徳島県警が誤認逮捕!チケット売買を巡る誤認逮捕の問題点と補償

店員Kです!

徳島県警が人気アイドルグループのチケットをめぐる売買で
誤認逮捕を起こしていたことが分かりました。

今回はこの問題について考えていきます!
誤認逮捕…はあってはならないことですよね。
色々と調べていくと、今回の誤認逮捕も問題だらけであることが
分かります。

捜査が時代に追いついていないのかも知れませんね。

それでは今回の誤認逮捕の件について&
誤認逮捕された際の補償などについても見ていきましょう。

スポンサーリンク

徳島県警が誤認逮捕

今回の誤認逮捕は、
2016年8月に起きたチケット売買の件で、2017年5月に
容疑者として女性が逮捕されたのですが、
それが誤認逮捕だった、ということのようです。
先日9月10日に誤認逮捕が発表されました。

事件の流れはどうだったのでしょうか。
見ていきましょう。

チケット売買で詐欺が発生

まずは2016年8月のことでした。
ツイッター上に「誤認逮捕された女性に成りすましたツイッターアカウント」が
「関ジャニ∞の徳島公演に行けなくなったのでチケットを譲る」という
ツイートを行ったようです。

それのツイートを見て、人気アイドルグループですから、当然買い手が
現れます。県内の女子高生が、チケット4枚分を4万円で購入し
指定された口座(誤認逮捕された女性の口座だったようです)に
振り込んだようです。

しかし、当然、高校生の元にチケットは届かず徳島県警に
被害届を提出したようです。
まぁ、4万円も振り込んでモノが届かなければ誰だってそうしますよね。

女性を逮捕…

その後、2017年5月に容疑者として21歳の専門学校生を逮捕
したようです。
捜査の決め手として、
受取人口座が専門学生の女性の口座であったことや、
なりますしのツイッターが女性名義でツイートされていたことから、
この専門学校に通う女性の犯行だと判断、逮捕に至ることに。

しかしながら、逮捕された本人は容疑を否認し続けていたとのことです。

結局、19日間の勾留が行われたのち、処分保留で釈放されていますが、
19日間の勾留は長いですね…。

後に女性の名前や口座を使い、成りすまして、お金を得ていた人物が
判明し、その人物が11日に詐欺容疑で書類送検されています。
京都の女子中学生による成りすましと報道されていますね。。

そして先日、9月10日に今回の誤認逮捕の件が
警察より発表されています。

と、こんな感じの事件・誤認逮捕になっています

今回の件の問題点

今回の件の問題点について、個人的に考えていきたいと思います。
まず、誤認逮捕自体が大きな問題ですよね。


もしも自分が誤認逮捕されたら、皆様も怒りますよね?
私も怒りますし、1度しかない人生を台無しにされてしまう
可能性だってありますから、もっと慎重な捜査が必要だと思います

①誤認逮捕された女性への被害

これは甚大なるものだと思います。
19日間も勾留されたとのことで、当然、時間も無駄になってますし、
何よりも一部報道で容疑者として「実名報道」されているとのこと。
例え誤認逮捕であっても
一度容疑者として報道されてしまったダメージはそう簡単には
消えるものではありません

また、この辺りは憶測にすぎませんが、
専門学校生だったとのことで、その学業への影響もあるかもしれませんし
(退学などになっていないことを祈るばかりです)
将来の就職などにも影響があるかもしれません。
また、周りの人間関係にも大きなダメージを与えたでしょう。

何より、本人の心の傷も心配です。
全く身に覚えのないことで、警察に逮捕され、取り調べなどを受けた挙句
勾留されるなんて、恐怖以外の何物でもないですよね…。
心理的ダメージは計り知れないと思います。

警察の捜査?

警察の捜査にも問題があるような気がしてなりません。
今の時代、簡単にネットで成りすましができてしまう時代です。
そんな時代にツイッターだけで判断されちゃ、たまらないですよね。
ツイッターで「本人」と断定するのは時代についてくることができていない
浅はかな判断だと思います。。
詐欺を行う人が、簡単に特定できるような名前でツイートを行うわけが
ありません(まぁ、中には居るかもですけど)

受取人口座などの件についても後々の捜査で、真犯人が見つかっているわけですし
容疑を否認していた相手を
犯人と決め付け実名報道させてしまうあたりにも大きな問題があると思います。

誤認逮捕なら謝ってお金を払えばいいや。という考えが
少しあるのではないでしょうか?
謝って済む問題ではないでしょうし、
お金を払って済む問題でもありません。。

本当に誤認逮捕された側は一生を台無しにされているのですから
逮捕に関わった責任者(裁判所なども含め)
が一生面倒を見ていくぐらいのペナルティが無いと
いけないと思いますね。

誤認逮捕の際は、逮捕の判断を下した人物たちが逆に罪に
問われるような法律が、極論ですが必要だと思います。

有名人や著名人にお金を貰って保釈、なんてことをしてないで
こういう方に力を注いでほしいものです。

誤認逮捕について

誤認逮捕。時々、報道されますが恐ろしいですよね。
身に覚えのないことで警察官がやってきて連行されて
身に覚えのない自白を要求されるなんて、
そこらのホラー映画よりもホラーです。

誤認逮捕された場合の補償などはどうなっているのでしょうか?
見てみましょう。

こんな補償じゃ納得できない!

補償について調べてみましたが
私の感想は「こんな補償じゃ納得できない!」ということですね。

調べた結果
被疑者補償規程と刑事補償法に基づいて、補償(1日あたり1000円~1万2500円)
が支払われるようです。
へ???それだけ???

身に覚えのない拘束、精神的苦痛、社会的なダメージなどなど、
大きな損害を被るというのに、
最大でも1万円ちょっと??
これは正直言えば「舐められている」気しかしません。

人生1日が1万円ちょっとですか。
しかも最低1000円もあります。

1000円ってもはやバカにされてるじゃないですか。。

もちろん警察側からの謝罪などもあるのだとは思いますが
謝ってすむなら警察は要りませんし、
どうせ誤認逮捕の決断に関わったような人物たちは
「あーあ」ぐらいにしか思ってないでしょう。

人の人生を壊す誤認逮捕が、これだけの補償で、
しかも、誤認逮捕した側が大したペナルティを受けないのは
非常に大きな問題だと思うのですが。。

今回の徳島の件にしても
このレベルの補償金が支払われて謝罪が行われる程度でしょう。

誤認逮捕を許さない風潮を…

もっと”誤認逮捕”を許さない!という風潮を広めた方が良いと思います。
勿論、あまりに厳しくしすぎれば、本当の犯人を追いつめる際に
支障が出てしまう、というのは分かります。

けれども、誤認逮捕は人一人の人生を壊す悪質な行為だと思います。

警察の方も日々慎重に捜査を行っているのだとは思いますが
それでも、誤認逮捕は絶対にしてはいけないでしょう。

やはり誤認逮捕に関わった人間に何らかのペナルティは
あって然るべきだと思いますね。
そうすれば、自白の強要だとか、そういうものも少なくなるでしょうから。

何のペナルティも無く、安い補償金と社交辞令的な謝罪で済んでしまうからこそ
いつまでたってもこういうことが起きるのではないでしょうか?

まとめ

今回の誤認逮捕、話を聞いているだけで心が痛みます。
それと同時に、ネットが拡大している今、恐ろしくもありますよね。
前にもネットが絡む誤認逮捕はありました。
ネット関連のなりすまし等、そろそろ捜査の在り方自体を考え直さないと
いけない時代なのではないでしょうか。

時代は日々変化してますから、ちゃんとそれについていかなくては
ならないと思うのです。

警察はまさに市民の命を背負っています。
その警察が市民の人生を奪ってしまってはいけないと私は思います。

日々、お忙しいのは分かりますし、
お疲れ様です…とも思うのですが、
ただ、それでも誤認逮捕はあってはなりません。絶対に。。

自分がもし誤認逮捕されたら?を想像してみれば
あってはならないことだと誰でも分かるはずです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする