フォロワー数で採用優遇?フォロワー数だけ見るのは素人!

店員Kです!

最近ではファッション業界各社などがツイッターやインスタグラムの
フォロワー数が多い人の採用を優遇する、というシステムが
あるみたいですね。

とある会社はインスタグラムやツイッターなどのSNSの
フォロワーが1500人以上の場合、採用を優遇するほか、
月5万円の手当を支払うのだとか…

ですが、これ、本当に大丈夫なのでしょうか?
前の勤務先時代などから仕事上、ツイッターなどの更新を続けている
店員Kが問題点を色々と考えてみます

スポンサーリンク

フォロワー数で採用優遇…

個人的に、これは会社の施策としては残念ながら失策だと思います。
面白い試みだとは思うのですが失策です。
色々と問題点があるように思えます。

しかも、フォロワーが1500人以上の人の
面接は1回目を最終面接とするほか、月に5万円の手当を支給するようです。

これは…会社にとってマイナスにしかならないと思います。
ニュースになっている部分だけでは具体的な部分までは分からないので
なんとも言えないのですが、下のような問題点をしっかりと吟味
できているのかどうか、とても気になるところです

「フォロワー数」は1500なら簡単に行ける

残念ながら「フォロワー数」1500で
”発信力”の高い人間だと思っておられるなら勘違いです。
1500なんて、行こうと思えばだれでも行ける数字です。

何故なら、詳しい説明は省きますが、”相互フォロー”という
アカウントをフォローしまくっていれば、簡単に1500など
超えるからです。

一度に大量にフォローするとアカウント凍結の恐れがあるので
少しずつフォローしていくカタチにはなりますが、
それでも2か月ぐらいあれば1500は行けるはずです。

なので、やろうと思えば1500フォロワーなんて
ツイッターの場合、簡単に行けてしまうのです。
(前の勤務先のグループ内でもその方法で簡単に
1500フォロワーを超えた店舗はあります)

「フォロワー」は買える

どのぐらいの金額で買えるか、その時によりますが
ツイッターのフォロワーは買えてしまいます。
しかも、業者によっては
「買ったもの」と分かりにくいようにフォローしてくれるところも。

月に5万円手当を出すのであれば1500フォロワー以上に
増やすのに、5万円もあれば十分だと思いますから、
会社はお金をドブに捨てることになると思います。

フォロワーだけでその人の価値を判断するのは
「面接」してその人を見抜く、という大切な作業を
自ら放棄しているように思えてならないのです…

フォロワーの「質」を見ているのか?

この会社の心配なところは、
「フォロワーの質をちゃんと見ているか」というところです。
ニュースになっている記事の内容だけでは
1500フォロワー以上は無条件で優遇する、というように見えてしまいます。

流石にそんなことはないと思いますが、
万が一フォロワーの質も見ないで「1500以上、はい、優遇!」みたいな
感じなのだとしたら、かなり危ない会社だと思います。
SNSのフォロワーのことを何も理解できていません。

ちゃんと1500フォロワー以上の人のアカウントのフォロワーを
しっかり確認しているのであれば良いのですが、
そうでないのだとしたら、ちょっとこの施策を考案した人は
短絡的すぎるとおもいます。

本当に手段を選ばずにフォロワーを増やそうとすれば
1500なんて、特にツイッターの場合はすぐですよ。。

また、フォロワーを買っている場合も、相互フォローとは違い
見抜くのが大変な場合もありますから、
やはりこの施策は危なっかしいものだと私は思います。

フォロワーが多いと言うことは…?

ちゃんと面接でその人の人間性を見ているかどうかも不安ですね。
フォロワーが多い=発信力が高い、っていうのは私が誤解だと思います。

確かに、有名人の方や、一部の面白いツイートを繰り返している方は
”発信力”が高いでしょう。

しかし、フォロワーの多い人って、上でも紹介したような
人為的にフォロワーを増やしている人も居ますし、
他の問題がある人も居るのです。

まず、フォロワーが多い、ということは
「ツイッターに時間をかなり費やしている人」である可能性が高いです。

上のような相互フォローやお金でフォロワーを買ったりしていなければ
個人のアカウントで1500フォロワーを超えることは案外、
難しいことだったりします。

それを、1500フォロワーを実力で超えた、ということは
相当ツイッターをみたり、ツイートしたりしている人である
可能性が高いです。

あくまでも一つの可能性ですが、
仕事中もスマホの確認が欠かせないような人間かもしれませんし、
人付き合いが苦手で、ツイッターにのめり込んでいるような人かもしれません。

なので、1500フォロワー=発信力が高い、という考えは
ちょっと間違っているのではないか、とそう思います。

また、極端にフォロワーが多い個人アカウントは
過激な発言をしたりして過去に「炎上」しているツイッター
アカウントである可能性も高いです。

個人的にはあまりフォロワー数やツイート数が多い人には
何か(ツイッターに相当時間をかけているor炎上経験者)理由が
あるような気がしますが…。

手当が高すぎる…?

月に5万円の手当…
これは相当高いですね…
あまりに特典を良くしすぎると、手段を選ばない人は本当に出てきます。
先ほども書いたように、ツイッターのフォロワーを購入したり、
炎上させてでもフォロワー増加を狙ったり、
それこそ、一部ユーチューバーのように数を稼ぎたくて
過激な内容の投稿を始めたりする危険性も。

あまりに高い手当を支給するのは個人的には
少し考え物だと思います

個人のアカウントで店の情報発信

この採用優遇の目的の1つが、個人のアカウントで、
店の商品や雰囲気の情報発信をしてもらう、とありますが、
これは、その方がもっている1500フォロワー以上の
アカウントで、という意味なのでしょうか?

そうだとするとあまり良くない気がしますね。

個人アカウントでは当然プライベートのやり取りもしていますし、
プライベートと職務の境界線があいまいになります。

ニュースになっている記事だけだと判断は不可能ですが
「1500以上のフォロワーを持つ人のアカウントを
 そのまま利用して情報発信してもらう」

なのか、

「1500以上のフォロワーを持つ人に、
 仕事用の「個人アカウント」を別途作ってもらって
 そこで広報活動をしてもらう」

なのかどっちだか、分かりません。

もしも後者であれば、しっかり管理をする必要はあれど、
問題はないと思います。

ただし、前者であった場合は結構問題です。
お客さんからその店員のプライベートも見えてしまうわけですし、
プライベート間のやり取りや、そう言ったものとお店の広報活動が
混ざってしまう可能性も。

働いているご本人にとっては非常にやりにくくなるでしょうし、
お客さんからしても、なんとなく関わりにくいアカウントに
なってしまうのではないでしょうか。

まとめ

ツイッターを長年使っている私からすると、
フォロワー1500程度で、5万円の優遇、というのはやりすぎですし、
あらぬトラブルをいつか招く可能性があります。

ツイッターやインスタグラムのSNSのフォロワー数を一つの
参考にするのは良いとは思いますが、
それはあくまで一要素に過ぎず、過度な優遇は危険ではないかと、
私は思います。

そういう人が相手の場合でもやはり面接はしっかりと行って
フォロワーの数に伴って、ちゃんと人間としてもしっかりしている人なのか、
それとも単にフォロワーの数が多いだけの「見せかけ人間」なのか。

そのあたりはしっかりと見定める必要があると私は思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする