不登校YouTuberは将来どうするの?厳しい現実を知るべき!

不登校youtuberなどという
話題も最近ではよく見かけるようになりました。

不登校という道を選ぶこと自体は
理由があれば個人の自由ですし、
YouTuberを目指すこと自体も個人の自由です。

また、他人の家庭に口出しをすることは
できませんし、他人の家庭が、犯罪などに
手を染めていなければどのように暮らそうと
その家族の自由です。

が、自ら不登校の道を選び、
YouTuberとして、義務教育も受けずに
そのまま大人になる、ということが
どれほど厳しいことか、
それは理解しておく必要があると思います。

今後、”不登校になってYouTuberを目指そう”
などという子供が出ないようにするためにも、
しっかりと現実は知っておいて欲しいと思います

将来やっていけない

そのままでは、将来、やっていくことは
できないでしょう。

世の中というものはそんなに
甘いものではありませんし、
優しいものでもありません。
非常に厳しい世の中なのです。

不登校youtuberということで、
現在はある程度の注目を集めていますし、
(批判の意見が多いようですが)
それに追随する人が万が一出てきてしまっても、
最初は注目を集めるかとは思います。

ただ、それだけです。
年齢を重ねて社会に出る時、
どのような状況になっているのか。

それをよ~く考えてみて下さい。
その先の人生に、本当に希望があるのか。
現実をよく知っておくべきです。

どのように暮らすのも、個人の自由(犯罪は除く)ですが、
後で本当に大変なことになる、というのも
また事実であると思います。

この点、ちゃんと理解しておくべきですし、
もしも「自分も不登校になってyoutuberになろうかな」
なんて思っているのであれば、この先に書いてあることを
全て覚悟しなければなりません。

この先のことを全部読んだ上で、
それでも「不登校youtuberになる!」というなら
もう、私としては何も言うことはありません。
個人の自由ですし、血縁者でもないわけですからね。

ですが、もしも、「こんな風になっちゃうのか…」と
思う部分があるのであれば、
思いとどまるべきです。

配信の世界はそんなに甘くない

まず、今は良いでしょう。
ある程度、注目を集めているようですし、
ある程度再生数もあります。
同じようなことをする人が現れれば
再生数も増えるかと思います。

ですが、これが中学生、高校生、大学生の
年齢になっていったらどうか?
恐らく、今の内容と同じようなことを
していたら、誰も見ないでしょう。

「あの人は今」みたいな状態に
なることは目に見えています。

子供が不登校youtuberとして活動している、
というもの珍しさだけで、今は再生回数が
増えていますが、誰でも大人になります。
そしておじさん、おばさんになります。

一般的な教養を身に着けていない
おっさん、おばさんの配信。
一体誰が見るのか?

”不登校youtuber”ということを売りに
し続けているままなら、
年齢を重ねるにつれて、誰も
見なくなると思いますし、
もしも生き残るためには相当な努力が必要になります。

ユーチューバーを夢見る子供は多いですが
それで成功している人はほんのひと握りです。
相当な努力と運を持っていた人たちだけ。

多くの人は、対して稼ぐこともできないまま
自然消滅したり、そのままずるずると動画配信を
続けているような状態です。

義務教育も受けず
youtuberとして生きて行く、
という考えはあまりにも無計画であり、
youtuberというものを甘く見過ぎでしょう。
真剣に活動している人にも失礼です。

また、ユーチューブによる広告収入のシステムが
永遠に続くのか、と言われればそれも分かりませんし
アカウント停止などの可能性も十分に
考えられることです。

そうなれば、義務教育も受けず
他に出来るようなことがない、となってしまい
就職も出来ず、途方に暮れることが
目に見えているのです。

芸能活動で生きて行くのも難しい

ちやほやされるのは、正直、子供のうちだけです。
大人になれば”不登校youtuber”という
肩書きは消滅します。
つまりは、普通の人になりますし、
メディアからしてみても、よほどの特技が無ければ
面白みもないですから
だんだん相手にされなくなってくるでしょう。

芸能の世界って本当に厳しいものです。
もしも将来的に芸能デビューを視野に入れるのであれば
その道は相当厳しいものであることは
理解しないといけませんし
芸能界は礼儀も要求される世界です。

子供のうちはともかく、大人になって
礼儀やマナーを身に着けていない状態で
芸能界に入り込めば即、干されるでしょう。
それほど、厳しい世界だということは
理解しておかなくてはいけません

一般企業への就職やバイトは厳しい

私も店長経験があり、
人を採用していましたが
正直なところ、義務教育を受けてない学歴を
出されたらびっくりします。
面接で理由を聞くことになると思いますが
その理由が「ユーチューバーになった」みたいな
理由だったら、その時点で採用しないでしょう。

ググればいい、電卓を使えばいいなどの
発言をした子もいるようですが
仕事中にいちいちググられたら社会では
通用しませんし、いちいち簡単な計算で
電卓使われたら、やはり「ぁ??」となりますからね。

また、人間関係が上手くいくかの懸念があるほか、
時間を守るなどの常識があるのかどうか、
またすぐに辞めてしまうのではないか、
そういった不安は尽きません。

少なくとも、私の場合は100パーセント
採用することはないでしょう。

もちろん、世の中には色々な採用担当者が
居ますが、バイトではない場合、学科試験も
あるでしょうし、面接もあるでしょう。
学科試験で点数を取るのも厳しいでしょうし
面接でもやはり落とされる可能性が
非常に高いですから
義務教育を受けるべき時期に、
ユーチューバーをしてる、ということは
将来、一般企業への就職や、バイトの選択肢は
ほぼ絶たれる、ということを覚悟
しなくてはなりません。

リスクまみれですから、
採用したくないですよ。企業は。

不登校の子に失礼

これは、最近話題になっているユーチューバーの
話題になりますが、
一連の流れは、
学校に行きたくても行けない子に対して
とても失礼であると感じます。

いじめを受けて行きたくても行けない子。
病気で行きたくても行けない子。
これは、とてもつらいことです。

その子たちに向かって
ユーチューバーしながら
「不登校は不幸じゃない」なんて
完全に喧嘩を売っているようなものです。
自分は学校に行けるのに行かないで不登校を
やっている状態。
もちろん、不登校の道を選ぶのは自由ですが
そういった理由で不登校になっている子が
「やむを得ない事情」で不登校になっている子を
勇気づけられるのか、と言われれば
つけられないと思いますし、
本人たちにとても失礼な行為であると考えます。

行きたくなくて行かない、じゃなく
行きたくても行けない、
行きたくないどうしようもない理由があって行けない、
が一般的な不登校の子たちですから、
ニヤニヤしながら叫ばれても、
説得力が無いですし、
不登校の子たちの中には、逆に傷つく子も
いるのではないかと思います。

まとめ

人生は個人の自由です。
犯罪行為をせず、人に迷惑をかけていなければ
どんな生き方を選ぼうと個人の自由です。

しかしながら、自分自身の将来、
これはよく考えた方が良いでしょう。

義務教育を受けず、ユーチューバーをしている…。

将来、採用する企業はまずないでしょうし
バイトですら厳しいでしょう
採用したとしても、仕事上のトラブルが懸念されます。

かと言って、youtuberとして生きる道も
年齢を重ねれば厳しいでしょうし、
芸能界も非常に厳しい世界。

自分でよ~く今後の人生を考えないと
本当に詰みますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする