学校のトイレの悩み対策マニュアル!お腹を壊さないために…?

学校のトイレ関係で
不安を感じている人も
中にはいると思います。

トイレが近かったり、
お腹が痛くなってしまったら
どうしよう、と不安になってしまったり
色々とあるでしょう。

学校のトイレを利用していると
中には笑ったりネタにしたりするような
クラスメイトもいるかもしれませんからね…

では、学校でのトイレの悩みは
どのように解消すれば良いのでしょうか。

それを、お話していきたいと思います。

悩みを解決するためのポイント

すぐにトイレに行きたくなってしまう、
すぐにお腹を壊してしまう…
そういった人もいるでしょうし、
そういったことになっていると、
どうしてもトイレのことが
気になってしまうかと思います。

そして、トイレのことばかり
気にしていると、人間とは不思議なもので
本当にトイレに行きたくなってきてしまいます。

つまりは悪循環ということですね。

学校のトイレで悩まない為の
ポイントをそれぞれ書いておきます。

授業後ごとに利用する

まず、トイレが近い場合、
授業の合間の休憩時間には
必ずトイレを利用するように
しておいた方が良いかと思います。

「トイレに行った」という
安心感も得ることができると思いますし、
例え、1時間の授業ごとに1回行っていたとしても、
変に不安を感じたまま授業を受けるよりかは
全然良いかと思いますし、
何度トイレに行ったって、別にそれは
個人の自由です。

「よくトイレ行くなぁ~」みたいな
ことを言ってくるクラスメイトも
いるかもしれませんが、
そういったクラスメイトは
基本的にはスルーで良いかと思います。

あまり飲まないようにする

トイレが近くなる原因のひとつは
水分の摂取です。
これは、当たり前のことですね。

なので、近くなってしまう場合は
「なるべく水分を取らないようにする」と
いうこともひとつのポイントになります

水筒や飲み物などをゴクゴクと飲み続けていれば
当然、トイレは近くなりますからね。

ただし、これは”加減”も必要です。

どういうことかと言うと、
世の中には「熱中症」というものも
存在します。
ご存じかとは思いますが
熱中症対策には水分が欠かせません。

そのため、「必要以上に飲みすぎる」ことを
避けることは大事ですが、あまり
過剰にセーブしないように、
注意した方が良いのは事実ですね。

ほどほどのバランスを保つように
していきましょう。

おなかの調子は整えておく

学校でお腹を壊すのが嫌だ!と
言う場合は、予めおなかの調子を
整えておく、ということが
ポイントになりますね。

学校ではお腹を崩さないようにする、
ということです。

まず、日ごろの睡眠だとか
生活習慣の見直しが大事になるかと思いますし、
暴飲暴食などを避けることも大切になります。

また、朝、学校に出発するまでの時間で
トイレは済ませておき、
お腹の調子を整えておく、ということも
大事なことになります。

場合によっては、余裕を持って早起きし、
トイレを済ませておけるようにする、
というのも一つの大事なポイントです。

気にしすぎないようにする

気にし過ぎること…
これも、非常に良くないことだったりします。
気にすれば気にするほど、
お腹の調子を崩す可能性も
上がってしまいますし、
気にすれば気にするほど、
トイレも近くなります。

心因性のものは実際に存在します。

一度気にしだすと、
ずっと気にするようになってしまって、
それが精神的な負担となり、
さらにトイレが近くなったりするなどの
悪循環に陥ってしまうことになります。

気にするな!と言われて
全く気にしない!なんてことがすぐに
できるのであれば、誰も苦労はしないと思いますが、
学校で自分自身がトイレのことばかり
気にしてしまっている場合に関しては
少しずつでも良いので、
気持ちを別の方向に向けるようにする、
ということも大事なことです。

整腸剤などを利用する

どうしてもお腹が弱い場合は、
医療の力を借りるしかありません。

市販でお腹の調子を整える
「整腸剤」なども販売されていますから
そういったものを利用してみるのも
良いでしょう。

また、どうしてもお腹の調子が
頻繁に悪い場合に関しては
何らかの病気や原因が隠れている可能性は
0ではありません。

そこまで深刻に考える必要はないとは思いますが
念の為、病院を受診し、
お腹の調子を頻繁に崩す理由は何か、
ということを調べておくと、良いと思います。

何事もなければ、それはそれで一種の「安心感」に
なりますし、何か原因があるのであれば
必要とあればその治療を行うこともできます。

深刻な病気である可能性は低いと思いますし
そこまで過剰に心配する必要は
ないと思いますが
お腹の調子が悪い日が続くようであれば、
念の為診察を受けておいた方が
より安心はできると思います。

食べ過ぎないようにする

お腹を壊しやすい人の場合、
給食などを食べすぎないようにする、
ということも一つの大事な要素になります。

たくさん食べれば食べるほど
トイレにも行きたくなる可能性が
上がりますから、
そういう面に関しても、注意をしておきましょう。

特に、朝からなんかお腹の調子がイマイチだなぁ、
みたいな感じのときは、
あまり大食いしないように意識して
気を付けておいた方が良いでしょう。

薬を常備しておく

お腹の調子が悪くなった場合に備えて
はら薬の類を、学校に持って行っておくことも
ひとつのポイントになりますね。

調子が悪いなぁと感じたら
早めに飲んでおき、体調を崩すことを避ける、
ということも大事です。

整腸剤などを飲むことによって
まず「安心感」を得られますから
多少、お腹の痛みなどが落ち着く可能性は
充分にありますし、
薬自体もちゃんと効いてくるはずですから、
しっかりと常備しておくことは
とても大事なことになるのです。

ただし、学校によっては
持ち込み自体がNGな可能性も
0ではありません。
先生にしっかりと許可を取るなどして
持ちこむようにして下さい。

また、お腹の薬に限らず、どの薬でも
しっかり用法を守って利用することが
大切になります。
自分で勝手に判断したり、
調子が悪いからと用法を完全に無視した
ような服用をすれば、
逆に悪影響を及ぼす可能性もありますから
その点にも、注意をしておくようにしましょう

我慢しすぎない

トイレに行きたい場合、我慢しすぎないように
注意して下さい。
あまりにも我慢をしていると
身体を壊し、病気になる可能性もあります。

上でも書いたような
対策をしっかりとしておき、
トイレに行きたいけれど我慢しなければいけない、
というような状況をなるべくつくらない!
ということが大事になります。

が、人間である以上
どうにもならないこともあるかと思います。
そんな場合に無理をして我慢するのは
身体にとって大きな毒になってしまいますし
絶対にやってはいけないことです。

たとえ授業中であったとしても
先生に申し出るなどして
しっかりとお手洗いに行くようにして下さい。
先生も、ちゃんと伝えれば
(日頃サボっているような場合は別かもですが)
まさか「行くな」とは普通であれば
言わないはずです。
無理して我慢しすぎないように、
これはとても大事なことなので
覚えておくようにしましょう!

可能であれば…

気軽にトイレに行けるような雰囲気が
クラス全体に出来上がっている、
というのが一番良いとは思います。

なかなか難しいことではありますが
トイレを利用する人を笑ったりするような人が
おらず、平和的なクラスを作ることができれば、
それが一番良いでしょう。

ただ、現実的になかなかそれは
難しいのも事実ですけどね…

クラスの雰囲気を少しでも良くすることができる
ポジションなら、変えてみるのも
髙い難易度ですが、アリではあると思います。

まとめ

学校のトイレで悩んでしまうと
本当に色々と悩んでしまい
そのせいで、辛い学校生活に
なってしまうことも
あるかと思います。

そのようなことになってしまわないように
可能な限りの対策はしておき、
どうしてもだめな場合に関しては
我慢しすぎずにトイレを利用する、
ということが大事になってくるかと思います。

あまり、悩みすぎないようにしておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする