怪しい募金に騙されないように!募金しない方が良いものは…?

日常生活

店員Kです!

募金活動。
困っている人を助けるためのお金を集めたり、
その他もろもろの、人のためになる活動です。

しかし、それは”本来は”の話です。

世の中には募金といつわって、人からお金を
だまし取るような人も実際に存在していますので、
これらには注意しなくてはなりません。

騙されて募金してしまえば、そのお金は、
ちゃんとした場所には届かず、悪意のある人間に
お金を寄付しただけになってしまいます。

では、どんな募金に気をつければ良いのでしょうか。

怪しい募金活動はどれ?

世の中には、色々な募金活動が存在しています。
もちろん、ちゃんとした募金活動も多く存在しますが、
ちゃんとしていない募金活動も多く存在しています。
人を騙そうとする”偽物”も次第に巧妙になりつつありますから、
私も含めて、その場で、ホンモノかニセモノかを
見極めるのは、非常に難しくなっています。

残念なことではありますが、善意の募金をするためにも
”警戒”が必要な世の中になってしまっている、というのが
今の世の中ですね。

もちろん、中には本物もあるとは思いますが、
騙されない為には”怪しい”ものには募金しないことが
必須条件となります。
悲しい事ではありますが”疑わしきものには募金しない”
ということです。

では、注意するべきものを見ていきましょう

①はっきりしない部分がある募金には募金しない

まず、はっきりしない部分のある募金活動には
協力しない、ということです。
募金の主催団体、募金で集めたお金の用途、主催者の連絡先
などなど、そういった情報が開示されていなかったり、
もしくは曖昧だったりする場合は、協力しない方が良いでしょう。
もし本当だったとしても、自分たちのことを曖昧にしか
言えないような団体に、協力する必要はないかと思います。

募金の用途を聞いたりして、返事に詰まったり、
訳の分からないことを言っている場合も、
協力しない方が、良いかと思います。

とにかく、色々な部分ではっきりしない募金活動には
協力しないべきです。

②街頭での募金

もちろん、ホンモノもたくさんいますが、
街頭での募金は、悪意を持った人にとっても
やりやすいものになっています。
そのため、確実性を取るのであれば、街頭募金には
協力せずに、別の募金活動の実績がある団体への
募金を行ったり、
街頭募金のチラシなどをもらっておき、
ネットなどで検索してみて、ホンモノかどうか
確認してみてから、募金するのが良いかと思います。

ただし、注意したいこととして、偽物でも、
ホームページを立ち上げている可能性はある、という
点には注意しておきましょう。
”確実に安全だ”と思えるもの以外には
募金しないようにした方が、確実だと思います

③自宅訪問や郵送など…

自宅訪問や郵送の募金活動も、しっかりと素性を
確認できるもの以外には、募金を行わないように
することが望ましいです。
特に、自宅訪問の場合、勢いに乗じて、募金
させられてしまう可能性も0ではありませんから、
相手のペースに巻き込まれないようにしましょう。

訪問してくる募金団体は少ないとは思いますが、
念のため頭に入れておくことをおすすめします。
一番良いのは玄関を開けず、インターホン越しで
会話を終わらせてしまうことですね。

④有名な団体を利用する

一番確実なのは、有名な募金団体を活用することです。
どのみち募金を行うのであれば、
確実に役に立つ可能性のある団体に募金した方がよいです。
用途が不明だったり、聞いたこともないような団体だったり、
何もかもがはっきりしなかったり…
そういう団体に募金するのではなく、
募金をする意思があるのであれば、
ちゃんと募金活動の実績がある団体などを通した方が
より確実であり、安心です。

聞いたことのない団体でも、ちゃんとやっているところも
当然あるとは思いますが、悲しい事に、
世の中には騙そうとする団体も数多く存在するので、
まずは疑った方が、自分の身の為となるのもまた事実です。

もしも怪しいと思ったら?

もしも怪しい団体が居る、という場合は
警察や消費者センターに相談することが可能になっているようです。
怪しいと感じた時点で、募金をせずに、関わらないようにするのが
一番手っ取り早い方法ではありますが、どうしても相談したい、
という場合は、相談してみるのも一つの方法ではあります。

また、もしも被害にあってしまった場合ですが、
警察などへ相談する方法もありますが、
相手のことがイマイチ分かっていなかったり、金額が少額
だったりする場合、刑事事件として、警察が積極的に
動いてくれる可能性は低いです。

そのため、やはり、怪しいと思った募金に関しては
協力しないことで、自分の身を守るのが
一番の方法になります。
人の善意につけこむ人が、多い世の中ですから、
仕方がないのです。

まとめ

募金は悪い事じゃありませんし、
しっかりと活動している団体・人がいるのも事実です。
しかしながら、それを利用しようとする人が多いのも
また事実で、募金自体が怪しいものに思えてしまう
人も中にはいるのではないでしょうか。

悲しいことですが、一番の防衛方法は
「一切募金しないこと」になってしまいます。
冷たいとか、そういうのを置いておけば、
騙される確率を0%に出来る、数少ない方法でしょう。

ですが、募金自体は悪いものではありませんし、
しっかりとした団体に募金すれば、ちゃんと
役立ててもらうことはできます。

難しいところですが”見極め”が大切だと言うことになりますね。

コメント