上司などに話をしてみるのも
良いかとは思います。

アルバイトであれば、シフトを
少し増やしたりしてもらうようなことが
出来るかもしれませんし、
正社員の場合は残業などで対応
してもらえる可能性も決して0パーセントでは
ありませんから、諦めずに相談してみる、
というのは一つの方法になるでしょう。

会社が不正をしている場合

会社やバイト先が
最低賃金を支払っていなかったりと、
法律上問題がある場合は、
会社側と話し合いをする必要があります。
黙っていては、そのまま会社にいいように利用
されてしまうだけですし、黙っていても
状況が改善されるようなことはありません。
俗に言うブラック企業のようなところは
誰かがアクションを起こさなければずっと
そのままですし、
他の誰かが何かを起こしてくれるのを
待っていたら恐らくずっとそのままです。

会社側が労働基準法を守らず
サービス残業などが多く、
生活していけないような場合は
会社に申し出るしかありません。

ただ、会社側と話し合っても
「ごめんね」となる可能性は非常に低いですから
結局は労働基準監督署などに持ち込むことに
なるとは思います。
一言言っただけで改善するような会社なら
最初からサービス残業させたりは
しないでしょうからね。

場合によっては最終的に退職することになる可能性も
ありますが、生活が苦しいのであれば
そのままにしておくことはおすすめできません。
”転職”の可能性も視野に入れながら
会社と話し合っていく必要があるでしょう。

転職を検討する

上記のようにブラック企業だったり、
ブラック企業ではないけれども収入が
どうしても足りなかったりする場合は、
転職を検討するしかありません。

現在の職場で生活するために必要な
給料を確保できないのであれば
その会社に問題があるか
あなたの生活スタイルには合わないかに
なるかと思います。

生活が成り立たない仕事を
いつまでもしていることは
マイナスでしかありません。
すぐに辞めろ、とは言いませんが
転職を視野に入れながら
良い場所が見つかったら具体的に転職に
向けたアクションを起こしていく、
ということが大事になってくるかと思います。

ある程度我慢してみることも
大事だとは思いますが
ダメなところは本当に駄目なので
ダメだと判断したら”諦めること”も
時には大事になってくるのです。

無理はしすぎないように
「この会社でやっていけるのかどうか」は
冷静に判断するべきであると思います。

まとめ

今の手取り・給料では生活できない!
という場合は自分の生活スタイルを
見直すか、収入を何らかの手段で増やすか、
ということをしていくしかありません。
なかなか慣れた環境を変えるのは
嫌だとは思いますがそのままずるずる続けるようなことが
あれば、いずれ必ず後悔することになるでしょう。

そのようなことになってしまわないためにも
しっかりと自分の状況を把握して
ダメだと感じたら行動を起こすことが大事になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする