仮想通貨とは何か?知らない人が疑問に抱きそうなポイントを解説!

店員Kです!

最近は「仮想通貨」という言葉をよく耳にするように
なった方も多いかと思います。

ですが、知らない方からすれば仮想通貨とは何か?と
思ってしまうと思いますし、
どうやって手に入れるのか?どこで使えるか?など
色々疑問に思う方も多いと思います。

今回は、全く知らない方向けに、仮想通貨について
ご説明してみます。
知らない方向けに書くので、知らなくても分かるよう、
なるべく分かりやすく書きたいと思いますので
詳しい方からすれば「もっと深い意味がある!」だとか
思われるかもしれませんが、その点はご了承ください!

なお、仮想通貨の取引を始める方向けではなく、
あくまでも「仮想通貨って意味がわからん!」という方向けに
書いていきます!

スポンサーリンク

仮想通貨とは?

まず、最初にここですね。
仮想通貨とは何か?言葉は良く聞きますが、実態を知らない、
という人も多いかと思います。

仮想通貨とは特定の国の保証がない、電子上でやりとりされる
通貨のことを言います。
データ上としての存在でカタチとしては実在せず、
暗号技術を用いたセキュリティ探索なども行われており、
「暗号通貨」とも呼ばれます。

乱暴に例えるならば「ポイントカードのポイント」
みたいな感じだと思っていただけると
仮想通貨に全く馴染みのない方でも少しはイメージが
湧くかな、と思います。

それでは、仮想通貨の色々な点について、
ひとつひとつ見ていきましょう。

どんな形?

仮想通貨はお金のように「紙」だったり「硬貨」だったり
するわけではありません。
ネット上にデータとして存在しています。
そのため「実体」としては存在しません。

普通のお金のように手に持つことはできない、ということ
ですね。
この点も各種ポイントカードのポイントみたいなものだと
思っていただければ分かりやすいかと思います。
ポイントも、カタチとしては存在しませんが、
電子上に存在しています。
私生活に当てはめるのであれば、そんな感じです。

実体としては存在しないので、
どんな形をしているか?ということに対する答えは
「無」といったところでしょうか。

何に使えるの?

仮想通貨、仮想通貨と言われても、
仮想通貨が一体何に使えるのか?
そう思う方も多いと思います。
確かに、日常生活の中ではなかなかイメージが湧きませんよね。

利用方法としては、他の法定通貨に交換したり(日本円など)、
ネット上でのサービスを利用したり、
あとは全体で見ればごく一部ですが、お店の決済などにも
使える場合があります。

ただし、一般的に目を向けてみればほとんどのお店で
仮想通貨を支払に使うことはできません。
当然、税金の支払いなどにも利用することはできませんし、
直接的に仮想通貨を利用できる場所は少ないのが現実です。

買い物に使う、という点では、利用できる範囲は狭いです。

ではなぜ持っている人が多いの?

仮想通貨の価値は日々変動しています。
例えば、価値が低い時に仮想通貨を購入し、
価値が高くなったら日本円に戻す、などなど
そう言った方法で利益を出すことができます。

違いは色々あれど、株と同じようなものだと
考えてもらえれば分かりやすいと思います。

株よりも手軽に始めることができるので、
若者なども多く利用していて(私の知り合いもやっています)
運用次第では、多くの利益を出すことができるので、
仮想通貨の世界に飛び込む人も多いのです。

どうやって手に入れるの?

仮想通貨を手に入れる方法。
仮想通貨は法定のお金ではないため、銀行などで両替だとか
そういうことはできません。
「取引所」と呼ばれるところに登録を行い、
取引所にお金を入金し、好きな仮想通貨を購入する、という
かたちになります。

そのため、もしも皆様が仮想通貨が欲しい!ということであれば
取引所に登録して、購入する、という流れになります。

取引所にもよりますが、取引所の登録は
メールアドレスと身分証明書の提示が必要になります。
これらの提出後に、本人確認のためのハガキが届き、
それを確認すれば登録完了、取引開始、という流れになります。

取引所とは?

上で「取引所」と書きましたが、そもそも取引所とは何だ?と
なると思います。
取引所とは仮想通貨の取引を行うところで、
主にウェブサイト上でのやり取りになります。

最近ではコインチェックという取引所が
CMをやっていたり、流出が起きたりと色々話題に
なっていたのはご存じかと思います。
そのコインチェックが取引所の1つです。

コインチェックだけではなく、他にも多数の取引所が
存在しており、そこで、仮想通貨のやり取りを行います。

基本的に銀行のように施設として存在するわけではなく、
ネット上のサイトとして存在している、という感じになります。

取引所は多数存在するので、
複数の取引所に登録している人なども多いみたいですね。

安全なの?

安全かどうかで言えば、リスクもあります。
例えば、購入時よりも大幅に仮想通貨の価値が下落して
大損することもあります。
(このあたりは株と同じですね)

また、取引所が攻撃されるなどして、
仮想通貨が奪われる
(物体としては存在しませんが、データを抜く、みたいな感じです)と、
最悪の場合、補償も行われずに、そのままパーに
なる可能性もあります。

実際にコインチェックの件をはじめ、
仮想通貨の流出事件などは何回か起きているため、
「確実に安全か?」と言われれば「そうではない」と答えざるを
得ないのも現実です。

かと言って「危険か?」と言われれば
危険、というわけでもありません。
ただ、リスクがあるのもまた事実です。

仮想通貨の種類

仮想通貨、とひとくくりで言っていますが、仮想通貨にも色々な
種類があります。
全世界では1500種類以上あるとまで言われていますが
中には怪しいものや脆弱な仮想通貨もあるようです。

国内では主に10種類ちょっとが取引されており、
ビットコインが一番有名でしょうか。

他にNEMやモナコインなど、聞いたことがある人は
聞いたことがあるかもしれない、いくつかの仮想通貨が有名です。

仮想通貨によって価値が異なるので、
そのあたりもしっかりと見極めていかないといけないカタチになります。

仮想通貨の種類は、今後も増えるかもしれませんし、
今人気のビットコインも、今後どうなるかはワカリマセン。
ずっと残りつづけるのか、新しい仮想通貨が台頭してくるのか。

仮想通貨をやる場合は、動きをしっかりと見極めて
早めの判断をすることも大切になってきます。

仮想通貨が主流に?

時々、今後日本円ではなく仮想通貨が主流になる!みたいなことも
言われていますが、
それは流石に無いでしょうから仮想通貨をやっていない方は
心配しなくても大丈夫です。

日本円が使えなくなったりだとか、
仮想通貨のみのお支払になります!だとか、
そんな風になることは一般のお店では無いと思いますから
(国が潰れる、とかイレギュラーなことがある場合は除きますが)
「今後は仮想通貨持ってないとやばいかも」だとか、そこまで
気にする必要はありません。

チャレンジしてみたい人はチャレンジすれば良いですし、
そうでない人は、特に気にしなくても大丈夫です。

まとめ

仮想通貨って何だか全く分からない!という方にも
少しは伝わりましたでしょうか。

かなり大雑把に考えるのであれば
株のようなもの、だと思っておいて良いと思います。

色々なところで耳にするようになった仮想通貨。
別に「持っていないといけない!」と言うわけではないので
その点は安心して下さい。

仮想通貨に手を出すかどうかは個人の自由です。
チャレンジしてみても良いですし、
やはり円だろう、でも全然良いのです。

自分で興味があるなら、手を出してみるのも良いかもしれませんね。
ただし、自己責任にはなるので、よく勉強して、手を
出すようにしましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする