子供の希望するクリスマスプレゼントが手に入らない場合の対処法

店員Kです!

今年もだんだんとクリスマスの日が近づいてきました!

子供が居るご家庭の保護者の皆様にとって、
悩ましい問題の一つが、サンタクロースからのプレゼントだと
思います。

サンタさんは実在する!と信じている子供は、
時に無茶なお願いをすることも。

とても高額な商品を欲しがったり、
中には「今では手に入らない」ようなモノを欲しがったり…

そんな時は一体どうすれば良いのでしょうか。

今回は「実現できないお願い」を子供がしてきた場合の
対処法について書いておきます。

スポンサーリンク

サンタさんを信じている…

子供はサンタクロースの存在を信じている子も多いです。

”サンタさんは何でもプレゼントしてくれる”

そういう風に”誤認”してしまっている子供もー。

何でも持ってきてもらえる、と夢見ている子供は
時にとんでも無いプレゼントを欲しがることも。

保護者の予算をはるかに超える高いモノ。
既に発売されてから時間が経っていて手に入れられないモノ。
現実では手に入れられないモノ。

などなど…。

子供には悪気はないのでしょう。
ですが、親の立場からしても実現できないものをお願いされても
困ってしまいますよね…。

と、いうことで、そんな場合はどうすれば良いか。
パターンごとに書いていきましょう。

予算を超えている場合

どんなご家庭にもクリスマスプレゼントはだいたい〇〇円ぐらいまでの
モノにしよう、と考えていると思います。

しかし、時に子供はその金額を遥かに超える金額のものを
お願いしてくることもあります。

そうなってしまうとなかなか大変です。
例えば5000円ぐらいと考えていた場合でも、
子供は平気で5万円ぐらいのものをお願いしてくることも。

そんな場合はどうすれば良いか。

もちろん、そのまま当日を迎えて、
違うモノを枕元に置いておくのでも別に良いのですが、
それだと子供が嫌がったり、泣きわめいたりする可能性もあります。

そこで、おすすめなのは
「サンタクロースは皆にプレゼントを配るから
 あまり高いものだとみんなの分が買えなくなってしまう」と言うような
ことを事前に伝えて、もうちょっと安いものを選んでもらう、
というのが一番効果的だと思います。

例えば、予算が5000円なら、
サンタさんは、そのぐらいの金額で買えるものじゃないと
皆にプレゼントを配ることができなくなっちゃうから…
みたいな説明が良いかと思います。

ただ、学校などでそれ以上の金額のプレゼントを貰う人も
居るとは思います。
そういう子から話を聞いた場合、子供が何か言ってくる可能性も。

そういう場合は、サンタさんは「良い子」にしていた子に
お金をたくさん使うようにしているみたいだから、もっと良い子に
していれば、来年はもっと良いものがもらえるかも、みたいな
話をしておくと良いのではないでしょうか。

「〇〇は良い子じゃないよ」と突っ込まれたら
お家では良い子にしてるんじゃないかな?とか、
上手く言っておきましょう。

過去の商品で手に入らない場合

子供が希望しているプレゼントが、過去に発売された商品で、
既にお店などには存在せず、売り切れになってしまっている場合。

この場合は、まず、ネットで販売されていないかを確認してみましょう。
オークションやネットショップなどで、案外売られている可能性もあります
(ただ、生産終了品については中古がメインで、
新品は定価を超えたりする場合もあります)

探してみると、案外、生産終了品でも安い値段で売られているものもあります。
もしも、子供が希望しているモノが、それなりの値段(予算内)で買える!という
ことであればネットで購入してしまえば良いと思います。

ですが、生産終了品の中には「プレミア化」しているものもあります。
プレミア化、というのは人気商品や希少商品などのことを指し、
定価を超えて販売されている場合も多いです。

こういうケースの場合は、なかなか入手するのも難しいと思います。

なので、もしプレミア化していて商品が手に入らない!ということであれば
子供に
欲しがっているものは、もう作られていないものだから
サンタさんでも手に入らない、と伝えて変えてもらいましょう。

サンタさんもお店でプレゼントを用意しているから
お店に無いものは買えないよ、とでも教えてあげれば
恐らくは大丈夫なのではないでしょうか。

多少、駄々をこねても、丁寧に説明すれば必ず分かってもらえると思います。

人気商品で手に入らない場合

発売日が近い商品でも、クリスマスシーズンには、人気商品から
売り切れしていきます。
考えることは皆、同じです。

子供たちの間で人気の商品をお願いしてくる可能性もありますし、
それを聞いた保護者の方が早めにクリスマスプレゼントを確保し、
売り切れになってしまっている可能性も。

子供が欲しがっているモノが
”人気商品”の場合は、早い段階で売り切れてしまう可能性もあります。

もしも売り切れだった場合、ネットなどでも確認してみると
良いと思います。
ただ、ネットショップなどもクリスマスシーズンには
プレゼントに人気なものがどんどん売れていきますから、
早めに購入しておくことをおすすめします。

どうしても手に入らない場合、
サンタさんから「その商品分のお金」をプレゼントして、
保護者がそのお金を預かり、後で購入するか、
もしくは上の「生産終了で手に入らないもの」と同じような言い回しで
誤魔化すのが良いかと思います。

こうならない為にも、子供の欲しがる商品が
「人気商品」であると分かった場合は、すぐにでも手に入れておくことをおすすめします。
10月、11月あたりに購入しておいても「早すぎる」ということはありません。

現実では手に入らないものを欲しがった場合

子供の中には絵本の中の世界のものだとか、弟が欲しい!だとか
そういう無茶なお願いをする子も居ます。

この場合は「それは手に入らないもの」であることをしっかりと伝えて
「サンタさんもお店に売ってるものじゃないと持ってこれなくて
困っちゃうよ」みたいな感じで、サンタでも手に入らないものはある、と
伝えてあげるのが良いかと思います。

突然欲しいものを変更されてしまった場合

子供の中には、一度「欲しい」と言っていたものをクリスマス直前などに
変更する子供も居ます。

その場合は「サンタさんがもうプレゼント用意しちゃってるかもよ~」
みたいに、あらかじめ”来ないかもしれない”みたいなことを
匂わせておくと良いと思います。

そして当日、元々欲しがっていたものに子供が気づいたあとに
「もう用意しちゃってたんだね」みたいな感じで伝えて
来年のクリスマスからは、ちゃんと欲しいもの考えてからサンタさんに
お願いするようにしようね、みたいな感じの伝え方をすると、
翌年は、ちゃんと良く考えてからプレゼントを言うようになると思います。

「直前まで迷う」という行動に走る可能性もありますが、
その場合はサンタさん、今から用意しないとみんなの分、用意できなくなっちゃうみたい、
とでも伝えて、早めに決断してもらいましょう。

まとめ

もしも無理なお願いをされた場合は、無理して背伸びをする必要はありません。
サンタクロースも、何でもかんでも手に入るわけではない、と言う作り話を
上手く作って、子供に納得してもらう、これが一番だと思います。

また、手に入らなかった場合、サンタクロースからの手紙などを
渡すのも効果的みたいです。

今ならパソコンでそれらしいものを簡単に作れるようになりましたし、
もしもお目当てのものが手に入らず困っている方は
欲しいものと違うモノになってしまったことを謝るサンタさんからの
手紙などを添えるのも良いかと思います!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする