ゴールド免許の条件&メリットとゴールド免許の人の特徴

日常生活

店員Kです!

皆様は運転免許証をお持ちですか?
中には”ゴールド免許”を持っている方も居るのではないでしょうか。

私も一応、ゴールド免許だったりします。

ゴールド免許だと特典もありますし、
できることならほとんどの人がゴールド免許になりたい!
と思うかと思います。

しかし、ゴールド、ゴールド言っていても、
意外とその条件や、ゴールド免許のメリットなどを
知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事ではゴールド免許の獲得条件、
ゴールド免許のメリット、そしてゴールド免許を持っている人の
特徴をそれぞれ書いていきます。

どうやったらゴールド免許に?

自分の免許がゴールド免許かどうか、
それを知らない方も居るかもしれません。
念のために最初に見分け方を書いておきますと、
自分の免許証の「有効期限」が書かれている場所で見分けます。

そこの帯の色が金色になっていれば
あなたはゴールド免許、優良ドライバーと言うわけです。
やりましたね!

え?でも何もしてないけど…?と思う方も
いるかもしれません。

ゴールド免許の条件は
・免許を5年間以上継続して取得していること
・免許更新年の誕生日、または新規免許取得日の41日前を基準とし、
 過去5年間無事故・無違反を継続していること

の2つとなっていますね。
つまり、最短でも、免許を取得してから5年間はゴールド免許になることはできません。

簡単に言えば5年間無事故・無違反で初めて
ゴールド免許になれる、ということですね。

ゴールド免許のメリットとは?

ただ帯の色が金色になるだけ…なわけはありません。
ゴールド免許になると、ちゃんとしたメリットがあります。
その中でも、まず挙げられるのが
「運転免許証更新時の負担軽減」だと思います。

有効期限が3年⇒5年になるので、
更新に行く頻度が少なくてすみます。
(高齢になると、年齢に応じて期限が変わってきます)

また、免許更新時の講習の時間が30分となり、
通常のドライバーよりも短くなるのも一つの利点ですね。

他に、講習の手数料が安くなる、などのメリットもあります。

これらが、ゴールド免許取得者の利点の一つになります。

一応、免許の更新以外の部分では
・任意自動車保険の保険料の減額
・Safe Driver カードによる優遇店舗での割引
などが存在します。

色々な面で、優遇されるわけですね。

もしも違反してしまうと…?

ゴールド免許獲得後に、もしも違反をしてしまうと、
当然、ゴールドではなくなってしまいます。

ただし、その場でゴールド免許の権利がはく奪されるわけではなく、
次回の更新まではゴールド免許というカタチになります。

切り替えはあくまでも免許の更新時なので、
万一、違反をしてしまったからと言って、いきなりゴールドで
無くなるわけではありません。

次の更新日まではゴールドのままですし、
次の更新期限が早まることはありません。
(次の更新時にゴールドではなくなり、その次の更新は3年になります)

ゴールド免許を持っている人の特徴!

ゴールド免許は優良ドライバーの証。
確かにそれはそうだとは思います。

ですが、ゴールド免許を持っている人だから、
この人の運転は安心だ!と考えるのは早計ですし、危険です。

ゴールド免許を持っている人の中には
「一般」の免許を持っているより、はるかに危険な人も含まれています。

それはどういうことなのか。
ここからはゴールド免許を持っている人の特徴について書いていきます!

①本物の優良ドライバー

もちろん、正真正銘の優良ドライバーさんも居ます。
こういう方の車の運転は、やはり穏やかで優しい感じ、かつ丁寧な
運転の方も多いのではないでしょうか。

少なくとも、車に乗るたびに、性格が豹変する人や、
元々のイメージ通り、荒く車を運転するような人はゴールド免許に
なることはないでしょう。
5年間もあれば、どこかで違反を故意・意図的にかかわらず
起こしてしまうと思います。

なので、ゴールド免許を持っている人で、ちゃんと運転もしている人は
”安心”して、一緒の車に、乗っていて良い人だと思います。

②それほど運転しない人

頻繁に車を運転する人って、うっかり標識を見落としたりして
入ってはいけない道に入ってしまって、それが原因で違反を
とられてしまったりすることもあります。

当然のことながら、どんなに安全運転を心がけていたとしても、
車を運転する頻度が高ければ高いほど、違反をする確率も
上がっていきます。

なので、ゴールド免許の人の中には、
車をそれほど運転しない人、も含まれます。

普段あまり運転しなければ、そもそも違反になる機会もありませんから、
当然ですよね^^

あまり運転しない人はゴールド免許に流れでなる可能性もあります。

③ペーパードライバー

そして、究極がペーパードライバー。
実際のところ、免許取得後に、車を一回も運転しなくても、
免許の更新にだけ継続的に行っていれば…
ゴールド免許になります。
…いえ、なってしまいます(笑)

5年間一度も運転しなければ当然、事故を起こす可能性は
0パーセントです。

懸賞に応募しなければ絶対に当たらないのと同じで、
車を運転しなければ、絶対に事故を起こすこともないのです。

そして、世の中にはペーパードライバーが一定数存在します。
別に、ペーパードライバー自体は悪い事でもなんでもありません。
ですが、必然的にペーパードライバーは更新にさえ行っていれば
ゴールド免許になるのです。

確かに、乗らないのですから、免許の更新を頻繁に
する必要が無いと言えばありませんから、
理には叶っているような気がしますが。。

ゴールド免許の人が安全運転とは限らない

大事なところはここです。
ゴールド免許=この人の運転は安全だ

という考えは間違えです。

上で書いた通り、ペーパードライバ-もゴールド免許を
獲得できます。
…と、いうより更新さえしていれば
全てのペーパードライバーはゴールド免許になります。

ペーパードライバーは安全運転できるかもしれませんが、
人によっては運転の基礎すら忘れている可能性も。
実は私もペーパー気味なのですが(乗る機会がない笑)
はっきり言って、まともに運転できる自信がないです(汗)

そういう人も、ゴールド免許を持っているわけですから
ゴールド免許=安全とは限りません。

例えば、私はゴールド免許ですが、
どう考えても、普通の免許や、意図的でない違反をしてしまったドライバーの
方が安全な運転をするでしょう…。

運転免許の色では、その人の運転が安全かどうかははかり知れない、
そういうことになります。

ちなみに、他にも
「ゴールド免許だけど、既に違反をしてしまっていて
 次の更新時にはゴールド免許ではなくなる」人も、
期限が切れるまではゴールド免許ですし、

「いつも乱暴な運転をしているけれど、たまたま運が良くて
 事故や違反にはなっていない」人もゴールド免許です。

これを聞くと、ゴールド免許=安全とは限らない、ということです。

その人の運転が安全かどうかは、免許の色で判断するのではなく、
実際に乗ってみないと分からないものです。

まとめ

ゴールド免許は取得すると、色々とメリットがありますから、
無事故・無違反で5年間過ごせるに越したことはないです。

まぁ…ゴールド免許うんぬんに限らず、車の運転は安全運転を
心がけることが大切ですから、その点は忘れないようにしましょう!

一度、車で大事故を起こしてしまうと、色々な社会的な責任や
賠償などがついて回り、まさに人生終了状態になってしまいますから
日々の安全運転は絶対に忘れないように心がけることが大切ですよ!

何かあってから後悔したのでは、遅いのです。