退職届の撤回はできる?提出後に取り消しできるのかどうか…。

この記事は約6分で読めます。

職場やバイト先に
退職届を出したり
退職の意思を伝えたり
してしまったけれど
やっぱりその退職を取り消ししたい!

と思うような人もいるかもしれません。

では、退職の意思を伝えたり、
退職届を出したりしてしまったあとに
それを取り消すことはできるのかどうか、
ということをお話していきたいと思います。

退職は人生を大きく左右することになる
転換点のひとつになりますから、
しっかりと考えてから
決断することが大事になります

スポンサーリンク

撤回することはできるの?注意点は?

退職を撤回することはできるのかどうか。
この答えは「職場によって異なる」というのが
答えになります。
全体的な決まりだとかそういったものは
存在せず、
退職の届をしたあとに、
それをキャンセルすることができるのかどうか、ということは
会社や部署、上司によっても異なってきますし、
あなたがどの程度会社に必要とされているか、
という部分なども影響してきます。

そのため、一概に「退職届を撤回できる」だとか
「撤回できない」だとか
そういったことはありません。

下記で注意点やポイントをそれぞれ解説していきますので
そちらの方も参考にしてみてください。

よく考えてから決断を

退職の意思を伝えたり、退職届を提出
したりする場合、
基本的には「もう後戻りはできない」と
考えておくようにしましょう。
もちろん、会社や上司によっては
撤回することも可能ではありますが
そうでない場合もあります。
あなたの職場が”どっち”かは、実際に
退職届を撤回してみようとしなければ
分かりませんが
撤回できない可能性も十分にあります。

退職届や退職の意思を伝える、と言う行為は
軽々しくやって良いものではありません。
基本的に「やっぱりやめた」だとか
そういうことはできないものだと
自覚しておき、注意する必要が
あるかと思います。
一度退職の意思を伝えたら
もう振り返ることはできない、
ぐらいの覚悟はしておく必要があります。

取り消すなら早い方がいい

退職を撤回するのであれば
早い方がいいです。
1分1秒でも早く、です。
例えば、上司に退職届を提出しても、
その時点では「上司」で止まっているお話です。
必ず、上司が人事部だったり上だったりに
あなたの退職を(小規模な会社で上司がトップ
だったりする場合は別ですが)伝えるはずです。

そうなってしまうと、
もう止めることができない状況に
陥る可能性は非常に高いですから
なるべく早く上司に撤回の意思を伝える、
ということが撤回したいのであれば
重要になります。

もちろん、それで上司が撤回を
受け入れるのかどうか、
それは分かりませんが、
少なくとも、上に話が通ってからでは
手遅れになる可能性が飛躍的に高くなりますし、
そうなってしまわないためにも
なるべく早い段階で退職の撤回を伝える
必要があります。

ただ、それでも「もう手遅れ」な可能性は
十分にありますから
その点は注意をするようにして下さい。
先ほども書いた通り退職は
”やっぱりやめた”ということは
通用しませんから、気を付けましょう。

撤回できない可能性も

当然、退職届などを提出したり、
正式に退職の意思を伝えてしまっている場合は
会社側はもう”次”のことを考え始めていますし
退職の手続きを進めることでしょう。
そのため、退職の撤回をしたい、と
考えても撤回できない可能性は
十分にありますし、
明確に自分自身から退職を告げて
その証拠や記録もしっかりと
残ってしまっている場合に関しては、
もうどうにもならない可能性も
非常に高いです。

退職の撤回が出来なくても
一度自分から申し出ている以上、
違法でもなんでもありませんし、
これは、自己責任です。
会社側から脅されて退職を申し出ただとか
そういった特別な事情でもあるなら
話は別ですが、
そうでないのであれば、
退職の撤回が出来なくても
仕方がありません。

会社側からしてみても
正式に退職を申し出られれば、
次の人員確保だとか
仕事の振り分けだとか
色々な作業を進行し始めます。
そこに「やっぱり退職は撤回します」と
言われても、既に次の採用者や
別の部署から異動してくる人間などが
決まっている可能性もあり
対応できない可能性は十分にあります。

どんなに早く撤回しようとしたとしても
一度退職の意思を明確に伝えているような場合
撤回は難しい場合もあります。

撤回できても…?

仮に退職を撤回できたとしても
注意が必要です。
これはどういうことかと言うと、
一度は「退職しようとした」という人だと
いうことが会社側にも上司側にも
同僚にも知れ渡ることになりますし、
退職を申し出たのにそれをすぐに撤回した、
ということも会社側に知れ渡ります。

”信用面”においては
大きく信用を落とすことになるでしょう。

”またすぐに辞めるかもしれない”と
思われてしまうかもしれませんし、
信用できないやつだと思われてしまい
”いつ辞めても大丈夫なような”そんな
扱いを受けることになってしまう
可能性は、ザンネンながら否定はできません。

雇う人間の立場になって考えてみれば
想像もつくかもしれませんが、
退職を申し出てきて「やっぱり退職を撤回します」と
言ってきたような人は、
やはり、どこかで不安になると思います。
また急に退職を申し出てくる可能性だって
考えられますし、
急に話がコロコロ変わる可能性も
考えられますからね…

そういったこともあり、
退職を申し出たあとに退職を撤回することが
仮にできたとしても、
それは自分自身へのダメージに
繋がる可能性が十分にありますから
その点は、注意をしておかなくてはいけません。

撤回できなかった場合は?

もしも撤回することができなかった場合…
これは、その会社をそのまま退職することに
なるかと思います。

どうしても諦めきれないような場合は
会社と話し合ってみても良いと思いますが
恐らくは、平行線になるでしょうし
仮にそれで退職撤回が認められたとしても、立場は
非常に悪くなることが予想されます。

そのため、新しい職場の道を
探した方が早いのではないでしょうか。
一度退職を申し出てしまった以上、
そのまま退職になってしまっても
仕方がありません。

撤回できなかった場合に関しては、
次の職場を探す、ということに
重点をおいて、やっていくしか
最終的にはないかと思います。
どんなに騒いでも、
正式の退職届を出すなどして
退職が受理されてしまっている場合、
もう、手遅れですし、
法律上退職の撤回に応じる必要は
基本的にありませんから、
もう、どうすることもできないのです

安易な気持ちで退職を告げてはならない

大事なこと安易な気持ちで
退職を告げてはならない、ということです。
これまで散々書いてきた通り、
退職は撤回できない可能性も高いですし
撤回できたとしても、人生に大きなダメージを
与える可能性が十分にあります

会社に退職を告げる際には絶対に
安易な気持ちで退職を告げたり
しないようにし、自分がこのあとどうするのかどうか、
ということをしっかりと考えた上で
対応していく必要があります。
くれぐれも軽い気持ちで退職を告げたり
しないように、注意しましょう。

まとめ

退職届の撤回は、法律上で決まりが
ないので、基本的に会社がNoと言ったら
Noということになります。
そのため、退職は安易に判断するのではなく
慎重に考えて、自分の中でしっかりと
答えを出してから会社側にその意思を
伝えるようにして下さい。

そうでないと、後から後悔しても
もう手遅れだ、ということに
なってしまいますから、
そうなってしまわないように、
注意をしていく必要があるのです。

タイトルとURLをコピーしました