高齢者の免許返納 免許返納しない高齢者は自己中心的!

店員Kです!

ご高齢者による交通事故。
時々目にしますよね。
そういう事故が起きては騒ぎになり、またしばらくすると忘れられる…
そんなことを繰り返しています。

そんなこんなで、高齢者の免許返納が騒がれています
免許返納をした高齢者の方には返納の証明書が進呈されたりも
しているようです。

ただ、免許の返納に関しては法的拘束力はありませんし、
免許を返納するかどうかはあくまでも、ご高齢者ご本人の意思に
任されています。

今回はこの免許返納について書いていきます。

スポンサーリンク

高齢者の運転

高齢者の運転。これほど怖いものはありません。
別に悪意があって言っているわけではなく、これは仕方のないことです。

人間誰だって年をとれば、体の機能が弱くなっていきます。
これは避けようとがありません。
いつまでも若いままで居ることなんて、人間にはできませんからね。

なので、年を取れば取るほど、どんどん運転も危ないものになっていきます。

判断能力も鈍りますし、
突然の病気や発作で運転中に倒れるリスクも上がります。

私だってそのうち、遠い未来、年老いればそうなるでしょう…
人間である以上、これは避けようがありません。。

高齢者は免許返納を!

私はこう思います。
運転するのは自由だろ!という声もあるかもしれませんが、
周りのことを考えてみてください。

もしも高齢者の方が突然倒れたりして事故を起こしたら、
そして思考判断が上手く行かず事故を起こしたら…。
それで誰かが犠牲になってしまったら…。

一体誰が責任を取ると言うのでしょう?
ご本人はそれでも良いかもしれません。

ですが、被害にあった方のことを考えてみてください。
暴走した車に突然ひかれて命を奪われた、
そして残された遺族。
その気持ちを考えて見たことはありますか?

頑固になってはいけません。
”高齢者”になった以上、そういう事故を起こすリスクは
日に日に上がっているのです。

”自分が運転したいから”
周囲を危険にさらす、のではお話にならないでしょう。

そして、高齢者本人のご家族のこともかんがえてみてください。
被害者側に補償するのは誰か。
今後長い間、責められ続けるのは誰か。

本人はもう先が短いかもしれないので、良いのかもしれません。
ですが、ご家族にとってはたまったものではないでしょう。

”返納しない”ご高齢者の方は
申し訳ないですが、自分のことしか考えていません。
自分と、身の回りの人の都合しか。

被害に遭う人のことを考えてみてください。
何の罪もないのに、突然高齢者の車にひかれる
(もちろん、高齢者の車でなくても悲劇ですが
今回の記事のテーマは高齢者の免許返納なので省きます)
ことの悔しさ・悲しさ。

それをちゃんと分かってあげられる人なら
”免許返納”という道を選ぶでしょう。

ここまで書いておいて、お前は!?と言われると
困るので書いておきますが、
私はちゃんと老いたら免許返納します。
約束です。
(まだ何十年も先ですが…)

では、免許返納しない人の理由として多いのを
順番に見ていきましょう。
どれも結局は、自分のことしか考えていないのが
分かると思います。

①「自分は平気だ」

これは何を根拠にそう言っておられるのか、
私は理解に苦しみます。
「あなたは神か何かなのですか?」と聞きたいです。

いつ倒れるか。
いつ判断を誤るか。
そんなこと分からないハズです。

よく御高齢の方の中にはいらっしゃるのですが
「自分は平気だ」と思い込んでいる人。
根拠なんてありません。

もしも自分が急に気を失ったら
もう自分はこの世に居ないだろうから関係ない、
そんな考えなのでしょうか?

いつまでも若い感覚のままで居たい気持ちは分かりますし、
車に乗りたい気持ちも分かります。

ですが、周りの人のことを考えましょう。
事実、高齢者の方による事故も起きています。
そういう方たちもみなさん「事故を起こそう!」とか「駄目かも!」と
思いながら、運転していたわけではないでしょう。

皆様「自分は大丈夫」だと思っていたからこそ、運転しているのだと
思います。

もう、自分は若くない。
そのことを受け入れなくてはいけません。
私もいつか、受け入れることになる日が来るでしょう。

間違っても、頑固になって
「自分は大丈夫だ!運転する!」なんて言うのは
自己中心的な人間でしかありません。

客観的に、現実的な”事実”として、
高齢になればなるほど、事故の危険性は上がっている。
そのことを受け入れましょう。

人が絡んでいない事故ならイイ!という考えもダメですからね!
コンビニに突っ込んでガラスなどを割ったりしたらそのコンビニの
店員さんやオーナー、一緒に謝る家族などに迷惑をかけていることになりますから。

②「孫に会いに行きたいから、返納しない」

ニュースで高齢者の免許返納について取り上げていた際に
聞いた言葉です。

この方は免許を返納するか、更新するかを迷った挙句、
結局更新した、という特集でした。

その理由は「孫の顔を見に行きたいから」と。
確かに、微笑ましい理由ではあります。

ただ、よく考えてみてください。
もしも、孫に会いに行く途中に事故を起こしたら?

「孫に会いたかったから仕方ない」とでも言いたいのでしょうか。

理由としては、良い理由にも聞こえますが
結局のところ、この方も
”自分のことしか考えていない”のだと思います。

この方は自分の運転が危険になってきていることを
自覚しながらも「孫に会いたい」という理由で、
免許更新を選びました。

と、いうことはこの方は「孫に会いたいから」という
自分の都合をかなえるために
「自分に関係のない人間は危険にさらしても良い」と
いうことなのでしょうか。

何かご家族の皆様の間で、孫に会えるように考えてあげることは
できなかったのでしょうか。
もう結構前のニュースなので今はどうなっているか知りませんが、
このニュースを聞いて私は寒気がしました。

こういう人がいっぱいいるのか…と。

③仕事上仕方がない!

ご高齢のドライバーもいらっしゃいますよね…
ただ、自営業である場合は、自分の意思で車を運転するような
仕事は控えるべきだと思います。

ただ、どこかに勤めていて運転の仕事を与えられている場合は
会社側に問題がありますね。

まぁ、ご本人が事故を起こしたら会社側としては見捨てれば良い!
というような考えなのかもしれませんが、
やはりこのあたりも違和感を感じずにはいられません。

高齢になったら運転関係の仕事はしてはならない、
私はそう思います。

免許を返納するには?

市区町村によって若干異なる場合があります。
主に警察署の担当課などで行うみたいですね。
もちろん、免許証の返納手続をしても良いのですが、
返納等は特にせず、そのまま免許証の期限切れというカタチで
免許の効力を失わせるだけでも全然OKです。

返納するかしないかは気持ちの問題ですね。
ただ、返納すると、返納した証明書などを貰えて
特典などを受けられる場合もあります。

とにかく、運転しないように心がけることは大事なのではないかと
私は思います。

事故を起こせば、相手方は深く傷つきますし、
自分の家族だって嫌な思いをすることになります。

まとめ

高齢者による事故が増えているのは残念ながら事実です。
意固地になって、運転を続けるのは自由ですが、
それは”自分勝手”な行動でしかありません。

本当に周囲の人のことを考えるのであれば
しっかりと自分の手で免許を返納して
ドライバーとしては身を引くことをおすすめします

「自分は絶対に事故を起こさない!」
…そんなことは保証できません。

もう、若くはないのです。
辛いとは思いますが、それが現実。

ですから、周囲の事をちゃんと考えることのできる皆様にお願いです。
ちゃんと、免許を返納して下さい。
事故が起きる前に…。。
起きてからでは遅いのです!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする