のど飴の注意点!逆効果になることもあるので要注意!

のど飴は、のどの調子を整えてくれる、
便利なアイテムのひとつです。

日常的にのど飴をなめている人も
いるのではないでしょうか。

しかしながらこののど飴は
何も考えずにただ舐めつづけていれば
逆に、逆効果になってしまうような事態を
招いてしまう可能性も0ではありません。

そういったことになってしまわないためにも
”のど飴の注意点”をしっかりと理解しておきましょう!

のど飴の注意するべき点とは?

のど飴は、注意点さえしっかりと守っていれば
個人差はありますが、
のどに対してプラスに働くことは多いかと思います。

ただし、注意するべき点をしっかりと覚えておくことも
大事なポイントの一つになります。
逆にマイナスに働いてしまうようなことも
実際にありますから、その点に関しては注意しましょう。

それほど難しいことはないので、
かる~く頭の中に入れておくだけでも、
良いかと思います。

色々な種類がある

のど飴には、色々な種類があります。
一般の食品扱いのものから
医薬品や医薬部外品に相当するものまで
色々です。

このうち、食品に分類されているものに関しては
基本的には、ハッカなどののどに効果があると
されている材料が使われているものにはなりますが
医学的に言えば効果は期待されていないタイプのものになります。
一方で医薬品的な要素はないために、
副作用だとかそういったものを心配する必要もあまりありません。
お菓子売り場などで購入できるようなのど飴は、
効果に関してはそこまで期待はできないものの、
反面、リスクに関しても少ない、というものになっていますね。

一方で医薬品や医薬部外品に相当する者に関しては、
これは、病院でもらったり、薬局などで購入したりする
薬と同じような立ち位置であるために
服用の方法や、副作用のリスクなどについても
理解をしていかなくてはなりません。

用法を守ることが大切

のど飴を利用する際には
用法をしっかりと守ることが大切になります。
特に、医薬品・医薬部外品に属するのど飴の場合
1日に摂取する分量などが決められているかと思います。

この分量を守らずに、たくさんなめれば
どんどん調子良くなっていく、だとか
そういうことではありません。
過剰摂取してしまえば、のど飴に限らず
他の市販薬などでも、何らかの副次的な作用が
出てしまうかもしれません。
その点にはしっかりと注意をし、
分量が書かれているのど飴に関しては
ちゃんとそれを守るようにして下さい。

また、お菓子売り場に売られているようなのど飴の場合は
分量などについては特に言及はないかと思いますが
これに関しても、やはり過剰に摂取すれば
プラスになることはありませんから、
その点に関しても注意しましょう。

特に、フルーツ系統ののど飴の場合は
糖分なども含まれているものもありますし、
これを過剰摂取することで、糖分の取りすぎに
なってしまう可能性も考えられます。

医薬品だろうと、通常のお菓子であろうと
基本的には分量をしっかりと守る、
ということが大事になります。

治らない場合は…

のど飴をなめても、喉の調子が回復しない場合は
病院で診察を受けた方が確実です。
ただ単に何らかの原因で喉を傷めているだけの可能性もありますし
風邪などで一時的にのどを痛めているだけかもしれません。

が、それだけではなく、大きな病気などが原因で
喉に異常が生じている可能性も否定はできません。
自分の喉の状態は、症状は分かっても、原因までは
自分で知ることはできません。
最終的には病院に行かないと喉の不調の原因は
分からない、ということです。

そのため、のど飴で様子を見てみるのは良いですが

・症状がいつまで経っても治らない場合
・症状がどんどん悪化していく場合
・喉の不調を繰り返す場合
・喉以外にも体調の悪い部分がある場合
・自分の症状が、自分で不安な場合

このような場合に関しては
しっかりと病院で診察を受けて
原因が何か、ということは調べておいた方が
良いと思いますし
必要であれば、あなたの症状に応じた薬も
処方されるのではないかと思います。

何らかの病気が隠れている場合に関しては
のど飴だけで対抗するのはとても難しいです。
調子がどうしても悪い場合は、やはり病院の力を
借りる必要があるのです。

中毒的にはならないように

のど飴も、常用していればだんだん癖になってきます。
もちろん、ちゃんとした量の調整が
出来ているのであれば良いですが
癖になってしまうと、
のど飴をなめていないと喉がダメになってしまう気がする、だとか
そういう中毒的な考えに辿り着いてしまう可能性があります。

薬にせよ、のど飴にせよ、舐めなくても済むのであれば
それが一番良いのです。
日常生活で考えて、常識的なレベルでのど飴をなめているぐらいで
あれば全然大丈夫ではありますが、
のど飴がないとソワソワしてしまう、だとか
喉が痛くなってきた気がする…だとか
そういうことになってしまわないように注意が必要になります

まとめ

のど飴は使い方に注意して使えば、
喉にも良い効果をもたらしますし、
悪いものではありません。

しかしながら、食べ過ぎてしまったりだとか
それを舐めていないと喉がやられてしまうような
感じ(中毒)になってしまったりだとか
そういった心配があるのも事実です。

過剰に心配する必要まではないと思いますが
なるべく注意点は頭に入れておき、
間違った利用方法でのど飴を利用してしまわないように
注意はしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする