女性問題で職を失う可能性も?恥ずべき事態を起こさないために。

恋愛・人間関係

店員Kです!

会社でも公人でも、世の中の男性には
女性関係がだらしなく、女性問題で職を失うような
ことになる人がいるのも事実です。

これには色々な意見があるとは思いますが、
これは、不可抗力で巻き込まれてしまうようなことは
基本的にはなく、結局は自分の意思の弱さ、
そして、慎重さの欠如が招く恥ずべき事態だと思います。

軽く考えている人も居るかもしれませんが、
女性問題で職を失ったり、人生終了状態になってしまったり
する人も本当に存在します。

そんな恥ずべき事態を引き起こさないために、
何を心がければ良いのか、それを書いていきましょう。

人間関係は慎重に

男性女性に限ったことではなく、人間関係には慎重に
なるべきです。
得に、男性は、女性問題に特に注意しなくてはなりません。
会社などでもそういうことが原因で失脚している人は
実際に存在しますし、
公になっている公人も、今まで何人もの人間が、
こういった問題で辞任したり、辞職したりしているのは
一度ぐらいは見たことがあるかと思います。

色々意見はあるかと思いますが、
少なくとも、人生に傷をつけてしまうことは事実ですし、
相手の方にとっても申し訳ないでしょう。
(相手が悪い場合もあるとは思いますが)

ですが、結局、最終的には
自分の意思の弱さ、それが招いてしまう事態で
あることはたしかです。

では、どのような点に気をつければ良いのか、
そして知っておくべきことは何か。
それを見ていきましょう。

相手との関係性に問題はないかを考える

もちろん、全ての関係を否定するわけではありません。
普通の恋愛関係だったりすれば、
別に問題になることはないでしょう。
サラリーマンが恋愛をしてはいけない、なんてことは
ありませんし、
公人であっても、会社や事務所などで禁止されていない場合は
恋愛をすることぐらいは問題ないでしょう。

ですが、それはあくまでも合法の範囲内での話です。
もしも、女性との仕事以外での関わりがあるのであれば
客観的に、法律上問題ないかどうかを考える必要があります。
お金関係、浮気の有無、相手の年齢などなど、
考えるべきことは色々ありますね。

この時、”少しでも怪しい”と思うのであれば
ただちに関係を解消するべきですし、
本来、最初から関係を持つべきではありませんし、
法律上はアウトではなくても、
”周囲の人に話せるかどうか”を考えてみて、
少しでも”批判されそう”だとか、”恥ずかしい”だとか、
思うのであれば、その関係は客観的に見て、
アウトになる可能性が高いです。

自分の持つ関係が、世間的に見てどうかを自分で判断するのは
なかなか難しいですが、一つの判断基準として、
自分の女性関係を、
”周囲の人に言うことができるかどうか”を考えてみると
良いかと思います。

言うことが出来ないのであれば、
それは、自分では自覚が無くても
心のどこかで”問題がある”と思っているのです。

誰が見ているか分からない

ばれなきゃいいだろう、と安易に考えている人や、
自分は絶対にばれない、という根拠の全くない自信を
持っている人なども居ると思います。
しかし、それは甘い考えです。
世の中、誰がどこで見ているか分かりませんし、
いつ、どこで情報が流れるか分かりません。

例えば、テレビにも出る公人の方であれば
週刊誌を代表として、いつだれがどこで見ているか
なんて分かりません。

そして一般人の方でも、知り合いがどこかで
たまたま見かける可能性もありますし、
相手女性から情報が流出する可能性だってあるのです。

100パーセントばれない、ということはあり得ません。
常に、リスクを背負うことになります。

発覚した場合のリスクを考える

問題のある関係を持っている場合、
もしくは関係を作ろうとしている場合、
”もしも発覚したら自分はどうなるのか”そして、
”周囲にどのぐらいの迷惑をかけてしまうのか”
これを、よ~く考えるべきです。

社会人にもなっていれば、大体の予想はつくはずです。
そして、もしも発覚したら、実際にそうなるわけです。
最悪の場合、今の職を失い、人生もが滅茶苦茶になってしまうかもしれない。
一時の安直な考えで、そうなってしまっても本当に
良いのでしょうか?
自分で自分の負うことになるリスクを良く考えてみるべきです。

好きになったものは仕方がないというのは通用しない

よく、女性関係などで問題を抱えた人の中には
開き直るものも居ます。
人間同士が好きになるのは仕方がない、みたいな言い訳。

しかし、世間においてこれは通用しません。
好きになるのは良いでしょうし、問題のない付き合いなら
問題になることは無いでしょう。
ただし、何らかのブラックな点やグレーゾーンな点が
ある場合は、そうではありません。
ダメなものはダメなのです。

本能に任せて恋愛するのであれば、サルやチンパンジーと同じです。
人間なのですから自制心を持つべきですし、
自分の立場などをよく考えてみることです。
普通であれば自制心が働くはずです。
男性は、女性関係で暴走してしまう人も居ますし、
それは恥ずべき事ですから、
しっかりと駄目なものはダメ、という自覚を持つべきです。

”好きになったものは仕方がない”などという屁理屈は
通用しません。

相手から来た場合もきちんとNoと言う

相手から接近してきて親密な関係になった場合は仕方がない、
そう言う人も居るかもしれません。
ですが、その言い訳も通用しません。
どんなに相手が積極的に仲良くなろうとしてきたとしても、
それを断ることはできるはずです。
Noと言えない時点で、だらしがない、社会人としての
自覚が足りない、意思が弱い。そういうことです。
ここはバッサリと断言します。

相手から近づいてきたから…というのであれば
その人が「飛び降りろ」と言ったら飛び降りるのでしょうか?
そうではないはずです。
最終的に決断したのは自分自身。

ですから、そんな言い訳は通用しません。

一般的な関係以上に、仲良くなろうとしてくる人が
居るのであれば自分から距離を取ったりすれば良いですし、
立場上、相手が脅して来たりするのであれば、
録音するなりして、然るべき対応を取れば良いだけのことです。

恥ずべきことという自覚を持つ

女性問題を軽く考えている男性社会人も多いですが、
恥ずべきことだという自覚をしっかりと持つべきです。
この辺り、甘く考えている人が多すぎます。

”誤解されるような行動は一切しない”
少なくとも、私はこうするべきだと思いますし、
自分の人生を守るためにも、周囲の人間に迷惑をかけないためにも
そうあるべきだと思います。

一度必要以上に親密になりすぎれば、関係を解消するのも
難しくなります。
相手が機嫌を損ねて情報を流す可能性もあるためです。

この辺りは本当に軽く考えている人も多いので、
もっと”慎重に”なるべきだと思いますよ。

一番安全なのは
”女性との関わりを持たない”というのは極論ですが、
少なくとも、不適切だと少しでも感じる関係は
作らない、関わらないことをおすすめします。
特に、会社の上の方の立場だったり、公人だったりする方は
要注意です。

他に安らげることなんて、探せばいくらでもありますよ。

まとめ

女性問題を抱えて失脚する男性。
これは、本当に恥ずべきことです。
恋愛は自由です。
ただし、倫理的に問題があったり、法に触れるようなものは
自由ではありません。
表舞台から引きずり降ろされます。

厳しいようですが、物事をしっかりと考えて行動できないようであれば
それはサルやチンパンジーと同じです。
自分の行動をしっかりと顧みるようにしましょう。

もちろん私も、お店の店長と言う立場だったので、
この点には、細心の注意を払っていました。
余計な誤解を生むような行動や、問題のある行動、関係は
持ってはいけませんし、持たないべきと自覚しましょう。