カラオケボックスは危険?個室の注意点といざという時の対策!

カラオケボックス…

友達や家族、恋人などと行くこともあるかと思いますが
楽しいばかりではありません。

”注意しなければならないこと”も
カラオケボックスにはあるのです。

それは何か。

”個室”だからです。

それぞれの個室はいわば閉鎖空間なので
トラブルがあった場合でも、それになかなか気づかれないような
ケースもあり、注意しなくてはなりません。

各個室に防犯カメラがついているところもあれば
ついていないところもあります。
ついていないところの場合は、特に注意が必要ですね。

危険性は理解しておく

カラオケボックスは、本来は危険な場所ではありませんし、
楽しい時間を過ごすことの出来る場所です。
しかしながら、この世の人間は善人ばかりではありません。

おかしな人も存在する、というのが現実になりますね。

そのため、閉鎖空間では注意をしなくてはならないのです。
トラブルに巻き込まれてしまわないように、注意しましょう。

では、カラオケボックス利用時の注意点をまとめて
いきましょう。

一緒に行く相手をしっかりと考える

カラオケボックスに一緒に行く相手を
しっかりと考える必要があります。
絶対に信頼できる相手であれば、それはそれで良いのですが、
そうではない場合は、1対1で個室に入る、ということは
危険であることを理解しておいた方が良いでしょう。

特に、相手が異性の場合や、あまり親しくない相手の場合は
注意が必要です。
ある意味ではカラオケボックスは密室状態になるわけですから、
万が一という可能性もあります。
相手が変な気を起こしてしまいやすい環境を
作ってしまう、というのもまた事実です。

そのため、あまり親しくない相手や異性が相手の場合に
関しては1対1はよほど信頼できる相手ではない限りは
避けた方が安心です。

例えば、参加人数を増やすだとか、
そういった工夫をしていくのが良いかと思います。
人数が多ければなかなか変なこともできないでしょうし、
万が一そういう人がいても、誰かが止めに入る
可能性もありますからね。

部外者の乱入の危険性も

カラオケボックスの個室は、基本的に鍵は
かけられません。
そのため、平たく言えば、誰でも入ることが
できてしまう、という状態なわけです。

一人カラオケをしていたとしても
外から見知らぬ人間が入って来て
何かをされたり、とそういう可能性も否定はできませんし
実際にそういう事例もあります。

こればっかりは自分自身で予防できるような
ことではありませんが、
強いて言うのであればカラオケボックスを利用する
時間帯や、周辺地域の治安なども考えておくと
安全性は高まるかもしれません。

もしも、見知らぬ人間が入って来てトラブルに
なりそうであれば、下記のような
対策を行うことが望ましいかと思います。

有事の際の知識

もしもカラオケボックスの個室内で
何らかのトラブルになってしまった場合、
扉の鍵は閉まっていないとは言え、
密室状態ですから注意する必要があります。

防犯カメラが部屋毎にある場合でも
店員が気付いて駆け付けるまでには
時間があると思いますし、
自分で身を守る方法も知っておかなくてはなりません。

・部屋から飛び出す
相手が一人なのであれば、部屋から強引に飛び出して
逃げることもできるかもしれません。
状況にもよりますが部屋から飛び出すことが
出来そうであれば、部屋から逃げた方が良いでしょう。
外に出れれば、助けを求めることもできますし、
そのまま逃げてしまうこともできます

・内線電話を使う
内線電話でカウンターに連絡するのも一つの手段ですね。
電話できる隙があれば、ということになってしまいますが、
内線電話の受話器をわざと叩き落とすだけでも
店員たちが異常を察知してくれる可能性もあるそうです。
どうにもならない状態の場合は
試してみるのも一つの方法ですね。

・ボリュームをあげる
カラオケのボリュームを上げることで
周囲に異常を知らせることも可能です。
ただし、気づいてもらえるかどうかはその時によるので
あくまでも方法の一つと覚えておきましょう

・壁を叩く
隣の部屋に異常を伝えます。隣に利用客がいる場合かつ、
隣の部屋の人間が対応してくれる場合に限りますが
これも、一つの方法としては覚えておくと良いかと思います。

・スマホで連絡
スマホを持っている場合、外部に助けを求める方法もあります。
一番手っ取り早いのは、警察への連絡になるでしょうか。

このような対処法がメインでしょうか。
一番良いのは有事になる可能性のある人とは
一緒にカラオケに来ないことです。
また、飲みすぎると判断力も鈍りますから
そういった点にも注意しましょう。

が、乱入してくるような人も
可能性としては0ではないので、
いざという時のための上記のような対応方法は
覚えておくことをおすすめします。

まとめ

カラオケボックスはその特性上、
場合によっては危険な場所になってしまう
可能性もあります。

せっかくの楽しいカラオケですから
そういったことになってしまわないように
一緒にカラオケに行く相手はしっかりと
選んだ方が良いと思いますし、
もしもトラブルが起きそうになってしまった場合の
ときの対策はしっかりと覚えておいた方が良いかと思います

早々トラブルなんて起きるものではないですから
ついつい油断してしまいがちですが、
実際にトラブルが起きているようなケースも
ありますから、可能性は0ではない、ということは
頭の中に入れておいた方が良いでしょう。
いざという時に、知識が役に立つかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする