ブログの読み込みが遅い!ブログが重い場合のデメリット!

ネット

店員Kです!

ブログを運営している人たちにとって
注意しなくてはいけないことの一つが
「ブログの読み込み時間」ですね。

読み込みに時間がかかってしまうブログは、
色々な部分でデメリットを背負うことになってしまいます。
出来ることであれば、改善したほうが、良いでしょう。

今回の記事ではブログの読み込み時間が
遅いことで、どんなデメリットがあるのかどうか
ご紹介していきます。

ブログを運営する人にとっては
大事なことなので、覚えておきましょう!

ブログが重いまま放置していると…

ブログが重いまま放置していて、
読み込み時間が長いままにしていると、
ブログ運営者側にとっても色々なデメリットが
出てきます。

当然、運営者側だけではなく、見る側にも
「なかなか読みたい情報が表示されない」という
ことは大きなデメリットになります。

ブログが重いまま放置していると、
どのようなことが起きてしまう可能性があるのか。
それを見て行きましょう。

あくまでも趣味で書いているだけで
ブログのアクセス数なんてどうでもいいや!という方には
それほどデメリットとなる影響はありませんが、
できる限り多くの人に見てもらいたい!という人や、
ブログで収入を稼いでいる!という人にとっては、
ブログが重い!というのは重大な問題です。

では、ブログの読み込み速度が遅い状態のまま
放置しておくことで、どんなことが起こりうるのか、
それを、見ていきましょう。

①離脱率が上がる

読み込みが遅いブログ…
それをそのまま放置していると
ブログにアクセスしてくれたユーザーの離脱率が上がってしまいます。

このブログ面白そうだな、だとか、役に立ちそうだな、と思って
開いたサイトがなかなか表示されなかったらどうでしょうか。
「やっぱいいや」と思って、そのサイトを閉じたりしたことは
ありませんか?
私はあります。

つまり、ブログが重いまま放置しておくことで、
「あなたのブログを見ようとしたけどやめた」という人が
出てきてしまうわけです。
これは、アクセスの増加だとか、ブログでの収入を
考えている人にとっては、当然大きな損失となるわけです。

また、気長に待ってくれて、ブログにアクセスしてくれた
ユーザーが居ても、ブログ内の色々なページを見ていくうちに、
ここのサイトは読み込みがいちいち遅いなぁ、と感じれば、
やはり、離脱してしまう可能性は、当然高くなるわけです。

そういった意味でも、離脱率が上がる、ということは
非常に大きなデメリットとなってしまいます。

②サイトの評価にも関わる

サイトの読み込み鵜速度が遅い、ということは、
検索エンジンにおける評価に関わる可能性もあります。
検索エンジンのクローラーがアクセスした際に、
読み込み速度が速いほど、評価されると言われています。
そのため、検索結果でなるべく像を狙いたい!という方に
関しても、やはり、ブログの重さというものは、とても重要な
項目になってくるのです。

サイトの評価が下がれば、検索順位などに影響する
可能性もありますし、検索順位が下がれば、当然のことながら
アクセス数にも影響します。
また、離脱率の高さなども、一連の流れに悪影響を
及ぼす可能性があり、全てにおいて”ブログが重い”ということは
マイナスを引き寄せてしまうことに繋がってしまいます。

③収益にも影響が出る

ブログを収益化している人にとっては、これは
大きな問題ですね。
ブログの収益化なんて関係ないよ!という人には特にここの部分は
関係ないのですが、ブログから、何らかの収入を得ている、という場合は、
ブログが重いということは、大きなマイナス要因になってしまいます。

まず、これまでに書いてきた①、②の要素も響くのですが、
ブログで収益を上げている人にとって、大事なことの一つが
アクセス数です。
もちろん、アクセス数以外の大事な要素もたくさんあるのですが、
そもそものアクセス数がなければ、収入云々以前のお話に
なってしまうわけです。
そのため、最初に書いた「離脱率が上がる」ということは
大きな問題なわけです。
結局、ブログの中身を読んでもらうことができない、
ということになりますからね。

また、サイトの評価が下がることも、ブログを収益化
している人にとっては大きな問題です。
検索エンジンでの順位が下がれば下がるほど、人の目に入る
機会と言うのはザンネンですが、確実に減って行きます。
少しでも多くの人に、自分のブログを見てもらう必要が
あるわけですから、
この点は、大変な要素であるかと思います。

そして、①、②と関係ない要素として、
ブログが重ければ重いほど「広告などの表示にも影響」が
出ると言うことも挙げられます。

ブログが重ければ、当然、ページが完全に表示されるまでの
速度にも影響が出るわけです。
すると、広告や、収入を得るために、ブログに貼りつけているものが
表示されるまでに時間がかかってしまう、ということでもあります。

収入を得るためのものが表示されるまでに時間がかかる=
それを見てくれる人間の数も減る、ということです。
と、なればどうなるか、当然この部分でも
収益に影響が出てくることになります。

このように、収益一つとって見ても、
色々なデメリットがあるわけですね

④管理画面も…?

場合によっては、ブログの管理画面にも
影響が出てしまう可能性があります。
管理画面の動作が重くなって来たり…
そんな感じですね。

そうすると、ブログを書いている自分自身にも
影響が出てきてしまいます。
管理画面が重い、ということは当然作業がやりにくい、
ということですし、ブログを書くスピードにも
影響してきます。
書くスピードが遅くなれば、ブログの記事数だとか
質にも影響する可能性もありますし、
そういった部分に影響が出れば、当然のことながら
大きな目で見れば、ブログのアクセス数、ひいては収益だとか
色々な部分に大きな影響を及ぼす悪循環になってしまいます。

ブログの管理画面が重くなっている場合は、
ブログの表示も重くなっている可能性は非常に
高いので、注意しましょう

⑤純粋に見る側にとっても…

ブログの収益だとは、そういう部分は
度外視したりとしても、やはり純粋に見る側にとっても
気持ちの良いものじゃないですよね。

読み込み時間の長いブログと、
すぐに読み込んでくれるブログがあれば
どちらが良いかは、言わなくても分かるかと思います。

ブログを書いているのは何故か。
中には自己満足目的で書いている人も居るかと思いますし、
その場合は、自分が満足できていれば良いですが、
ブログを収益化している人も、ブログを誰かに読んでもらいたい人も、
結局のところ「多くの人に見てほしい」という気持ちは
同じだと思います。

ですので、そういった目的でブログを書いている人にとって、
ブログが重い、というのは非常に問題ですし、
デメリットになってしまいます。
自分のブログを書いている人は、ただ単に記事を更新したり
するだけではなく、時々は、読む側の立場に立って、
色々と見てみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

ブログが重い事は、色々な部分に影響を及ぼします。
影響が出る、出ない、は色々な環境などによっても
異なりますから、一概に言うことはできませんが、
少なくとも、プラスになる要素はありません。
あるのはマイナスだけです。

今回の記事ではブログが重い事に関する
デメリットについてご紹介しました。
機会があれば、ブログの読み込み速度を高めるためには
どのようなことに気をつければ良いか、
ということについても、書いていきたいと思います。

目的は何であれ、人に読んでもらいたい場合は、
快適さにも気配りしたいものですね!