白内障とは?症状と原因から治療法までをまとめました!

店員Kです!

目の病気の一つに「白内障」というものがあります。
目の病気の中では、有名な部類の症状なので、
聞いたことのある方もいらっしゃるかと思います。

今回は、この白内障の症状や原因、治療法、検査方法などに
ついてまとめていきます。

私も、目の調子を今年に入ってから崩しており、
色々と調べて勉強してみました。

それも元に、簡潔に白内障についてまとめていきます!

スポンサーリンク

白内障とは?

目の水晶体が白く濁ってしまう症状のことで、
それに伴い、視力の低下などを起こしてしまう病気です。
目の病気の中では、よく聞く名前だと思いますので、
眼科などに行ったことがある方は、この名前を聞いたことが
ある方も居るかもしれません。

基本的な原因は加齢によるものが多いようですが、
その他の要因によっても、白内障を発症する場合はあるようです。
なお、水晶体が白く濁ってしまう現象の
根本的な原因については、解明されていないようです。

白内障の症状は?

白内障の症状や感じ方には個人差があるようで、進行速度も
人によってまちまちのようです。
主な症状としては「全体的に白く濁って見えるようになる」と
言うモノで、「光をまぶしく感じる」「視界がかすむような気がする」
「明るい時と暗い時で見え方が異なっている」「視力が低下する」
などの症状が挙げられます。

また、進行した場合などには「目の痛み」「目の疲れ」などを
伴うケースもあるようです。

白内障の原因は?

白内障になってしまう原因として、一番多いものが
「加齢」とされています。
加齢による白内障が最も多く、高齢になればなるほど、
白内障には注意しなくてはいけません。

その他の原因としてはアトピーなどの
その他の症状に合併した白内障や、先天性のもの、
目のけがなどを起因とした白内障、紫外線などによる
白内障などが存在するようです。
いずれも、加齢に比べると、その数は少ないですが、
そういったことが要因となり、白内障になる可能性も
あるということは覚えておいても、損はないと思います。

白内障の治療は?

白内障の治療薬と言うモノはザンネンながら存在しません。
そのため、初期状態などでは点眼薬によって、
白内障の進行を抑える対応が取られることが多いみたいですね。

症状が進行したり、場合によっては、
手術により対応します。
眼科系の手術の中では、白内障の手術は比較的安全なもので
あると言われていますが、やはり手術であることに変わりはありませんから、
100パーセント成功するわけではない、というのも事実のようです。
成功確率は非常に高いとは言え、
最悪の場合は失明などのケースもあるようなので、
もしも手術を行う場合は、担当の先生としっかり話し合いを
する必要があります。

白内障の手術に関しては、ご高齢の場合は、見送るケースも
あるようです。
実際に、私が大病院の眼科の診察を受けた際に、近くに居た
おじいさんは眼科の先生から
「(年齢も考慮して)このまま手術をしないという選択もある」と
お話されていました。
このあたりは、担当の先生の判断によりますね。

白内障の検査方法は?

白内障と診断するための検査は
視力検査と顕微鏡による検査を行います。
視力検査だけでは、通常の視力低下や、白内障とは別の原因による
視力低下である可能性もありますから、白内障と断定することは不可能です。

細隙灯顕微鏡と呼ばれる顕微鏡で検査を行うことで
白内障の判断を行うことが多いようです

また、手術前などには、眼底検査(散眼薬を使って瞳孔を開いて検査します)を
行って、他の病気がないかどうか、手術によりどのような回復が
見込めるかどうかなどを検査する場合もあるようです。

いずれにしても、素人が自己判断で
「これは白内障だ」と判断することは難しいです
色々なサイトに「こういう場合は白内障かも?」みたいなことが
書かれていますが、それも、あくまでも一般論的なお話であり、
あなたの目を直接診察したわけではないので、確実なことは言えません。

最終的には、近場の眼科の診察を受けて
判断してもらうしかありません。
心配な点があれば、白内障に限らず、まずは眼科を訪れる、ということは
とても大切なことです。

白内障を放置しておくと…

白内障を放置するとどうなるのか。
白内障は、限界まで放置しても、手術が上手くいけば
視力が回復する、と言われています。
ただし、放置すればするほど、他の病気を併発したりだとか、
色々と手術に対して不利な一面が増えていきます。

初期症状の際などに、あせって手術をするようなものでは
ないようですが、やはり、眼科の先生の判断で
「そろそろ手術も考えた方が良い」となるのであれば
考えた方が良いと思います

かなり進行してからでも、回復は望めるようですが、
やはり、リスクは高まりますからね…。

また、最悪の場合は、白内障でも失明に至る場合は
あるようなので、そこまで放置してしまうようなことが
ないように気を付けましょう。

まとめ

白内障の多くは加齢に伴うものが原因です。
多くは、慌てるほど緊急性の高いものではなく、
経過観察をしながら、必要に応じて手術を行うような
治療になっていくかと思います。

いずれにせよ、目に異変を感じたら、すぐに眼科を受診することが
大切です。
白内障以外の目の病気もたくさんありますし、
目は人間に2つしかないとても大切なものですから
何かあってから後悔したのでは、遅いのです。

不安を感じたらまず、眼科を受診しましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする