人前でスマホ?スマホいじりをしない方が良い場面7つをご紹介!

店員Kです!

スマートフォン。
今の世の中では大半の方が持っているかと思います。

LINEなどで人とやり取りをすることもできますし、
スマホでゲームを遊んだり、色々なネットのサイトをみたり、、
その使い方はさまざまです。

ですが、その便利さから、常にスマホをいじっているような
人が居るのも事実です。

…が、スマホはいじる場所次第では周囲の反感を買ったり、
余計なトラブルを招く可能性もあります!

スマホは便利ですが、いじらない方が良い場面も
ありますから、それはしっかりと把握しておきましょう。

スポンサーリンク

スマホをいじらない方が良い場面

スマートフォンをいじらない方が良い場面。
日常生活の中では色々あると思います。
スマホをいじる場所を間違えれば、余計なトラブルを
招いたり、怪我をしたり、人との関係に亀裂が
入ったりすることもあります。

今回の記事ではスマホをいじらない方が良い場面を
一つ一つ書いていきます。
それがもたらす可能性のある結果についても
まとめておきましたので、スマホを使う際は注意しましょう!

人が話しているとき

人前でスマホをいじるのは別に良いと思いますが、
人があなたに向かって話しているとき、
もしくは人があなたを含めた全員に話しているとき。

こんな時はスマホいじりは控えた方が良いかと思います。

大して自分に関係のない話だったとしても
話している相手が自分の話の最中にスマホを
いじっている、ということは不愉快に感じる人も居ます。

もちろん、
「スマホをいじりながらちゃんと話は聞いてるよ」という人も
多いと思います。
それを理解してくれる相手なら良いですが、理解してくれない人も居ます。

特に、仕事関係の上司などから話をされている最中に
スマホをいじっていると、余計なトラブルを招いたり、
反感を抱かれる可能性も非常に高いので、気をつけましょう。

また、高齢の方が相手の場合も注意です。
年齢が上がれば上がるほど「昔はスマートフォンなんて無かった」という
時代です。
若者世代には、それほどいないと思いますが
ご高齢の方の中には「スマートフォン」を嫌悪する人がいるのも事実です。

そういう人の前で、スマホをいじっていると、
例え相手が話し中でなかったとしても、ちくちくと嫌味を言われる可能性も
ありますし、場合によっては突然怒鳴られたりする可能性も0ではありません。
(実際に知り合いが突然理不尽に怒鳴られたことがあるようです)

この場合、スマホについて話したり、釈明しても、相手は理解できません。
残念なことですが、人間の中には「自分の時代になかった」ものを
受け入れることが出来ない人も居ます。

なので、万が一スマホいじりを指摘されたり怒鳴られたりした場合は
無理に言い返さず、そのまま「あ~はい!」みたいな感じで
話を終わらせてしまうのが無難です。

歩きスマホ

これはやめた方が良いです。
あなた自身が怪我をする恐れもあります。

街中ではよく、歩きスマホをしている人を見かけますが、
外でもスマホをいじりたいのであれば、
一度立ち止まってスマホをいじることをおすすめします。

実際に歩きスマホが原因の事故も起こっていますし、
私も、自転車で異動している最中に、
「なんだコイツは、邪魔なやつだな」と思ったこともあります。
志願者なのか知りませんが、突然目の前に堂々と歩いてきた人まで。

事故すれすれの事態を引き起こしてまで、歩きスマホを
するのはやめましょう。
いつか本当に事故を起こしますよ!

また、車や自転車が歩きスマホで、
自らぶつかってきた人にぶつかってしまっても
罪に問われてしまうことがあり、大変かわいそうです。

外でスマホをいじり場合は立ち止まっていじりましょう。

乗り物に乗っている最中

これは別に良いのですが(運転中除く)、ここに書いている理由は
「酔う可能性があるから」です。
酔わない人は全然問題ないのですが、
特に、車などで下を向きながらスマホをいじっていると、
次第に酔ってくる人も居ます。

私も車に乗りながら下を見ていると車酔いしてしまう
タイプなので、
車の中では極力何もしないようにしています。

もしも、自分が車酔いするタイプなのであれば、
そのことをしっかりと自覚し、車の中ではなるべくスマホを
いじらないようにしましょう。

車酔いも侮っていると、本当に気持ち悪くなってしまいますから…。

勿論「運転中」のスマホいじりは論外です!

デート中のスマホも危険?

恋人とのデート中にスマホいじり…
これもあまり良くないみたいですね。

特に、一緒にいる間にずっとスマホをいじっている人も
居るみたいですが、
これは相手からの評価を大幅に落とします。

実際に「嫌だった」と言っている人も居ますし、
”自分よりもスマホが大事なのか”と思わせてしまい、
2人の間柄、関係性を破壊する可能性もありますから、
本当に必要なときや、適度にスマホをいじる分には別に、
全然問題は無いとは思いますが、
デート中にずっとスマホをいじっている!みたいな真似はやめるようにしましょう。

相手から不要な反感を買うだけです!

寝る直前のスマホ

寝る直前のスマホ、睡眠的にあまりよろしくないようです。
また、布団の中でスマホをいじっていると、寝ようと思っていたはずが
いつの間にか時間が経っていた!なんてこともありますし、
目や健康的にも良くないです。

また、危ないのがスマホをいじったまま寝落ちした場合や、
寝惚けて変なサイトにアクセスしてしまった場合などなど、
スマホをいじっていても、あまり良い事がないです!

特にそのまま寝落ちした場合は、
危険です。
布団の中で寝ころんだ時に、布団の中に落ちていた
スマホを潰してしまって、破損した人を知っています。

多少のことでは平気だとは思いますが、
そういうこともあるのだと言うことは覚えておきましょう。

病院の中でスマホはNG

病院の中でのスマホいじりは基本的にNGです。
医療機器に影響を及ぼす可能性があるためですね。
最近は問題ない、と言う声もあがってきていますが、
電波うんぬん以外にも「うるさい」だとか、色々な理由が
あるのも事実。

とにかく、病院では「電源をオフにしてください」と
書かれている病院も多いですから、ちゃんと病院側の
お願いしに従いましょう。

病院もお店もそうですが「ルールを守れない人間」に
利用する資格はありません

飛行機での利用は?

昔は飛行機内での利用はダメでしたが、少し前から可能に
なっています。
ただし、機内モードにするだとか、色々と使用可能・不可の
タイミングなどもある上、
機長の判断などにより、使用が禁止される場合もあります。

航空会社や飛行機ごとの指示やルールをよく確認して
使用するようにしましょう。

ルールを破ると、飛行機の場合は重大な事故を招く可能性がありますし、
罰金などの罰則も定められています。

そのため、飛行機内でのスマホの使用は慎重に、
しっかりとルールを守った上で行うようにしてください!

ご存じかとは思いますが
必ずスマホには「機内モード」というものがありますから、
飛行機に乗る前には「機内モード」に切り替えておくことをおすすめします!

まとめ

スマホをいじるべきではない場面は、こんな感じでしょうか。
どの場合でも人間関係を損ねたり、
あなたに被害を及ぼしたりするケースも多いですから、
スマホをいじるのに、適切ではないタイミングぐらいは
スマホをいじるのを我慢して、
またスマホがいじれるタイミングになったらいじると良いと思います。

スマートフォンは便利なものですが、
”スマートフォンと一体化”してしまったかの如く、
タイミングも場面も一切考えないでスマホをいじりつづけるような人は
疑問です。場面をわきまえて使うようにしましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする