受験への不安!受験勉強の不安に立ち向かう方法6つ!

店員Kです!

受験シーズン。
受験生の皆様にとっては、とても不安な時期だと思います。

どんなに勉強をしても、
どんなに対策をしても、
必ず合格する保証なんてどこにもありません。
そんな日々はとても不安なものですし、
もしも合格できなかったらどうしよう…?と
より不安になってしまう気持ちも分かります。

そんな不安に対して、
どのように対応していけば、
良いのでしょうか。
それをまとめていきたいと思います。

受験の不安対策!

受験生にとって”不安”も一つの敵です。
不安が募れば募るほど、勉強に集中できなくなってしまいますし、
精神的に不安定になってしまうような
ケースもあるかと思います。

自信を無くしてしまえば、面接などでも
それが態度に出てしまう可能性がありますし、
良い事は全くないのです。

また、重度な場合は”自律神経失調症”などを
引き起こしてしまう可能性も否定はできないため、
そういった点に関しても、
注意をしていかなければならないのは事実です。

では、どのように注意していけば良いのでしょうか。
受験生の不安対策を見ていきましょう。

受験生本人の心構えもそうですし、
周囲の家族が本人に配慮してあげることも必要になります。
私個人の経験などからも、まとめていきます。

相談する

受験に対する不安な気持ちでいっぱいになってしまった場合は、
誰かにその気持ちを吐きだすことも大切です。
家族でも、友人でも構いません。
自分が一番話をしやすいと思う人に対して、
その気持ちを吐きだしてみましょう。

一人で抱え込むことは、毒にしかなりませんし、
余計に不安な気持ちになってしまいます。
不安を吐きだしたからと言って不安が消え去るわけでもないですが
誰かに話を聞いてもらえるだけでも、場合によっては
少しは楽になるかと思います。

無理してため込みすぎないようにしましょう。

リラックスできる時間の確保

受験シーズンの際には勉強も大切です。
ですが、1日の大半が勉強、ということになってしまうと、
受験に対する不安はさらに募ることになってしまいます。
そうなってしまわないためにも、1日に短い時間からでも
構いませんから、何か”リラックスできる時間”を用意
すると良いと思います。

自分の趣味に少し時間を費やすのも良いと思いますし、
たまには1日ぐらい休んで、どこかに遊びに行くのも
気晴らしになるでしょう。

人間、仕事だけではダメになってしまうのと同じことで、
勉強尽くしの日々も、マイナスに働いてしまう可能性は
充分にあるのです。
そうなってしまわないように、注意しましょう。

睡眠時間や体調管理

不安を解消するためには、
睡眠時間や体調管理も大切です。
勉強をすることは大切ですが、受験勉強ばかりに集中
してしまって、睡眠時間などを削ってしまうと
精神的にも良くありません。

ストレスがたまり、なおかつ睡眠不足や
体調不良、などということになれば、
自律神経の乱れなど、身体に異変をきたす可能性があります。
そうなってしまった場合は、もう受験以前の問題に
なってしまう可能性もありますから、
その点に関しては注意するようにしましょう。
人間には、最低限の睡眠時間が必要ですし、
体調が悪くなってしまった場合に関しては
無理をせずに、しっかりと休むことも大切になります。

疲労は精神的な不安定な状態を招きます。
受験に対しての不安がさらに強くなってしまいますから、
そういった点には気を付けるようにしましょう。

また、食事はしっかりと食べるようにしましょう。
食事を取らずに無理して勉強していると、
これも体調不良や自律神経の乱れなどを
招いてしまう可能性があります。
たくさん食べろ!という意味ではありませんが、
ある程度の食事はしっかりととるべきです。

勉強する環境の改善

受験に対する不安が強い場合、
勉強する環境を改善するのも一つの方法です。
とにかく、勉強中にも出来る限りリラックスすることが
大切ですから、そのあたりは、自分で上手く調節
しながらやっていくようにしましょう。

例えば、勉強時間が多すぎる場合。
多ければ多いほど良い、という意見もありますが
勉強しすぎて精神的に病んでしまえば
それはマイナスですし、
精神的な不安のようなものが強まってしまっても、それは
それでマイナスになってしまいます。
そのため、勉強時間は無理をし過ぎず、
その日の体調や精神状態をよく考えてみて、
判断するようにしましょう。

また、勉強中の姿勢や場所、部屋の明るさなども
精神的な負担にならないように
自分が一番良いと思う環境を作るようにしましょう。

音楽などを聞きながら勉強するのも1つの方法です。
自分の好きな音楽を流す!という感じでも良いですし、
クラシック音楽や環境音などでも良いかと思います。
中にはリラックス効果がある!とされるものまでありますから、
それらも試してみてはどうでしょうか。

実力をつける

最初にも書いた通り、どんなに勉強したとしても、
確実に合格できる、なんてことはありません。
誰だって不合格になってしまう可能性はあります

しかしながら、それでも
”自分は絶対合格できる”という自信を身に着けることが
できたのであれば、それは大きな強みになります。
そういう自信を身に着けるには、やはり勉強や対策を
するしか道はありません。

これまでにも書いてきたとおり、自分の限界を超えて
無理をすることは禁物です。
それをやってしまうと精神的なバランスなどを
崩してしまう可能性も十分にあります。
”ほどほどに”が大切にはなりますが、
うまく調整できるのであれば、自分の可能な範囲で勉強し、
自信を身に着けることで、精神的な不安を
払拭することができるかと思います。

どうしてもの場合は…?

どうしても受験に対する不安がぬぐえない…!
そんなこともあるでしょう。
そんな場合はどうすれば良いのでしょうか。

答えとしては、心療内科などで相談する、
ということです。
これは別に恥ずかしい事でもなんでもありません。
かえって我慢して無理をし過ぎた方が
受験勉強自体に支障が出てしまいます。
どうしても不安をぬぐうことができないようなケースでは、
心療内科を受診した方が良いかと思います。

先生に受験勉強のお話を聞いてもらえるだけでも
安心できるかと思いますし、
本当に不安が強くて、日常生活に支障が出てしまっているような
ケースでは、先生と相談して、
抗不安薬などを服用するのも一つの選択です。

本当に思い悩んでしまった場合、
恥ずかしがることはありませんし、
引け目を感じる必要もありません。

誰だって不安なものですし、
その不安でいっぱいになってしまうことは
仕方のないことでしょう。
ですので、どうしてもの場合は、心療内科や
カウンセラーに相談してみましょう。

そういう時のために、心療内科やカウンセラーは
存在します。
本当に苦しい、という状況になってしまった場合は
受験勉強も手につかなくなってしまうと思うので
ぜひ参考にしてみてください。

何も、遠慮する必要はないのです!

まとめ

受験勉強の道のりは険しく、
本当に辛いものであると思います。
辛い辛い、と言っているだけなのもいけませんが
精神的に負担をかけ過ぎて
不安でいっぱいになってしまうような状況は
望ましくありません。

何がリラックスになるか、
何が良い方向に作用するかは人それぞれですから
一概に言うことはできませんが、
色々と試してみて、
あまり自分に負担をかけすぎないような方法を
模索していくことが、受験勉強成功のための
大事な基本になります。

上手く自分でバランス調整しながら、
やっていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする