買取拒否される原因8つ!持って行って拒否されないために!

日常生活

店員Kです!

お店に何かを売ろうとして、
買取査定のために持ち込みしたのに、
買取を拒否されてしまった…
そんなことはありませんか?

せっかく持って行ったのに、買取拒否、
もしくは査定拒否されてしまうと、時間の無駄に
なってしまいます。

今回は、長年買い取り業務に携わった経験をもとに、
買取拒否、査定拒否される原因と対策を
それぞれ書いていきます。

買取拒否される原因

お店に持ち込んだ商品の買取を拒否されてしまう原因は
色々とあります。

ただ、最初に言っておきたいのは、基本的にルールとマナーを
守っていれば、買取を意味もなく拒否される、ということは
ありません。

買取拒否される!と言うのであればやはり
持ちこんだ側に何らかの原因があるのはほぼ間違えないです。

なので、そうなってしまわないためにも、
買取拒否されてしまうパターンをしっかりと把握して
無駄足になってしまわないように気を付けていきましょう。

では、買取拒否されるケースと対策をそれぞれ書いておきます。

①身分証明書を持っていない

これは絶対に買取してくれません。
時々「ケチだな!」みたいな人も居ますが
そういう問題ではないのです。
法律上で決まっており、もしもお店が身分証明書の確認も
行わずに、もしくは”行った設定にして”買取すれば
大問題になります。

最悪の場合、営業停止などの処置を受けたり、
売った側にも何らかの影響が及ぶ可能性があります。

ですから、例え1円買取の商品を売る場合だったとしても
身分証明書の提示なしでは買取できません。

もしも万が一、身分証明書なしで買取してくれた経験が
あるのであれば、そのお店は違法店です。
ふつうはしてくれませんから
「〇〇では買取してくれたぞ!」だとか無知なクレームを
つけないように注意しましょう。

対処法としては「身分証明書」を必ず持っていくこと。
これだけです。簡単なはずですから、先にしっかり用意
しておきましょう!

②子供は一人では無理

子供(18歳未満)の場合の買取は一人ではできません。
小学生以下の場合は保護者の方同伴でないと買取ができませんし、
18歳未満、中学生以上の場合は、保護者の方の同意書と
電話確認が行えなければ買取できません
(お店によって若干異なるケースもあります)

また、店舗によっては18歳以上でも高校生の場合は
不可としている可能性もありますから、
必ず売却を検討しているお店に、事前に確認をしてみることを
おすすめします。

年齢を隠そうとしても、身分証明書の確認が出来なければ
買取しませんから、年齢を隠すことはできません。
18歳未満の方は所定の条件に従って、買取をお願いするように
してください。

③買取対象商品以外の場合

買い取り対象商品じゃないものを持ち込まれても、
お店によっては買取拒否されることがあります。
たまに、買取対象外の商品を持ってきて、断られると逆切れ
する人が居ますが、
そういう人にはお店を利用する資格はありません。

店側がちゃんと告知していないならともかく、
ほとんどのお店はちゃんと買取対象商品を掲示しているでしょうから
よく確認してみてください。

お店は慈善事業でもゴミ置き場でもないので、
買取を行っているもの以外を持ち込まれても対応できないことが
あるのは、当たり前のことです。

④盗難の疑いがある商品

これに対して、お店はとても慎重です。
盗難の疑いがあるものに関しては買取拒否をするだけでなく、
盗難が明らかである場合は、通報しますし
”明らかに怪しい”という場合は、特徴などをメモ
する場合もあります。

怪しまれる例として、未開封の商品を大量に
持ち込むことなどでしょうか。
明らかに怪しい香りが漂います。

もちろん、正当な理由があるのであれば、それを堂々と
説明すれば良いですが、そうでない場合は買取拒否
されることは覚悟しておきましょう。

場合によっては、通報することもできます。

⑤営業時間を守れない人

お店には必ず、営業時間というものが決まっています。
開店時間、閉店時間・・・。
これらを平気で破り、買取持込に来る人も居ますが、
そういう場合はお断りさせて頂く場合もあります。

お店が営業時間を定めているのは何のためか。
お店にも色々な約束事がありますし、
店員も機械ではありません。

営業時間を守らずに逆切れする人も居ますが
それは勘違いも甚だしいです。
お客様は神様、などという言葉がありますが、
自分で思いあがってはいけません。

意図的でなく、たまたま間違えたんだな…と
明らかな場合は買取することもありますが
明らかにわざとっぽかったり、
申し訳ない、という気持ちが微塵も見えないような人である場合は
お店から買取拒否されても自業自得です。

⑥あまりにも状態が酷い場合

これもお店を慈善事業と勘違いしている人に多いです。
あまりにも酷い状態で持ち込んだ場合。

当然、ボロボロのものであれば、買取金額がつかずに
返されることもあります。

「引き取りしてくれよ!」という人もいるかとは思いますが
お店のスペースは有限ですし、お店がものを処分するのにも
お金がかかります。

ですから、売り物にすらならないようなボロボロの
商品に関しては、返されても文句は言えないですし、
仕方がありません。

あとは、カードなど、細かいものを売るときに、
何も考えずに、袋の中にぐっちゃぐちゃに詰め込んだり、
全く査定する人のことを考えていないような状態の人も
「ある程度まとめてお持ち下さい」と断られる可能性はあります。

綺麗にして持ってきて!とは、誰も言わないと思います。
ですが、最低限の礼儀が必要なのもまた事実でしょう。

⑦値段に納得しない人

買取査定結果に納得せずに、その場で値上げを
要求する人も居ます。
値切りみたいな感じの、フレンドリーな感じなら良いのです。
ですが、偉そうに、高圧的に値上げを要求する人も居れば
拒否しても、いつまでも引き下がらないような人まで居ます。

これは非常に面倒臭いですし、お店にとっても
厄介な存在です。

基本的にお店も、できる限りお客様の要望は答えようとは
しますが、何事にも限界というものがあります。

あまりにも酷い場合は、要求を却下して
そのまま帰らされる可能性もありますから、
やりすぎには注意してください!

⑧その他のマナー違反

その他、お店を利用する際のマナー違反を
するお客様は、買取拒否をされて、店を追い出されても
文句は言えません。
まぁ・・・追い出されるは極端な言い方かもしれませんが、
マナーの違反具合によっては、買取を拒否される可能性もあります。

お店はお客様にとっての無法地帯ではありません。
ちゃんとルールを守って利用した上で初めて、
お客様に対しての接客ができるのです。

お店側が「あまりにも酷い態度」だと判断した場合、
お店側が「ほかのお客様に対して迷惑になっている」と判断した場合、
その他、違法な行為を行った場合などは、
退店をお店から言い渡される可能性もありますから、大丈夫だとは
思う居ますが、基本的なマナーはしっかりと身に付けておきましょう!

まとめ

以上が買取拒否されるケースでした。
基本的に「あたりまえ」のことばかりですから
躓くことはないはずですが、
念のため確認しておくことをおすすめします。

もしもお店にせっかく商品を売ろうと持って行ったのに
拒否されてしまっては、最初にも書いた通り、時間の無駄ですし、
ただの無駄足になってしまいます。

上で書いた原因8つに当て貼らないように
するには非常に簡単なことですから、
買取拒否されないように予めしっかりと確認してから
お店での買取を利用していきましょう!

コメント