社会人になると出会いがない?どうやって出会えばいいの?

社会人になると、
出会いというものは減るものです。

学生時代とは違い、
そう簡単に恋愛的な意味での
出会いをすることは出来なくなってきますし、
年齢的にも、もうあまり浮かれるような
年齢ではない、というのも事実であると思います。

また、同じ職場での勤務が続けば、
当然閉鎖された場所での日常を
送ることになりますから、
新しい出会い、というのも無くなり、
場合によっては何十年単位で同じ顔ぶれと
仕事をするようになることもあるのです。

では、社会人になってから
運命の人と出会うためには
どうすれば良いのでしょうか。

難易度が高まる出会い

学生時代などと比べると、
社会人になってからのほうが全体的に見れば
出会うのはどんどん難しくなっていくでしょう。

もちろん、社会人と言っても
色々なものがありますから
職種や自分の選んだ道によっては
出会いの多い職種もあるかもしれませんが
基本的なお話をすれば、やはり、”出会い”の
確率はグンと減ると思いますし、
そのまま年齢を重ねれば重ねるほど、
自分自身の気持ちなども変わってきますから
どんどん出会うことのできる確率としては
減っていってしまうものであると思います。

では、社会人になったら
どのようにして出会えばいいのか、
学生時代に恋愛経験などがないと
もうアウトなのかどうか。
その点についてのお話をしていきたいと思います

出会える可能性が0なわけではない

まず、社会人になっても
出会える可能性が0、というわけではありません。
実際に社会人になってから
出会い、結婚した人だってたくさんいるでしょうから、
可能性は決して0ではありませんし、
学生時代に恋愛経験が全くなかったら
そこで終わりなのか、と言われればそれも
そんなことはありません。

社会人になってから初めてそういう経験をする人もいれば、
30歳、40歳になってから
初めて恋愛を経験する人だって
いるでしょうから、
その点はあまり気にしなくても良いのです。

ただ、出会える可能性としては
学生時代よりも狭まっているのは
事実ですから、その点は
現実として受け入れなくてはいけません。

何もしなければ出会えない

社会人になってからも、学生時代でも
そうですが、自分から何らかの行動を
しない限り、基本的に
出会いというものはないものです。
そのままずるずると年齢を重ねて
気付いたときにはもう、出会う出会わないの
年齢ではなくなってしまっている
可能性は十分にあります。

もちろん、自分自身が出会いなどを
全く求めていないのであれば
それでも全然かまいません。
生きて行くために必ず必須なことでは
ありませんからね…。

ただ、出会いを求めるのであれば
やはり、何らかのアクションを
起こさなければ、今の現状のまま
ズルズルと年月が流れて行くだけ、
というのもまた事実であるかとは思います。

相手から告白してきたりだとか
そういうファンタジー的なことが
起きるのは、本当にごくわずかな人間です。
いつかは誰かが、なんて思っていると
そのままずっと一人のままです。
出会いもありません。

まず、社会人になって出会いがないなぁ、と
思っている人は
現実を逃避せずに”これまで出会いが無かった”という
現実を受け入れる必要があります。
基本的にはこれまでも無かったのですから
これからも無いのがふつうです。

これまでと同じ過ごし方をしていれば
当然、これまでと同じように
何の出会いもない、
ということですね。

そのため、もしも出会いを望むのであれば
自分自身の行動を見直し、
アクションを起こさなくてはいけないのです。

職場内での出会いは難しい

まず、同じ職場に何年もいるような場合、
その職場での出会いは、基本的には
難しいでしょう。
特に、新しい人が入って来るようなことも
ないような職場の場合は
職場での出会いは諦めた方が良いでしょう。

何年経っても出会いがなかったのですから
その後何年経っても出会いがないまま
という可能性は非常に高いかと思います。
その場合は、職場内での出会いを待っているだけでは
いつまで経っても出会うことはできません。
職場の外に出会いを求める必要が
あるでしょう。

趣味の繋がりを探す

職場での出会いが期待できない場合に
関してはプライベートで出会いを
探すしかありません。

まず、一つの方法としては
「趣味での出会い」が挙げられますね。
自分に趣味があるのであれば
その関係のイベントだとか集まり
などに参加したり、SNSなどで
同じ趣味を持つ人間と接点を持ってみたり…。

そういったことから出会いの可能性を
探ることもできます。
もちろん、趣味の集まりですから
集まっている人間は出会いではなく
趣味で楽しむことを求めているので、
がつがつとすることはマイナスにしかなりませんが
そういった場所で繋がりを持つことが
出会いへの第1歩になる可能性は十分にあります

自分の人脈を利用する

職場での出会いが期待できない場合、
色々な手段を考える必要があります。
そのうちの一つが
「他の人を利用する」ということですね。

利用と言っても悪い意味ではなく、
誰かに紹介してもらったりだとか
そういった意味合いの利用です。

友達や家族を通じて、新しい
出会いを見つけることができるのであれば
そういった人たちを頼ってみるのも
一つの方法になるかとは思います。

婚活する

どうしても自然なかたちで
出会うのが無理なのであれば
婚活などをして
人工的に出会うしかないでしょう。

今の時代は婚活などをしないと
なかなか自然と出会うことのできない
時代になっているのも事実ですし、
恋愛感情を持ったとしても
相手にそのつもりが無ければ
何らかのアクションを起こすと
問題になってしまう可能性も
充分にあります。
今の世の中、恋愛する、ということには
色々なリスクが伴うのも事実ですからね。

そのため、もしもどうしても出会いが
無ければ婚活と言う
選択肢を選ぶのも一つの方法です。

と、言っても婚活にもいろいろな
種類があり、
結婚相談所のようなものから、
出会い系のようなもの、
色々な種類があります。
中には悪質なものも多く存在しますから
お金と時間をムダしない為にも
自分が利用するサービスをしっかりと
”選別”することも一つの
大事なポイントになります

無理をする必要はない

社会人になってから出会いが
無かったとしても、決して無理をして
出会いを探す必要はありません。

自分自身が出会いを求めているのであれば
話は別ですが
そうでないのであれば
自然に身を任せていても良いでしょう

出会いがあったらあった、
なかったらなかったでいいや、
ぐらいの考えの方が色々と気楽な部分も
あるかと思いますし、変に気負わなくて済む、
という意味では、そのぐらいに
リラックスしていた考えの方が
良いかもしれません。

もちろん、このスタイルだと
出会うことなく人生を終えることになる
可能性も十分にありますから
どうしても出会いが欲しい人には
向いていませんが、どっちでもいいや
ぐらいの考えの人であれば、
今の世の中、生涯独身だったとしても
別に悪い事でもありませんから、
あまり深く考えすぎないようにすることも
大事なポイントのひとつになるかもしれませんね。

まとめ

社会人になると、どうしても
出会いというものは減るものです。
こればっかりは仕方のないことです。

そして、現実の世界では、
多くの人が、自分から何らかのアクションを
起こさない限り「出会う」ことはできません。
待っていて出会えるような世の中では
ない、ということになりますね。

そこのところはしっかりと理解しておき、
出会いたいのであれば
それなりのアクションを起こすことは
大事なことになるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする