義理チョコは無駄!無駄な義理チョコの費用を削減する方法5つ!

店員Kです!

バレンタインデーに義理チョコを配る…
なんて人もいるかと思います。

本命チョコならともかく、義理チョコにお金を
かけるのって、なんか無駄遣いしているような
気がしてしまう人も居ると思いますし、
「義理チョコなんてやめたい」と思っている方も
たくさんいるとは思います。

そんな、無駄遣いな義理チョコで、
なるべく費用をかけない方法を色々と
書いていこうと思います!

義理チョコの無駄な費用を徹底的に
削減していきましょう!

スポンサーリンク

義理チョコはお金の無駄遣い

実際のところ、そうですよね。
義理チョコを配る、という風習自体が、あまり
金銭面を考えると、良くないものであるのは確かです。

渡された側も、今度はホワイトデーだ、なんだので、
お返しを考えたりしなくてはならないので、
かえって、負担になることもあるのです。

で、お返しを渡す側もお金を消費する。

バレンタインデーはチョコ業界の陰謀!なんて話は
このあたりから来ているのでしょう。

義理チョコを渡す側も、お返しする側も、
結局のところ、お金を使うことになり、
特をしているのはチョコ業界だけ、ということになります。

バレンタインデーそのものをチョコ業界の陰謀!だとか
全然思いませんが、義理チョコは「あぁ、上手く出来てるな」とは
思ってしまいます(汗)

義理チョコの費用削減!

義理チョコの費用を削減する方法はいくらでもあります。
もちろん、義理チョコをあげたい人はどんどん義理チョコを
あげれば良いと思いますし、逆に、義理チョコなんてやってられるか!
という人はあげなくても良いですし、費用を削減しても良いと思います。

そのあたりは完全に自由ですね。
ここから先は「義理チョコに対して乗り気ではなく」、
「なるべく費用を削減したい」と思っている方向けに
アドバイスを書いていきます!

義理チョコ配り楽しい~~って方にはあまり関係の無い
話題になってしまいますが、そのあたりはお許し下さい!

①チョコを配るのをやめる

そもそも、義理チョコを配らなくてはいけない、という方が
オカシイのです。
義理チョコを配らなくてはならないなんていうルールはどこにも
存在しておらず、
義理チョコを配るも、配らないも自由です。

なので、義理チョコの費用削減の一番の方法としては
「義理チョコそのものをやめる」
この一言に尽きます。

配布をやめれば、
義理チョコに回す分のお金は浮きますし、義理チョコを
貰う側の人間も、案外、義理チョコを貰うことなく、
ホッとする人も居るかもしれません。

と、いうのも義理チョコのお返しって結構面倒臭いものです。
返さなきゃ返さないで何か言われるかもしれませんし…
「別に頼んでないよ…」と言う人もたくさんいますし、
義理チョコをやめても、案外周囲は何とも思わないものです。

とあるメーカーが
「日本は義理チョコをやめよう」などと言いましたが、
本当にその通りです。
義理チョコは、もちろん貰って喜ぶ人も中には居るのでしょうけれど
「面倒くさい」という人も多い風習です。

②みんなで食べられるお菓子で済ます

義理チョコ配布を人間関係の都合などから
やめるのが難しい!という場合はコレですね。
スーパーなどで売っている安いチョコレートを購入して、
「みなさんでお召し上がり下さい」というパターン。

これが一番効果的ではないかと思います。

別の記事でもこの件については書きましたが
この方法であれば「チョコは渡している」わけですから、
普通の人であれば「チョコはないの?」みたいな失礼な
ことを言うことはないでしょうし、
「不特定多数」の人に対して渡しているわけですから
変な気を持たれる心配もなく、
バレンタインデーの義理チョコに困っている方に対しては
とても良い方法だと思います。

③バレンタインの日は人と会わない

会社勤めなどであればなかなか難しいとは
思いますが、アルバイトなどであれば、
バイトによっては”ある程度”シフトなどの融通が利くかと思います。

何がバレンタインデーだ!面倒くさい!という場合は
バレンタインの日を休みにしてしまいしょう。

そうすれば、バレンタインデーに人と会わないわけですから
チョコを配布する必要はありません。
流石に、バレンタインデーの翌日になったり、前日に
「バレンタインチョコはないの?」などと図々しいことを言う人は
かなりの少数派だと思いますから、
バレンタイン以外の日に、気を使っ義理チョコを渡す必要はありません。

④配る場合、人数を削減する

もしもバレンタインの義理チョコを配る場合で少しでも
費用を浮かせたい場合は、配る人数をできるだけ削減しましょう。
例えば、大きな会社などで働いている場合で、
自分の部署以外の人にも配っている場合は、自分の部署だけに限定したり、
学校などの場合でも、他のクラスにも配っていた分を削減して
自分のクラスだけに配るようにしたり…。

そうすることによって、必要なチョコの総数が減りますから
当然、チョコにかかる必要も減ってくるわけです。

…まぁ、元々袋の安いタイプを購入している場合は、それほど
削減効果は無いかもしれませんが、
配る人数を減らすことは義理チョコの費用削減にはなります。

⑤究極の義理チョコ

とあるチョコ菓子が「一目で義理だとわかるチョコ」みたいな
広告でバレンタインデーにチョコを売りだしています。
確かに、安いですし、一目で義理だとわかる、という部分に
関してもごもっともなので、
面白いキャッチコピーだと思います。

ですが!
そのチョコ菓子を上回る”一目で義理と分かるチョコ”があります^^
コストパフォーマンス的にも、そのチョコより優れていますし、
インパクトも、あるのではないでしょうか。
それを貰えば流石に、どんなに鈍感な人だったしても
「あぁ…義理チョコだな」と気が付くと思います。

そのチョコレート菓子が
「ごえんがあるよ」というチョコレート菓子です(笑)
なんと1個5円の究極な価格設定。
これほど安いチョコレートは他にはないでしょう。

一人ひとりに義理チョコを渡すのであれば
一番の費用削減方法はこの、「ごえんがあるよ」
チョコレートです。
これ以上の答えはありません!!

ある意味、ネタとしても結構受けると思いますから
コストを削減するだけでなく、
同時に楽しんでもらえる効果もあると思いますよ^^

浮いた費用で…

バレンタインデーの義理チョコはできるだけ費用をかけないほうが
お財布には当然優しいです。
中には、バレンタインの義理チョコで1000円とかかけたり
する人も居るみたいですが、
そんなものにお金をかけるぐらいであれば、
義理チョコではなく、渡す相手が居れば本命チョコにお金を
かけた方が良いですし、もしくはいつも頑張っている自分への
ご褒美(?)みたいな感じで、自分のためにお金を使った方が
断然、良いと思います。

義理チョコなんて、あまりメリットが無いのは事実です。
貰う側にも、渡す側にも。

ですから、無理をして渡す必要はありません。
やめたければやめた方が良いですし、
もしもどうしてもやめられない!という場合は
上のような方法を活用して、費用を削減しましょう。

まとめ

義理チョコに多額の費用をかけるなんて
勿体無いです!
もしも渡す人がいるのであればその分、本命にお金を
かけたり、もしくは自分の趣味にお金をかけたり…
その方がずっと有意義なお金の使い方になると思います!

会社などでは「義理チョコを配るのが当たり前」みたいなところも
あれば逆に「禁止令」を出してくれているところもあります。

もしも配る風潮のあるところだとなかなか大変ですが
費用を削減することは簡単だと思いますから、
嫌な場合は、少しでも出費を減らすようにしてみましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする