switch後継機の発売後、プレイステーション5はどうなる?

この記事は約7分で読めます。

ニンテンドースイッチの後継機発売後、
プレイステーション5はどうなるのかどうか、
この点を予測していきたいと思います。

プレイステーション5は現時点では
国内においては苦戦が続いており、
国内のゲーム市場はほとんど
switchの独壇場の状態が続いています。

実際に、数字でもそれがハッキリと現れており、
パッケージ版だけの売上とは言え、
ゲーム売上ランキングがほぼ全部がswitchソフト
(PS5だけが極端にダウンロード比率が高い、ということは
現代においてはありません)になっている他、
ハード自体の週間売上台数も、
これまでにswitchを上回った回数は
10回もあるかどうか、というレベルで
ほぼ全ての週でswitchを下回るなど、
完全に国内市場においては差がついてしまっている状態です。

では、switchの後継機登場後は、
この状況がどうなるのか、
これを、予測していきたいと思います。

※スイッチ後継機発売後
「今」のswitchはどうなるのかについては
switch後継機発売後、switchはどうなる?
記事のほうを参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

「PS5」が変わらないと苦しい

switchの後継機が出ても、発表だけでまだしばらくでなかったとしても
「PS5」自体が変わらないと国内市場では
非常に厳しい状況が続くと思われます。

と、言うのも国内では”この価格帯のゲーム機”はなかなか
ライト層に普及しないため、
今の価格のままでは、普及範囲がかなり限られてしまいます。

そのため、現行switchがこのままあと数年続いても、
PS5が国内市場のトップに立つのは困難だと思いますし、
switchの後継機にも当然、(後述する”後継機の自滅”がない限り)
苦戦を強いられるのは目に見えています。

国内においてはPS5は”今のまま”では未来は暗く、
価格を下げるか、現行モデルの価格はそのままに
スペックを落とし、余計な機能などを全て省いた
廉価モデルを発売するかしないと、
なかなか苦しい状況は続くと思います。

海外では確かに売れており、好調な部分もあります。
が、国内ではこの価格帯ではこれ以上の普及には
限界があり、PS5自体が変わらなければ苦戦は続くでしょう。

「今のまま」switch後継機が出たら…

今の状況のままスイッチ後継機が発売された場合、
PS5は”ますます存在感を失う”ことが予想されます。

国内の市場においてはswitchとswitch後継機の2つに
押される状態となっていき、
(スイッチの普及台数などを考えるとすぐに
 switch後継機への移行は完了しないと考えられるため、
 しばらくswitchとswitch後継機の2つを相手にすることに
 なるかと思います)
今よりもさらに売上の低下を招く可能性があります。

実際に”後継機の話題が公式から言及された後”でも、
未だにPS5はswitchの週間売上台数を毎週下回っている状態であり、
(通常、後継機がまだ発表されていないPS5と、発表済みのswitchなら
PS5の方が圧倒的に有利なのですが、現在は
まるでPS5の方が”次世代機間近”のような売上になってしまっています)
このまま後継機が出たら、
とてもではありませんが”相手にならない”状況に陥る可能性が高いです。

今のままスイッチの後継機が出れば
PS5は良くて”現状維持”、悪ければ”もっと売上ペースが落ちる”
という状況になる可能性があります。

いずれにせよ、このままだと
良くない状況になる可能性は高いでしょう。

性能もある程度上がることが予測されるため、
「switch後継機の方でソフトを出そう」というメーカーも
増えるでしょうし、
”PS5だけでしか遊べないソフト”が減れば
当然、よりPS5の需要は失われます。

スポンサーリンク

switch後継機が自滅した場合は拮抗する可能性も

ゲーム機の切り替えは非常に難しいもので、
過去に任天堂は、スーパーファミコン⇒64や、
Wii⇒WiiUの時に失敗しています。

特に、Wii⇒WiiUは大ヒット商品⇒絶不調になったので、
そういうことが起きないとも限りません。

また、SONYもPS2⇒PS3で失敗している過去があり、
ゲーム機の移行はどのメーカーにとっても
非常に難しいものなのです。

仮にswitch後継機が”移行に失敗”して自滅した場合、
プレイステーション5にとっては有利に
働く可能性もあり、
後継機が出れば”現行のswitch”は自然と弱まりますし、
その上でswitch後継機も上手く行かない、となれば
共倒れとなり、
結果的にプレイステーション5が国内市場でも
ある程度存在感を増す可能性はあります。

そうなっても、価格的に普及するユーザー層は
限られるため、switchのようなヒットは難しいとは思いますが、
”ある程度”は伸びるでしょう。

switch後継機の自滅…が起きるかどうかは未知数ですが、
一番そのリスクを引き上げてしまうのは
”価格”ですね。
仮に、万が一スイッチの後継機が5万とか、そういう高額な
価格設定になってしまった場合は
”一気に大転落”して自滅するリスクは非常に大きくなります。

後継機が出たことでswitchの足を引っ張り、
switch後継機は高くて売れない、という
最悪のパターンになる可能性はあるので、
任天堂としてはここの部分を最も注意しなくてはいけない部分に
なるかと思います。

特に任天堂ハードの中心となる一般ユーザー層は
”想像以上に価格にシビア”ですから、
5万ではswitchからの移行は進まないでしょうし、
”相当な苦戦を強いられることになる”かと思います。

そういう”自滅”が起きた場合は
switch後継機登場後、現行switchが弱まることにより、
「PS5は変化せずとも、多少立場を上げる」
可能性はあります。

値下げなどでのアピールをすれば好転の可能性も

switchの後継機が自滅せず、順調に発売された場合、
国内の市場ではPS5の苦戦は続くでしょう。

しかし、廉価モデルの発売や、値下げなどを行い
”コアユーザー層以外の層”へのアピールをすれば
逆に、飛躍的に伸びる可能性もあると見ています。

”何もしなければ”
国内では苦戦のままですが、
”主に価格面の対策をすれば”
国内でも一気に大化けできるハードではあるかと思います。

switchの後継機が引き続きヒットしたとしても
PS5が値下げなどをすることができれば、
”ライバル”としてお互いに数字を伸ばしていくことになる可能性は
十分にあり得ることです。

まとめ 考えられる3つの未来

switch後継機発売後、PS5には主に3つの未来が考えられます。

⇒何もせず、switch後継機が発売され、PS5も大きな変化なし
この場合はPS5は今と変わらず、日本市場では
あまり目立たない状況が続くことになり、
引き続き、switch系ハードの独壇場になると考えられます。

⇒何もせず、switch後継機が発売されたものの、switch側が躓いた
PS5は何も変化なしであったものの、switch後継機が
高額すぎるなどして、勝手に自滅した場合、
PS5の存在感は一定のところまで増す可能性が高いです。
この場合は、ある程度の存在感を出せるでしょう。

⇒PS5が値下げか廉価モデルなどの発売に踏み切った
この場合、PS5も国内でそれなりの存在感を
示せるかと思います。
その上、switch後継機が自滅した場合、
かなりの存在感を見せることでしょう。
ただ、値下げ幅が5000円だったり、小規模な場合は
あまり強い効果は得られないので、
大胆な価格帯の廉価モデルを出すなどしないと
厳しいのは確かです。

このような流れのいずれかになるかと思います。
どちらサイドにも”あまり変化なし”の場合は
現行switchとPS5との関係性とあまり変わらず、
国内ではswitch後継機の独壇場になると考えられますが、
PS5が値下げしたり、逆にswitch後継機が高すぎたりすれば
変化が出て来るかもしれません。

ゲーム関連記事トップに戻る
ゲーム関連のその他の話題は↑からご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました