ゲームの売上ランキングに「XBOX」のソフトがほとんどない理由は?

この記事は約6分で読めます。

ゲームソフトの売上ランキングを見ていると
任天堂ハードのゲームソフトや
プレイステーション系のゲームソフトはそれなりに
見かけるものの、
(今は特に任天堂ハードが多いですね)
「XBOX」のソフトはなかなかランキングで
見かける機会は少ないと思います。

”そんなに売れていないの?”と思う人も
中にはいるでしょう。

もちろん、日本国内においては
XBOXユーザーは海外と比べると少ないのも事実ですが、
それでも、売上ランキングに出て来ないことには
他の理由もあります。

その点について、見ていきましょう。

スポンサーリンク

売上ランキングは「パッケージ版」の売上

一般ユーザーでも確認することのできる
ゲームソフトの売上ランキングとなると、
現在では「ファミ通」などのランキングになりますが、
これは”協力店におけるパッケージ版の売上”になりますので、
ダウンロード版の数字は含まれていません。

もちろん、それでもパッケージ版が売れていないようなソフトは
ダウンロード版もそれなりにしか売れていませんし、
パッケージ版が売れるソフトはダウンロード版もそれなりに売れるので、
売上の判断材料には、十分になるデータですが、
一方で”ダウンロード版”のみしか発売されていないゲームに関しては
”仮にどんなに高い売上を記録したとしても”
売上ランキングには入ることができません。

集計がパッケージ版のみ、ということは
パッケージで30万、ダウンロードで20万売った場合、
ランキング上では”売上30万”となるわけです。

上でも書いた通り、パッケージとダウンロードが両方発売されていれば
全てのゲームで同じ条件ですし、
売上の目安にはなりますが、
ダウンロード版しか存在しない場合、

ダウンロード版 50万

の売上を記録したとしても、
パッケージ版のみの集計である売上ランキング上では
”ランキング圏外(売上0本)”ということになります。

まず、ゲーム売上ランキングのそう言った仕組みを
理解しておくことは、大切なポイントになります。

現在のXBOXはダウンロード中心

現在のXBOXは、日本国内においては特に
ダウンロード販売が中心となっており、
パッケージ版が発売されるソフトはごくわずかに留まっています。

また、XBOXにはサブスクの「ゲームパス」も存在していますが
当然これもパッケージ版ではないため、売上には含まれません。

そのため、XBOXのソフトが
ゲーム売上ランキングにほとんど登場しない最大の理由としては
”そもそも売上ランキングに参加できているソフトがほとんどない”
というのが、大きな理由になりますね。

パッケージ版が発売されないソフトがほとんどな以上、
そもそも参加しているソフトがほとんどなく、
ランキング対象外のソフトがほとんど=ほとんどランキングに登場しない、
と、そういうことになります。

スポンサーリンク

ランキング入りしたことはあるの?

XBOXのソフトがゲームの売上ランキングに
ランクインしたことはあるのかどうか。

これは、数自体は少ないですが、
当然ランクインしたことはあります。

特に「XBOX360」の時代には
それなりに売れているゲームもありましたし、
パッケージ版の存在するソフトも多かったために
ランキングでもXBOX360のソフトを見かけることはありました。

ただ、XBOXONE以降は、国内では売上が大幅に落ちてしまったことや、
パッケージ版自体の発売も少なくなってしまったため、
売上ランキングでXBOX系のゲームの名前を見ることは
ほとんどなくなってしまいました。

XBOXSeriesになって、売上は多少回復したものの、
既にパッケージ版が発売されるソフトが減ってしまった以上は、
なかなかランキング入りできる機会を失いつつあるのも事実です。

ただし、それでも”全くランクインできない”と、いうことではなく
XBOXSeriesの「ディアブロⅣ」はファミ通のランキングにおいても
ランクインするなどしていました。

実際のところは売れているの?

では、ランキングに登場しないだけで、
XBOXのソフトは実際に売れているのかどうか、
という点については
”ランキングから抱くイメージ以上にはそれなりに売れている”とは
思います。

ただ、具体的なデータが出て来ることは少ないので、
あくまでも”売れている可能性が高い”と、いうことまでしか
言えません。

しかし、日本国内においてはニンテンドースイッチや
PS4/PS5と比べると普及台数自体に違いがありすぎますし、
他の機種に比べると、やはりその売上は厳しい、というのも現実になります。

特に、ニンテンドースイッチとは”売上台数”の視点で見ると
非常に大きな差がついていますし
ソフトの売上を見ると、雲泥の差があります。
(これはスイッチとPS5を比較しても同じことが言えますが)

そのため”ある程度は売れているものの”
日本では、売上数字だけを見ればやはり”厳しい”というのは
事実であるかと思います。

XBOXソフトの売り上げを知る方法はあるの?

XBOXで発売されたソフトの売上を知る方法は
あるのかどうか。

これに関しては、一般ユーザーの立場からすると
”難しい”のが現状になります。

パッケージ版が存在する数少ないソフトについては
それなりに売れれば
パッケージ版の売上本数だけは
ファミ通売上ランキングで判明しますが
ダウンロード版を含めた売上本数となると、
それを調べる方法は
”メーカーが公式発表をする”以外にはありません。

もちろん、メーカーによっては売上を公式発表するケースもありますが
”XBOX版だけ”の売上ではなく、全機種合わせた売上になっていることも
多かったり”全世界で何百万本突破”のような、
日本国内での売上本数は分からないような書き方だったり
するケースも多いため、
なかなか”国内のXBOX版の売上”を調べる方法はありません。

ゲーム販売店には
”販売店向けの売り上げ情報”も来てはいますが、
やはりそれもダウンロード版を含めた数字ではなかったため、
知っているのはメーカー関係者だとか
そういうレベルに限られるかと思います。

スポンサーリンク

ダウンロード版を含んだ集計はしないの?

これに関しては”難しい”と思われます。

と、言うのも、ダウンロード版を含んだ集計をするためには、
各ゲームメーカーや、あるいは任天堂やSONYなどから
ダウンロード数のデータなどを提供して貰う必要があり、
販売店各自の協力とは訳が違ってくるので、現実的には
実現は難しいと考えられます。

各メーカーベースであれば
”協力したくない”メーカーも出て来ると思いますし、
任天堂やSONYなどが、勝手にストアの売り上げ情報を、
メーカーの同意を得ずに、ファミ通などのゲームメディアに提供することも
難しいでしょう。

そうなってくると”販売店”が協力してくれていたのとは
また事情も異なってきますし、
ダウンロード版を含めたゲームの売上ランキングを
ファミ通やメディアクリエイトなどの会社が出すことは
かなり、難しいのではないかと考えられます。

できるのであれば、とっくにやっていると思いますし、
(ファミ通はたまにDL版売上も出していますが)
現状では、実現は難しいものなのでしょう。

まとめ

ファミ通などの、一般ユーザーでも確認できる
売上ランキングは、パッケージ版の売上となっているため、
ダウンロードが中心のXBOXソフトは
ほとんどランキングに登場することがない、というのが真相になります。

もちろん、DL版込みで集計だったとしても
日本国内ではなかなか厳しいのは事実ですが、
それでも今よりかはランキングで見かける機会も
多いのではないでしょうか。

ゲーム関連記事トップに戻る
ゲーム関連のその他の話題は↑からご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました