この人おかしい!おかしなツイートを見つけたらどうする?

ツイッター上には
どう考えても、考えが世間から
ずれているような発言を
している人もいます。

あまりにも自己中心的だったり、
あまりにも世間知らずだったり、
最悪の場合は、法律的に問題のあるような行為だったり…

こういった人たちは
利用者が多ければ湧き出てくるのは
仕方のないことです。

ですが、ツイッターをしていると、
見たくなくても
こういった人が出てくるのも事実です。

「明らかに自分が悪いだろう」と言いたくなるようなことで
相手を批判していたり、あまりにも自分勝手すぎる発言で
炎上していたり…
色々とあるかとは思います。

こういった”明らかにおかしいツイート”を見つけた場合は
どうすれば良いのでしょうか。
それについて解説していきます

基本はスルーが一番

正直、一番良い方法としては
「放置すること」です。
おかしな人を相手にする必要はない、と
いうことですね。

例えば、道端でおかしな行動をしている人がいても
多くの人は巻き込まれたくないと考えるのがふつうですし、
不用意に声をかけたりはしないと思います。

そして、それは正しい判断であると思います。
物騒な世の中ですし、安易に余計なことに
首を突っ込まない方が良いのです。

余計なことに首を突っ込まない方がイイ、
というのはネットの世界であっても
同じことです。

ツイッター上で、明らかに常識はずれの
おかしなツイートを見かけても
その人にリプを送るべきではないですし、
あまり深く関わるべきではありません。
時間の無駄です。
面白半分で関わりたい!みたいな人は
好きにすればいいと思いますが
真面目な理由で関わろうとしていたり
中途半端な正義感で関わろうとしているのであれば
やめておいた方が良いです。

では、どうして関わるべきではないのか、
その点についてお話していきます。

炎上目的である可能性

まず「明らかに常識はずれの内容」や
「喧嘩を売るような内容」のツイートがある場合、
大きく分けて2タイプあります。

”本当に自分ではそう思っていて、正しいと思っている場合”
”この発言をすれば問題になると分かっていてやっている場合”

どちらかどうか判別することは
簡単なことではありませんが、
後者はツイッターで言う”炎上”を意図的に
狙っているパターンです。

つまり、わざと問題発言や
批判を喰らいそうな発言をして
人々を釣っている、とそういう人たちなわけです。

こういった人たちに関わる必要はありませんし
時間の無駄です。
かえって、そういう”パフォーマンス”に手を貸すだけに
なってしまいますから、リプも送らなくていいですし、
リツイートをする必要もありません。
スルー、という反応が一番正しい反応でしょう。

意図的にやっている人の目的は
「ただ人の反応を見て喜んでいる」か
「フォロワー数稼ぎ・注目集め」のどちらかでしょう。
いずれにせよ、まともに相手をするだけ無駄なので
スルーするのが一番なのです

言っても通じない

炎上商法でない場合、
世間的に批判されそうなツイートを本気で
している、思っている、ということになります。

この場合に関しては批判しても無駄です。
冷静に理知的に諭そうとしても無駄です。
相手は最初から自分が正しいと思い込んでいるので
仮にあなたがどんなに真剣にコメントを送っても、
相手が考えを入れ替えるようなことはないでしょう。

言っても通じない相手はどうするべきか。
答えはスルーするべきです。

何か、常識はずれのことを言って
炎上しているようなツイートをこれまでに
何件も見たことがありますが
そういう人の反応は大抵決まっています。

・自分の都合のいいコメントにだけ返事をする
・返事はあっても自分の意見を一切曲げない
・自分の都合の良いようにしか解釈しない
・少しでも意に反する反応はブロック

こんなところですね。

鍵をかけたり、アカウントごと消滅することも
ありますが、いずれにしても
本人の考えが変わることはないでしょう。

相手も赤の他人のわけですから
相手にするだけ時間の無駄ですし
見ていれば見ているほど
腹も立つかと思いますから、
そういった人のことは
”相手にしない”ということを
徹底することが大事です。

”スルースキルを身に着ける”
これができていないヒトが多いです。
変な人はスルーする。
これは、本当に大事なことですよ。

どうしても不快なら…

自分に関係のない人間の発言とは言え、
どうしても不快、という人も
いるかと思います。

そんな場合は「ブロック」もしくは「ミュート」
してしまうのが良いかと思います。
わざわざリプを送る必要はありませんし
相手と口論にでもなれば
さらにイライラするだけです。
おかしな人には関わらずにブロック。
これだけで、良いのです。

また、さらにワンランク上を行くのであれば
ツイッターの運営に報告することができます。
攻撃的な発言を含む場合なども報告対象ですから
報告をしておくのも良いかもしれません。
報告数が増えれば、アカウント凍結などに
繋がる可能性は十分にあります。

が、いずれにせよ
本人に直接リプを送ったりする必要はありませんし
しないのが一番です。
野次馬目的の人は、知りませんが、
真面目に腹を立てたり、反論したりしようとしている人に
とっては、そんなヒト、相手にしたところで、
本当に時間を無駄にするだけですからね…。

法律に引っかかる行為の場合

これは、関わらないようにするか、
通報するかのどちらかにしましょう。
本人にリプなどを送る必要はありません。
ツイッターの運営に通報などをしておきましょう。

ただし、映像が合成だとか
そういった可能性も考えられますから
よほど「これは確実にアウトだ」と確信できる場合以外は
警察に通報する、ということまでは
避けた方が良いかと思います。

誤解だった場合、面倒なことに
なる可能性もありますからね。

この場合に限り、リツイートも有効的な
手段であるとは思います。
これまで解説してきた項目の場合は
RTすることも相手を悦ばせたりするだけで
時間の無駄でしたが、
この場合は、
報道関係者などの目にも留まる可能性が
ありますから、明らかにアウトな行為で
ある場合は、あえてリツイートするのも
一つの方法であるかとは思います。

基本は無視 時間の無駄

最終的に言えることは
基本的に無視をすることが
一番の対策、ということですね。

そのまま相手にしないか
ブロック等してしまうかで十分だと思います。

人間の思考は人それぞれです。
中にはおかしな考えをしている人だって
相当数いるわけです。
自分と考えの全く違う人とネットで言いあいのような
ことをしても、何の解決にもなりませんし、
本当に時間の無駄、この一言につきます。

また、炎上目的だった場合、
あなたが反応してしまうことによって
むしろ、相手側が喜ぶ結果になってしまいますから、
反応するべきではありませんし
相手にいいように利用されているだけです。

どのような理由であったとしても
おかしな人とネット上で関わる、ということは
時間を無駄するだけの行為であり、
あなたにとって何の関係もない人でしょうから
わざわざ相手にしてあげる必要すら、ないのです。

まとめ

おかしな人は相手にするだけ無駄です。
冷たいようですが、それが現実です。
おかしな人と会話をしたところで、
それがまともな対話になることなどありません。

お店でもそうでしたが
モンスタークレーマーと店員がどんなにお話を
しても、会話が成りたちません。
相手は怪物だからです。

ネットでも、それは同じこと。

明らかにおかしな発言をしている人間には
コメントを送ったりせずに、放置する、
ということが一番の防衛策になるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする