身の回りのキーボード騒音に悩む人へ!5つの対策方法!

ネット

店員Kです!

パソコンのキーボード入力音…
皆様はどう思いますか?
気になる!と言う人も居れば、
気にならない!という人もいるかと思います。

私は、仕事でよくパソコンを使うのですが、
やはり周辺に、キーボードの音が気になる、という人居れば
全く気にしない!という人も居ます。

が、気になる人にはとても気になるものですよね。
ガチャガチャやられているのと、
結構な騒音になるのは確かです。

今回は、自分の身の回りにキーボード入力をする人が居て、
その音が気になってしまう!という場合の
対処法について書いていきます!

キーボードの騒音対策!

キーボードの騒音…
気になる人にとっては、なかなか気になるものです。
ただ、仕事場にせよ、プライベートにせよ、
身近にパソコンを入力する人が居ると、
どうしてもキーボードによる騒音が発生するものです。

しかしながら、その騒音を抑えたりする方法も
あることは事実です。
身の回りのキーボードの騒音が気になる場合、
どうすれば良いのか、その対処法を書いていきます。

ちなみに、自分自身がパソコンをよく使う場合の
キーボードの騒音対策については
騒音を抑えるための方法の方を
ご覧下さい!

①本人に相談してみる

キーボードの音がどうしても気になってしまうのであれば、
やはりキーボード入力をしている本人に相談してみるしかありません。
それが、一番手っ取り早い方法でしょう。

キーボード入力している人が、どのような相手かにもよりますが、
「キーボードの音が気になってしまう」と相談できる相手なので
あれば、相談してみるのが良いと思います。

相談する際はあまり偉そうな言い方はせずに、
あくまでも下手に出るほうが良いかと思います。
人間心理として、偉そうに言われると、
良い対応をしてくれない人も多いので、そこのところは
注意しましょう。

また、相手と自分の関係性から、なかなか指摘できない
場合もあるかと思います。
相談するだけなら・・・とは言え、なかなかそうも行かない
間柄…ってことも実際にありますからね。
その場合は別の方法を使うしかありません。

本人に相談してみれば、言われた相手も
キーボードの入力方法を工夫したり、
キーボードを交換したりして、対策してくれるかもしれません。
とにかく、相談できるのであれば、まずは相談してみることです。

こちらが「嫌だ」と感じていることを言わなければ
キーボードの音に不快感を感じていない人間からしてみれば、
嫌がっている人が居る、ということに気付くこともできない場合もあります。

わたしは、キーボード入力をしている側の人間
(仕事で使うので…)ですが、
やっぱり相手がどう思っているのかは言ってくれないと
なかなか分からないこともあります。

なので、キーボードの音について指摘できる相手なのであれば、
指摘してしまった方が良いかと思います。

②キーボードを交換する

キーボードの音がうるさい!と感じる原因の一つに、
使っているキーボード自体が発する音がうるさい可能性もあります。
その場合は、キーボードを交換してもらうことで、
キーボード入力の音を随分と下げることができるかと思います。

今では静穏タイプのキーボードというものも存在しており、
それを使うことで、キーボード入力の際に発生する音を
抑えることが可能になります。

流石に、通常のキーボードより値段は高くはなりますが、
安いタイプのものを購入すれば、1000円ちょっとで購入することが
できます。
「静穏キーボード」とでも、ネットショップで検索すれば、
色々な商品が出てくると思いますし、
家電量販店などで、静かな音のキーボードを探している、と
尋ねれば、案内してくれるかと思います。

ただ、他の人のキーボード入力に対する音が気になっている場合、
キーボードを使っているのは、自分自身では無いでしょうから、
その辺りは忘れないようにする必要があります。

何の承諾も無く、勝手にキーボードを買い替えてしまえば、
トラブルになってしまう可能性もあります。
実際にキーボードを入力してみれば、分かるかと思いますが、
キーボードを入力する人間にとっては、
使うキーボードが変わるだけでも入力のスピードや
使い心地に大きく影響を及ぼす可能性があるのです。

そのため、キーボードの騒音対策で、
キーボードを交換する場合、
自分がキーボードを使っている側の立場であるのなら
良いのですが、そうでない場合は、キーボードを使っている本人と
相談してから、静穏キーボードを本人に買ってもらうなり、
自分で購入するなりして、対策するようにしましょう。

③場所を移動する

もしも、自分が移動できる状態なのであれば、
キーボードを入力している人間から離れるように
してみるのも一つの方法です。

これなら、キーボードを入力している相手に
何かを言わなくても済みますし、
自分が移動できるのであれば、場所を移動してしまうのが
一番簡単な方法です。

職場でもプライベートでも、
移動でいる環境にあるのであれば
早めに移動してしまうことをおすすめします。

ただ、どうしても移動できない!という場合も
あるかと思います。
仕事上で座席が決まっている場合、移動するのは
難しいと思いますし、プライベートにおいてもそれは
同じことです。

移動できる場合は移動
(少し離れるだけでもだいぶ違います)、
どうしてもできない場合は、別の方法を使いましょう。

④相手に移動してもらう

自分が移動することが困難なのであれば、
相手にキーボード入力をする場所を移動してもらうのも
1つの方法です。

ただ、これに関しても相手に直接言わなくてはけないので、
間柄によっては難しいこともあるかと思います。

「移動して欲しい」と言えるような間柄であるのであれば
①の方法で、相談した方が、いきなり「移動して欲しい」と言うよりは
平和的だと思いますから、
この方法もありと言えばアリですが、①の方法の方を個人的には
おすすめします。

⑤その他の方法

結局は、キーボードを入力しているのは人間ですから
①で書いたように、相手に直接相談できるのが一番良いのですが、
どうしても相談するのが難しい関係性の場合は、
「他の音で紛らわす」という方法もありますね。

キーボードの入力音を、別の音で気にならないようにする、
ということですね。
仕事場ではなかなか難しいかとは思いますが、
自宅などであれば、音楽を聴いたりだとか、他の音で、
キーボード入力音を打ち消すことはできるかと思います。

耳鳴りの治療などでも、他の音で、耳鳴りが気にならないように
する方法などもありますから、
そういった方法を用いてみるのも一つの方法だとは思います。

そして、最終的に、どうにもならない、という場合は、
なるべく気にしないようにするしかありません。
本当は、本人に相談してみるのが一番ではありますが、
どうしても相談できず、移動もできず、
他の気分転換の方法も使うのが難しいということであれば、
後はなるべく気にしないようにするぐらいしか、有効的な方法は
残されていません。

まとめ

キーボードの入力音は、確かにうるさいものです。
日常的にキーボードを使っていると、だんだんと慣れてきてしまう人も居れば、
いつまでも不快な音に感じる人も居る…。
そういうものです。

もしも身の回りで、キーボード入力をする人がいて、
どうしてもうるさい!という場合は我慢しすぎずに、相手に
相談してみると良いと思います。
大抵の人は、何らかの配慮をしてくれるはずです。

ですが、相手が聞く耳を持ってくれなかったり、
何らかの事情で相談出来ない場合は、
自分自身で防衛するしかありません。

使っている側も、私も含め、ある程度配慮することが
大切なのだと思います。

コメント