カード屋でパックを選べない理由。不便になるその理由と裏側!

店員Kです!

お店が、カードゲームのパックを選ばせてくれなかったり、
中古のカードがショーケースに入っていたり、
そして、新品のカードは現物ではなく、ダミーが置いてあって
それをレジに持っていって買うことになっていたり…

なんでこんなシステムになっているのだろう?と思ったことは
ありませんか?

確かに、パックが現物で店頭に並んでいて、
お客様が自分で欲しいパックを選ぶことができたり、
中古のカードもショーケースに入れてあるのではなく、
直接手に持って確認することができれば、
買う側にとっては嬉しいですよね。

でも、店はこれをしない。
それは、何故だと思いますか?

今回は、お店側が、
お客様にとって不便なカードの売り方をする理由に
ついて書いていきましょう^^

スポンサーリンク

カードを現物で展示できない理由

一言で言えば、お客様のマナーが悪すぎるからです。
…と、言うと誤解されそうなので、補足しておくと
”ごく一部”のお客様のマナーが悪いから、ですね。

大半のお客様は普通の方で、ちゃんとしっかりと利用して
下さるのですが、ごく一部のお客様のマナーが
悪いが故に、どんどんお店が一般のお客様にとって、
不便な環境になっていくのです。

お店側からしても、本当はパックを現物展示して
選ばせてあげたいと思いますし、
中古のカードだって、自由に手に持って見れるようにしてあげたいのです。

ですが、それが出来ない。
それは、さっきから書いている通り、ごく一部のお客様のマナーが
悪いからに他なりません。

中古カードはショーケースにしまって鍵をかけることになりますし、
新品のカードも、現物展示で選ばせてあげることはできず、
店員側が選んで、お客様に手渡しするようなカタチになります。

では、何がいけないのか。
どうしてこうなってしまうのかをご紹介していきます。

①サーチする人が居る

まずはコレ。
新品のカードパックを展示できない理由の一つです。
新品のカードパックは、とある方法で、
レアカードが入っているかどうかを調べることができます。
これを「サーチ」と言うのですが、現物のパックを置いておいて
選ばせてあげようとすると、この「サーチ」をする人が
居るのです。それも執拗に。

サーチをされると、当然レアカードの入ったパックだけが
無くなってしまい、純粋にパックを選んでいる人たちに
レアカードが行かなくなってしまいますし、
また、サーチのやり方が乱暴な人がサーチをしたりすると、
カードが傷むこともあります。

お店にとっては、マイナスしかないのです。。

実際に、とある景品で、カードのパックを選ばせたときに、
堂々と目の前でサーチし始めた子供が居ました。

レアカードが欲しい!という気持ちは分るのですが、
サーチする人が多いので、お店としては現物を店頭に
置くわけにはいきません。

②盗難対策…

そして、これですね。盗難対策。
現物で展示していると、盗む人が当然居ます。
盗まれるとお店にとっては大損害。
なので、次第に新品商品もダミーに変わり、
中古のトレカは鍵のかかったショーケースの中で…という
販売方法に次第に変わっていったのです。

今、現物で展示されているのは安いノーマルカードだとか、
レアカードぐらいではないでしょうか。

基本、他は全部ショーケースにしまうなり、なんなり
している可能性の方が高いです

実際に私の旧勤務先でも、カードは盗まれたことがあります。
ノーマルカードをごっそりと…。
こういう風に盗むやからがいるので、どんどん防犯、防犯と
不便な世の中になっていきます。

一般のお客様は何も悪くはないのですが、
一部の盗難を働く人のせいで、どんどん不便になっている、、
そんなところです。

③商品を傷める人が居る

信じられないことに、商品のカードをわざと折り曲げたりする人も居ます。
特に子供に多いですが、時々大人でもやる人が居ます。

中古のレアカードなどは、折り曲げられてしまうと、それだけで
価値が落ちてしまいますし、
レアカードでなくても、あまりにも折り曲げられたりしてしまうと、
お店にとって、そのカードは売り物ですらなくなってしまいます(汗)

結構、展示しているノーマルカードを折り曲げられたり、
破られたりすることも度々あるので、もしもレアカードを展示していたら
と思うとぞっとしてしまいます。

そういう一面からも、レアカードを店頭に並べることは出来ず、
ショーケースなどに入れて、展示することになってしまいます。

また、新品のパックもそうですね。
上からパキパキといじくってみたり、、色々なことをされてしまうので、
なかなか直に置いておくのは難しい、という一面があります。
新品のカードなのに中身が降り曲がっていたり、傷んでいたりすると、
当然クレームになりますからね…。

④散らかして帰る

これが多いのですよ…元あった場所にカードを戻すことすらできず、
床に放り投げたり、ぐちゃぐちゃに山積みにしたりして帰る人が。
お店側も当然、注意するのですが、なかなかそう簡単には
改善しません。

お客様も何十人、何百人といらっしゃるので、
注意してもしても足りないのですよね。

例えば、レアカードのショーケースなどを開きっぱなしの状態に
して、いつでも見れるようにしておくと、
1日営業しただけで、もうボロボロ状態です。
本当に、たった一日で面白いようにボロボロになってしまいますし、
カードを綺麗に並べるのって案外時間もかかるので、
どこのお店もそこまで人手が無い!
というのが正直なところです。

なので、散らかされないためにも、レアカードの入ったショーケースは
鍵でしっかりと閉められていることが多いです。

⑤オリジナルパックも選べない

中古のカードを販売しているお店では、
店舗独自のオリジナルカードパックというものが販売
されていることが多いです。

これも、昔は自由にお客様が選んで購入できる傾向に
ありましたが、最近は選べないことも多くなってきました。。

これは何故か?
平気でパックを開封して、中身をのぞいてから
購入する人が時々いるからです…。

本当にそんな人いるのか?
と思われてしまうかもしれませんが、
本当に居るのです。。

中身を見て、気に入らないカードであれば、それを戻して
別のパックを買う。
堂々たるサーチです(笑)

もちろん、中身は見ないで下さい、みたいな注意書きをしても
無駄です。サーチは当然のこととして、皆さん当たり前のように
サーチしていくので、やはりこれも下げざるを得なくなって
しまう、というのが現実的なところです。

お店にお願いすれば?

お店にお願いすれば、お店側も出来る限りのことはしてくれます。
中古カードの状態が見たければ、レジでそう伝えれば混雑時を除き、
対応してくれると思います。

ただ、新品のパックを「選ばせてください」というお願いに
関しては、聞き入れてもらえない可能性もあります。。
残念ながら、新品のパックはサーチする人が非常に多いので
一切選ばせない、というやり方のお店も多いのです。

本当は選ばせてあげたいところなのですけどね。。

まとめ

カード屋側も、できれば皆様に快適な買い物を
してもらいたいのですが、
一部の迷惑行為を働く人や、マナーの無い人たちのおかげで、
お店もどんどん不便になっていっています。

お店側も、迷惑行為をされて何の対策もしなければ、
どんどんどんどん損をしていき、
最終的には赤字になって、お店は閉店になってしまいます。

なので、多少不便になってしまっても、
そういう人が一人でも居る限り、お店は不便になってしまう…。

100人居て、1人でも迷惑行為を働くお客様がいれば、
お店は対策をすることになり、
99人の方が不便な思いをすることになるのです。。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする