スイカ割りの注意点!ルール・用意するもの、気を付けるべき点を解説!

スイカ割り…

目隠しをしてスイカを割る、という
夏の定番のイベントです。

しかしながら、こういった
楽しいイベントでも
やり方を間違えてしまったり
危険な行為をしてしまったりすれば
怪我をしたり、トラブルの原因に
なってしまう可能性も十分に
考えられます。

せっかくの楽しいスイカ割りが台無しに
なってしまわないように、
しっかりと注意点は覚えておきましょう。

それほど、難しいことはありません。

スイカ割りのルールをおさらい!

スイカ割りに決められたルールというものは
存在していません。
スイカ割りを実施するメンバーで、
話合いをするなりして、決めれば良いと思います。

スイカを決められた場所に設置し、
チャレンジする人の目をかくし、棒を持った状態でスタート、
周囲の人がスイカの方向を案内しながら
目の見えない状態でスイカに向かっていく!
というのがスイカ割りになりますね。

制限時間だとか、目隠しの方法だとか
目隠し前にくるくる回るだとか
そのあたりについては、
自分たちで好きなように、決めて行きましょう。

用意するものは?

スイカ割りをするなら
どのようなものを用意すれば良いのでしょうか。、
基本的なものは、下記の通りです。

・スイカ
・棒
・目隠し
・スイカを食べるお皿や道具
・場所
・レジャーシートやダンボール

この6つを用意しておけば充分でしょう。
棒や目隠しなどに関しては、
自分たちでお好みのものを選びましょう。

「場所」については、
ある程度のスペースがないと
スイカ割りをする場合危険ですから
ある程度の広さの場所を
確保する必要があります。
また、車などが通る危険な場所では
実施しないようにしましょう。
交通事故などの懸念があります。

また、スイカ割りを終えたあとのことを考えて、
レジャーシートやダンボールをしき、
その上にスイカを置く、ということも
一つのポイントです。
地面に直に置いた状態でスイカを割ると
スイカが汚れてしまい、場合によっては
食べられない・不衛生な状態になってしまいます。

そうなってしまわないために地面に直に
置くのではなく、シートなどで対処を
するようにしましょう。

食器に関しては必要であれば用意
しておきましょう、
スイカ割りを終えたあとに
食べる際、重宝するかもしれません。

こんな点には要注意!

楽しいスイカ割りが一転して
辛い思い出になってしまう可能性も
ありますから、注意するべき点には
しっかりと注意しておきましょう。

どのような点に注意するべきかと言うと

・やる場所に注意
スイカ割りをやる場合はある程度のスペース
確保が重要になります
スペースがないと接触や、棒で人間を
叩いてしまったり、
近くに車が通っているような場所では
交通事故の危険性もあります。
必ず周囲の安全確保は行うようにして下さい。

・悪ふざけに注意
棒を持っている人間は、基本的に
”目隠し”をしていると思います。
そこで、悪ふざけをしないように
注意して下さい。
後ろから急に押したりだとか、
スイカに辿り着くまでの道に
なにか障害物を置いたりだとか、
嘘の方向を教えたりだとか、
そういったことには注意です。
転倒してけがをする可能性がありますし、
嘘の方向を教えた場合、棒で人を叩いてしまったり、
転落などの事故が起きたりする可能性もあります。
楽しくなってしまう気持ちは分かりますが
その点は注意しましょう。

・棒に注意
スイカ割りには棒を使うかと思います。
人によってどんなものを使うかは
異なるとは思いますが、少なくとも、
スイカが割れるぐらいの棒を使うわけですから
それで全力で人間を叩いたりすれば
怪我をしてしまうのは当然のことです。
周囲がふざけてスイカじゃない場所に
棒を持つ人を誘導したりすることは
避けなくてはいけませんし、
周りにいる人間も、叩かれないように注意しなくてはなりません。

・熱中症に注意
スイカ割りをする時期は基本的には
夏だと思います。
夏の外は、炎天下になっていることも多く
長い時間外に立っていると、熱中症に
なってしまう可能性があります。
「自分は大丈夫だろう」と油断するのではなく
こまめに水分補給をしたり、日影に避難したり
するなどして、熱中症にはならないように
注意をするようにしましょう。

注意点としてはこんなところでしょうか。
せっかくの楽しもうとしてやる行事だと
思いますから、変なトラブルを起こさないように
注意していきましょう。

また、スイカ割りをやる際の
子供たちの管理責任は大人です。
必ず、大人が何人か、ついて見ていてあげる
必要があります

子供たちは自分自身で判断できない部分も
ありますから、一緒にいる大人が
しっかり上記のような注意点を確認し、
トラブルを起こしてしまわないように
注意してあげるようにして下さい。

万が一何か起こってしまった場合には
すぐに対処できるよう、
必ず大人と子供で一緒に
スイカ割りをすることが大事になります。

まとめ

基本的なことばかりですから、大丈夫だとは
思いますが、スイカ割りのような
イベントでトラブルになってしまうと
非常に大変な思いをすることになって
しまいます。

しっかりと上記のような点には
注意しながら、スイカ割りを楽しむように
していきましょう。

なお、割ったスイカは、よほど汚れていない
限りは、食べることができるかと思います。
万が一汚れてしまった場合は、
その部分のみ削るようなかたちで
食べるようにしていきましょう。

上にも書いた通り、レジャーシートやビニールなどを
利用して、割ったスイカが汚れないようにすることも
大事になるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする