治療したのに噛むと歯が痛い!考えられる原因と対処法!治すためには?

モノを食べる時に
噛むと歯が痛い…

結構つらい症状ですよね。

食べるのも嫌な気持ちに
なってしまうことも
多いかと思います。

では、この「噛むと痛い」という
状態の原因は何か、
どうすれば良いのか、
その点を実際の経験談も元に
まとめていきたいと思います。

原因は何なのか?

「噛むと痛い」という状態は
何故起きているのか。
まずはそれを知ることが大切です。

もちろん、一時的にたまたま
痛みが出てしまうようなことも
人間にはありますが
噛むと痛い、という状態が続いたり
繰り返したりしている場合は、
ザンネンながら、歯、あるいはその周辺に
何らかの異常が起きている可能性が
高いと言えるでしょう。

何も無ければ痛みが出る可能性は
低いですからね。

考えられる原因としては

・虫歯
・歯肉炎
・歯周病
・根の部分の異常
・歯ぎしりなどによるもの
・歯茎の炎症など

に、なるでしょうか。
既に虫歯治療などを行った歯の場合は
何かそこにトラブルが起きている可能性もあります。

いずれにせよ「歯に何か起きている」という
可能性は非常に高いですし、
様子を少し見てみて、治らないようであれば
治療が必要になるでしょう。

では、対処法としては
どのようなものがあるのでしょうか。

最終的には歯科に行くしかない

ザンネンながら、噛むと痛い、という
状況になってしまい、
それが治らなかったり、繰り返す場合に
関しては「歯科に行くしかない」というのが
答えになります。
下記に「その場しのぎ」の方法を記載しておきますが
虫歯にしても、他の症状にしても
基本的には歯科医院で治療を受けない限り
それが回復することはありません。

虫歯はどんなに放置しておいても
それが自然に回復するものではない、
ということはザンネンながら事実です。

そのため、少し様子を見てみるのは
良いですが症状が続く、定期的に繰り返す、
どちらかに当てはまるのであれば、
ザンネンながら歯医者に行くしかない、
というのが事実です。

放置しておけばおくほど
症状はどんどん悪化していきますからね。

痛む場所で噛まないようにする

応急処置としては痛い部分で
噛まないようにする、ということです。
痛い場所で噛むと余計に痛みが
強くなる可能性があります。

歯科などで治療する段階までは
とりあえず噛まないようにして
時間を稼ぐようにしましょう。

右側の歯が痛いなら左側で、
左側の歯が痛いなら右側で噛むようにする、
ということです。
ただ、これをずっとやっているとかみ合わせの問題で
体調を壊してしまいますから、
時間のあるときに歯科を受診しましょう。

両側とも痛いときは…
軟らかいもの中心の食事で時間を稼いでください。

痛みどめを服用する

痛み止めを服用することでも
痛みを一時的に和らげることが可能です。
虫歯でもそうですし、治療後の歯が
痛い場合でもそうですが
一定の効果は出るはずです。

市販の痛み止めなどを購入し、
それを服用しながら、
耐えるのも一つの方法です。

ただ、痛み止めは
あくまでも一時しのぎであり、
歯に異常がある場合に
治療を行うわけでは
ありませんから、そこのところは
注意をしておくようにしましょう。

また、痛みの度合いが強い場合に
関しては効果が出ない可能性もあるため、
その点に関しても、注意をするようにしましょう。

なるべく触ったりしない

歯が痛い箇所があると
どうしても気になって触ってしまったり
してしまう場合もあると思いますが
それは、余計に症状を悪化
させてしまうだけの行動ですし
場合によっては菌などが入り込む
可能性もあります。

無駄に手で触れたりしないようにすること、
これも大事なことになるかと思います。

どうしても気になってしまう!という気持ちは
分かるのですが、そこは、ぐっとこらえるように
していきましょう。

変な味がしてきた場合…

もしも変な味がしてきた場合
虫歯が進んでいるか、歯茎がやられているか、
何らかの不具合が歯の中、あるいは
その下で起きています。

一度治療した歯であっても
再び虫歯が進むことはありますし
味がするような状態になってしまうと
ザンネンながら、個人の力では
もうどうすることもできません。

タイミングを見計らって歯医者に
行くしか治す方法はありません。

痛みが消えた場合

数日様子を見てみて
痛みが消えた場合…
これは、なんとも言えません。

そのあとに痛みなどの症状が
出ないのであればそのあまで
良いと思いますが
また少し時間を空けて同じような
症状が出てくるようであれば
やはり何か異常が起きています。

虫歯でもそうですが、一度なってしまったら
ずっと痛みがある、というわけではなく
進行に応じて痛みが引いたりするタイミングも
あります。

痛みが消えたからと言って
100パーセント油断して良い、ということでは
ありませんし、もしも痛みを再発するような
ことがあれば、やはり、何かが起きている野は
間違いありませんから、
歯医者に相談した方が良いかと思います。

まとめ

治療したはずの歯が再び
痛くなった場合、それが治療直後でなければ
ザンネンながら治療した歯に何らかの
不具合が起きた、と考えるのが
妥当かと思います。

歯に限らず、一時的に痛いなぁ~と感じる
ようなことはあるかと思いますが
それが続いたり、何度も繰り返すようであれば
虫歯が再発したか、別の何かが起きたか分かりませんが
何か異常が生じている可能性は非常に高いです。

時間稼ぎの方法はありますが
結局のところ、歯医者に行かなくてはいけません。
歯医者に行く以外で、治す方法はないのですから…。
(行きたくない気持ちは分かりますけどね…)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする