ドライアイの症状と原因!ドライアイの対策と治療法を知る!

健康関連

店員Kです!

皆様は目の病気の1つ、ドライアイというものをご存じですか?
失明につながる危険などは低いですが、
ドライアイになってしまうと、色々な目の不調を招いたり、
する場合もあり、しっかりとした治療が必要になってしまう
目の病気の一つです。

今回は、このドライアイの症状や対策についてをまとめていきます。
なお、最終的な診断や治療は、しっかりと眼科で行うことが大切なので、
あくまでも目安としてご覧ください!

ドライアイとは?

目にとって大切な涙の量が減ってしまったりだとか、
涙のバランスが崩れてしまった状態のことです。

涙の量が減ったり、バランスが崩れてしまうことによって、
目が乾燥するなどの症状を招き、
場合によっては、さらに別の症状なども加わり、
目の調子を崩してしまうのが、ドライアイというものになります。

ドライアイになってしまった場合は、眼科を受診するのが
第1ですが、自分がドライアイかどうかを判断できるのは、
最終的には医師の方になります。
もしかすると他の目の病気の可能性もありますし、
ドライアイなどではなく、単なる目の疲れという可能性も
十分にあるのです。
目に不安を感じたら、まずは眼科に行くことが大切ですね

ドライアイの原因は?

ドライアイの原因としては、
スマートフォンやパソコンなどによる目の酷使から
コンタクトレンズの使用、夜更かし、乾燥している部屋に長時間いる、
エアコンの使用などが挙げられるようです。

これらが原因となることで、
涙の量が減ってしまったり、涙のバランスが崩れてしまったりしてしまい、
ドライアイと呼ばれる状態になってしまう、ということになります。
これらを、予防することが大切なポイントになりますね。

ドライアイの症状は?

ドライアイの症状としては、目の全体的な不調、ということになります。
どの症状が出るかは人によって異なり、
決して下記に記す症状が全て出てくる、というわけではありません。

代表的なものは目の渇きを感じる症状ですね。
名前からも一番連想しやすい症状だと思います。

しかしながら、ドライアイの症状はこれだけにはとどまらず、
目のかゆみ、目のゴロゴロ、目の疲れ、充血、視界のかすみ、
目が痛い、目やに、などの様々な目の症状が出る可能性があります。

一見すると、ドライアイなのか、それともただ目が疲れているだけなのか、
それとも他の目の病気なのか、
それらを判別することが非常に難しいのも事実ですから、
気になる症状がある場合は、眼科に行きましょう。

ドライアイを自己判断することは、非常に難しいですし、
困難だと思います。

ドライアイの診断は?

眼科で患者の症状に合わせて検査などを行い、
ドライアイと診断されるかたちになります。

↑のような症状があり、それが長期化して気になる場合は
まずは眼科に行くべきでしょう。
そのままドライアイである可能性もありますし、
目の他の病気である可能性、ただ単に目が疲れているだけの
可能性、色々な可能性が考えられます。

また、目の不調は、目そのものではなく、脳や視神経を
起因としている場合も考えられますから、
まずは、眼科での検査です。
眼科がドライアイと診断を下したのであれば治療を
続けて行けば良いですが、自己診断を下してしまうのは極めて
危険ですから、注意です。

ドライアイの治療は?

では、ドライアイになってしまった場合は
どのように治療していくのでしょうか。

ドライアイの治療は基本的に、目薬で行われます。
眼科にはドライアイ専用の目薬なども存在するので、
それらを眼科医の指示によって用いることで、
ドライアイを治療していきます。

また、点眼薬で効果が出ない場合は涙点プラグという方法で
ドライアイの治療を行うこともあるようです。

市販のドライアイ用の目薬なども存在しますが、
症状が確実にドライアイのものとは限りませんし、
仮にドライアイであったとしても、その目薬をしばらく
使用してみて、効果が得られない場合は、
眼科医の治療を受けることが最優先事項だと思います。

ドライアイの予防

ドライアイにならずに済むのであれば、誰だって
ドライアイになど、なりたくないはずです。

ドライアイの対策としては
パソコンなどを使用する際の画面との距離や角度などに
気を付けること、
そして、まばたきの回数が減ることも目に悪影響を
及ぼすので、意識的にまばたきをすることなどを
心がけていきましょう。

また、長時間続けてパソコンやスマートフォンを使用する際は
当たり前のことではありますが、定期的な休憩を
挟むようにして、目を疲れさせないようにすることが大切です

また、エアコンの風が直接当たるようなことを避けたり、
自分の要る部屋を乾燥させないようにすることなども、
ドライアイになることを防ぐための
大切なポイントの一つとなりますから、注意しておきましょう。

まとめ

ドライアイは、目の全体的な症状が出る、ということになります。
全ての症状が出るわけでは無くて、人によって
色々な症状が1つだったり、複数だったり出てくる、ということですね。

ただし、ドライアイの自己判断は非常に困難です。
眼科医があなたの目を、直接見たりでもしない限り
ドライアイかどうか、それとも別の何かなのか、診断することはできません。

私のような医療関係者では無い人間が書いたものもそうですし、
仮に、医学界の第1人者が書いたようなドライアイの記事でも同じことです
「あなたの目」を見た訳ではないので、結局は憶測にすぎず
答えは出てきません。

不安な場合、目に違和感のある場合は、必ず眼科を受診するようにしましょう。