ゲームのパッケージ販売とダウンロード販売の長所と短所

その他

店員Kです!

ゲームソフトと言えば、昔は
パッケージ販売だけでしたが
最近ではダウンロード販売という形式も
出てきています。

時代は変わったものですね。
昔は、ゲーム店に行って、パッケージのソフトを
手にとって購入する、というのが当たり前でしたが、
今はネット上からゲームをダウンロードして購入して、
そのまま遊ぶ、という「ダウンロード購入」という形式も
多くなっています。

ダウンロード購入の場合は、商品として手元に
残らず、データだけを購入する、というそういう
ことになるわけですね。

パッケージ販売が好きな人も居れば、
ダウンロード販売が好きな人も、今の時代には
いるかと思います。

では、それぞれの長所と短所を見ていきましょう

パッケージ版とダウンロード版の長所と短所

ゲームソフトのパッケージ版とダウンロード版には
それぞれ長所や短所があります。
どちらもカンペキな存在ではない、ということですね。
今後も、ダウンロードが100パーセントになることは
無いと思いますし、
パッケージ版とダウンロード版は、上手くすみ分けされていく
ことになるのではないでしょうか。

それでは、それぞれのメリットと、デメリットについて
順番に見て行きましょう。

パッケージ販売のメリット

まず、パッケージ販売のメリットから見て行きましょう。
パッケージ販売の最大のメリットは
「物体が手に入ること」ですね。
ダウンロード販売の場合は、物体として手元には
残らず、あくまでもデータのみを購入するかたちになります。

ですが、パッケージ販売の場合は、実際に「モノ」として
手に入れることができる。
これが一番のメリットになりますね。
手元に置いておきたい人だとか、コレクションしたい方、
ダウンロードなんて良く分からない!という方などなど
需要はまだまだパッケージ中心でしょう。

また、売却ができたり、中古を購入できるのも魅力の一つですね。
ダウンロード販売のソフトは「このゲームつまらない!」と思ったり
「もう飽きた」と思ったとしても売却することはできません。
が、パッケージであればお店に売るなり、オークションに
出品するなりして「売却」することができますからね。

加えて、中古を購入できるのも魅力です。
ダウンロード版もセールなどを実施していることはありますが、
中古商品ほど安くはならない場合がほとんどです。

最後にもう一つメリットを挙げるとすれば、
融通性が聞くことですね。
パッケージ版であれば、本体が壊れたとしても、
セーブデータのことを考えなければ次の本体でも
そのまま使うことができますし、
人との貸し借りも可能です。
ダウンロード版に関してはそういうこともできませんからね。

おまけで、これは別口ですが、
ゲーム販売店にとっては、パッケージ版の方が
ありがたいでしょうね。
ダウンロード販売が促進されると、
ゲーム販売店からしてみればたまったものではないです

パッケージ版のデメリット

パッケージ販売のデメリットとしては、
カタチある物体だからこそ、場所を取る、ということですね。
前述のように「カタチとして持っておきたい人」にとっては、これは
メリットなのですが、そうでない人にとっては、
逆にデメリットにしかならない要素ですからね…。

また、ゲームをプレイする際に、ダウンロード版であれば
そのままプレイできますが、パッケージ版の場合はディスクやカセットを
いちいち出し入れしなくてはなりません。
これが面倒、だという人も居るでしょう。

購入の手間・・・に関しては、今の時代はネットショップなどで
ポチッと押すだけで購入できるようになりましたから、
これに関してはダウンロード版とあまり手間は変わらないと
思います。

ダウンロード版のメリット

ダウンロード版のメリットとしては、やはり
自宅にいながらすぐに購入できることでしょう。
(ポイントなどは用意しておく必要はありますが)
場合によっては発売日当日の0時から遊べるケースなどもあり、
すぐに遊びたい人にはぴったりです。

また、カタチとしては存在しないわけですから、収納スペースを
とってしまうなどの心配もなく、スペース上も優しい販売形式といえます。
(カタチとして保存しておきたい人にとってはここは逆に
デメリットにもなりうる部分ではあるのですけどね…)
加えて、本体に直接ダウンロードしているわけですから、
ソフトの出し入れの手間がない、というのも大きなメリットの
一つにはなり得ますね。

パッケージソフトだと、ディスクやカセットを出し入れしないと
ゲームはできませんが、ダウンロード版であれば、そういった手間を
かける必要はありませんから…。

加えて、これはメーカー側の都合ですが、
小売店や問屋を通さずに販売出来る為、メーカーの利益としては
ダウンロード版の方が高い、というメリットや、
メーカー側としては在庫を抱えなくて済むと言うメリットもあります。

ダウンロード版のデメリット

ダウンロード版にも、もちろんデメリットはあります。

その一つが「物体が存在しない」ということですね。
これは、スペースなどを気にする方にとっては
メリットにもなり得ますが、手元に物体として
置いておきたい!という人にとっては、デメリットでしか
ないのも事実です。

また、物体として存在しないために、
中古で売却することができない、というのもデメリットです。
このゲームつまらない!と思っても、売ることができないわけですから、
その点は大きなデメリットになるでしょう。
カタチとして存在しないので、異なる本体同士で使うなどの
融通が利かないのも、デメリットの一つと言えますね。

ダウンロード版は、基本的に本体に保存するので、
本体の容量を浪費します。
本体容量が少ない場合は、これも厳しい点になるでしょうし、
本体が壊れてしまった場合には、データの移動などが
大変!という一面があることも否定できません。

あとはお店側の都合ですね。
販売店にとってはダウンロード版が増えれば増えるほど
売上的に苦しくなっていきます。
直接ダウンロードされれば、お店の売上にはなりませんし、
お店で販売しているダウンロードカードも、中古などで
買取ができない点から、パッケージ版に比べると、
遥かに辛いものであるのは確かです。

どれがいいの?

結局のところ、パッケージ版とダウンロード版、どちらが良いのか?
という質問に答えはありません。
好みは人それぞれですし、手元に取っておきたい!という人も居れば
とにかく手軽に遊びたい!という人も居るかと思います。
そのあたりは、本当に個人個人によって考えも違ってくると
思いますから、自分の好きな販売形式のものを
購入すれば良いのではないでしょうか。

中にはパッケージのみ、ダウンロードのみのソフトも
ありますが、それはそれで、考えましょう。

今後も、パッケージ・ダウンロードは上手く共存していくと
思います。全部がダウンロードになるなどという予測もあるみたいですが
少なくとも日本国内では、なかなかそれは難しいのではないかと
個人的には考えています。

まとめ

パッケージ販売にメリットとデメリットがあるように、
ダウンロード販売にもメリットとデメリットが存在する、
ということですね。
どちらも一長一短あるわけですから、
どっちが優れている、ということはなく、
自分の好きな方、自分にとって良い方を選べば
良いのではないかと思います。

個人的な話をすると、私はパッケージ派の人間ではありますが、
ダウンロード販売にはダウンロード販売の良い所も
あると思いますし、この辺は人れぞれの好みで
意見は分かれそうですね!