店長との結婚はおすすめできない!その理由8つをご紹介!

店員Kです!

お店の店長。
雇われ店長だったり、自営業の店長だったり、色々あると思いますが
世の中の「店長」と呼ばれる人間の大半は
”雇われ店長”だと思います。

この「店長」、
”結婚相手”として考えると、相当条件が悪く、
今後の生活も安定しないものなのです。

今回は元店長の店員Kが
”店長を結婚相手として選んではいけない理由”を書いていきます。

結婚するのなら、
下記のことを覚悟して結婚しなくてはなりません。
なかなか、大変な生活になると思いますから
「よく考えて」決断されることをおすすめします。

スポンサーリンク

店長は結婚相手としては最悪!?

店長は結婚相手として選ぶのは、最悪な部類だと思います。
よく、店長と恋愛、などという話も聞きますが
基本的には、最低でも”恋愛”のところまでで止めておくことをおすすめします。
それ以上進むと、大変な夫婦生活を送ることになりますから、
今一度よく考えてから先に進むほうが良いと思いますよ。

では、何故、店長を結婚相手として選ぶのはおすすめできないのか。

その辺りを一つ一つご紹介しておきましょう。

①勤務時間が長く、仕事優先に

まず、雇われ店長というのは、勤務時間が非常に長いことが多いです。
朝、出勤して、帰りは夜遅く。
本当にそんな日々が続きます。

勤務時間が非常に長いので、結婚したとしても、どうしても”仕事優先”の生活に
なってしまい、家庭を顧みることができません。

そのため、将来的にそれが原因でもめる可能性も否定できませんし、
それを改善しようとしても、改善することも難しいです
(一度店長もやってみるとわかると思いますが
なかなか自分の時間を作るのは難しいです)

②休日が少ない。休日出勤あり

店長は休日が少ないです。
そして「土日」休むこともできないでしょう。
お店と言うのは土日が売りどきである場合が多いです。
そのため、休むとしたら平日です。

しかも、平日も休めるとは限りません。
私の知る店長の中には1年間ほとんど休むことができずに
(この方は自らやすまなかった節もありますけど)
ずっと仕事をしていた方も居ました。

また、お店のアルバイトスタッフさんなどが休めば
休日でもお店に行かなくてはなりませんし、
休日でも携帯にお店からの電話がかかってくるので、
休んでいる場合でも、常に”仕事の影”がつきまとうのが
店長と言う仕事です。

加えて、上でも書いたように、休めても
土曜日・日曜日・祝日は難しいです。
将来的に子供が出来たときのことを考えてみてください。
休日にいつも片親が居ない。
そんな生活を送る覚悟はありますか?

また、年末年始やクリスマスなども休むのは難しいです。

実際に私が店長をしている時代
「この売り時に休むのか?」とクリスマスに休むな
圧力も出ていました。
こんな感じで、子供や家庭を顧みた生活が出来ないのが
店長と言う仕事の怖さでもあります。

③給料も微妙

店長って…意外と給料も微妙ですよ。
月で20万前後しか稼げないときも多いです。
流石に年齢を重ねている店長はもう少し上がっていると思いますが、
実は店長ってサービス残業させられていることも結構あるので、
年収としては300万円以下の方も結構居ると思います。

サービス残業はいくらしても、お金はもらえませんからね。
もちろん、有給休暇などというものも存在しません。
(するところもあるかもですが)

④異動が多いので定住できない…

店長とは、異動の多い仕事です。
理由としては1箇所の店舗に店長をとどめておくことで
不正を育てたり、また、店舗のマンネリ化になってしまったり
そういうことにならないため、と
私の旧勤務先の関係者は言っていました。

突然東北から九州、なんてことも全国展開している
チェーン店だったらありえる話です。

そして、辞令というものは突然下るので、
場合によっては言われてから数週間で、住み慣れた土地を
離れて、異動することになるかもしれません。

また、異動は1回でとどまることを知らず、
繰り返し何度も異動させられてしまう可能性もあるので
安定した生活を送りたい、ということであれば
店長との結婚は絶対にしてはいけません。

店長との結婚の先に安定した生活はありません。

もしも結婚すれば、
異動のたびに引っ越すことになるか、
もしくは単身赴任させるか、どちらかしかありません。

いずれにせよ、もし子供を作る場合、
”片親が単身赴任で居ない”状況、もしくは
”定期的に引越しして転校を子供に強いる”のどちらかの
生活を送ることになります。

⑤帰ってきても疲れている…

店長の仕事は激務なので、
帰ってきても疲れている可能性があります。
私はそういうことはありませんが、
仕事での疲れからぴりぴりして、八つ当たりムードな店長も
居るかもしれません。

上からはノルマだの何だの言われ、
バイト間のトラブルなどがあればそれも片付けて、
お客さんからのクレームにも苦しむ。

そうすると疲れているのは事実でしょう。

それを家庭であらわすような人でなければ良いのですが
家庭内でも”不機嫌”となって現れるような人である場合は
非常に厄介ではあります。

⑥将来性もありません!

店長は、案外将来性もないものです。
所詮”雇われ”ですからね。。
店舗が閉店になれば、別店舗に異動(転勤)したり、別部署に異動に
なったりすることもあります。

たいていの場合、別部署もブラックだったり、あまり実績の
ないところだったりするので、将来も不安定です。

今の時代、ネットショップなどが台頭している時代なので、
小売業のお店はどんどん潰れていっています。
つまり、将来性が無い状態。
あなたが、店長と結婚しても、その人がいつまで”店長”
で居られるかも分らない、そういうことです。

突然職を失うことになって、
路頭に迷う事だってあるのが店長と言う仕事です。

子供のためにも、将来も安定しない人と結婚するのは
どうでしょうか。

もちろん、子供を作らないご家庭なら
それはそれでよいかとは思いますけれど!

⑦バイトの子と…

店長と言うのは、アルバイトスタッフさんと顔を合わせる時間が
どうしても多くなるものです。
中には、アルバイトスタッフさんといけない関係(?)に
なってしまう人も居ます。

私はそういうことは全くありませんでしたが、
考えは人それぞれ。
実際に不倫している店長が居る、という話は聞いたことが
ありますし、長く職場に居ると、家族よりもバイトスタッフさんと
一緒に居る時間の方が長くなってしまうので、その点は
心配するべき点の一つになるとは思います

⑧家に仕事を持ち帰る可能性

そして、雇われ店長と言うのは、お店だけでの仕事では足りず、
家に仕事を持ち帰る可能性もあります。
せっかく夜遅く家に帰ってきても、
まだ仕事。
そんな可能性だってあるのです。

そうすれば、家族は相手をしてもらえず、またそれが不満となって
家庭に亀裂を入れる可能性もあります。
なかなか色々なことが上手く行かないのが
雇われ店長の結婚だと思います。

そういうすれ違うが生まれる可能性があるのもまた、
雇われ店長との結婚の怖いところではあります。

まとめ

以上の8つの理由から店長との結婚はおすすめしません。
仮に結婚してしまえば、かなりの苦難が待ち構えていることが
分ると思います^^

まぁ、それでも結婚したい!というのであれば自由では
ありますが、店長の実情を知る私からすると、
店長との結婚生活は相当大変だと思いますし、
事実、独身のままの店長も多かったです。

もしもその人と絶対に結婚したい!ということでなければ
店長との結婚はやめて、他のお相手を探すか、
そうでなければ無理して結婚しないほうが、
幸せな人生を送れると思いますよ!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする