ツイッターからマストドンに移住…?実際にしてみた結果!

ネット

店員Kです!

ツイッターのアカウント一斉凍結などが
あるたびに話題に上ることもある「マストドン」

実際に、ツイッターから移住してみようとしたり、
ツイッターの代用にしてみようとしたり、
サブに使おうとしてみたりする人もいるようです。

しかしながら、実際のところはどうなのか。
ツイッターから移住するのにマストドンは
良いものなのか、どうか。

私も仕事やプライベートでツイッターを使っていますが、
何でも経験!ということでマストドンの
アカウントを取得してみました。

その結果、感じたことを書いていきます。

マストドンとは?

マストドンとは、ツイッターと同じようなジャンルの
短文投稿型のSNSサービスですね。
ツイッターと同じように無料で利用することができます。

マストドンの公開は2016年の10月となっており、
比較的、最近始まったサービスとなりますね。

ツイッターとは異なる部分は多数存在しますが、
今回の記事は、マストドンの機能を説明するものではないので、
その部分は割愛します。

ツイッターの代替サービスとして利用したり、
ツイッターのサブとして利用したりするのに
向いているのかどうか、という部分を
書いていきたいと思います。

なお、今回の記事は、あくまでも
「今までツイッターを使っていた人がマストドンを使う場合」の内容です。
元からマストドンを主体で使っていたり、
ツイッターをやったことない人が、これからマストドンを始めたりする場合は
下記のことは当てはまらないと思います。

実際にアカウントを作ってみた

アカウントの取得自体は簡単でした。
ツイッターのアカウントを作ったことが
ある人であれば、特に躓くような部分はないかと思います。
本当に数分で作ることができるので、
この部分に関しては、特に問題はないでしょう。

使い方に関してですが、
ツイッターと同じような感覚で、基本的には使えるのですが
細かい部分は大分違う印象です。
まぁ、この点は、別のSNSサービスですから
当然と言えば当然ですけどね。

例えばツイッターで言う「ツイート」は、
マストドンでは「トゥート」と呼びます

ツイッターと併用するのは…?

ツイッターが消えてしまったときの
サブアカウントとしてマストドンも
作っておこう!などと考える人も居ますが、
個人的には、あまり有効でないように感じました。

理由としては、2つの類似するSNSサービスを
利用しても、最初は良くても、結局のところ、
主に使うのは一つになってしまうからですね。
いざという時のためにマストドンのアカウントを
作ったとしても、
そのアカウントは、寂れてしまい、
結局のところ、ツイッターばかり使う、
ということになってしまいがちです。

2つのSNSを巧みに使いこなす!なんてことは
なかなか難しいですし、
両方を一度に使用することは難しいかと思います。
アカウントを作って、しばらくは使ったけれど、
後は放置!となるのが、目に見えています。
(私もそんな感じになりつつあります)

ツイッターからの移住は?

ツイッターをやめて、マストドンに移住しよう、というのは、
なかなか難しいかと思います。
ツイッターに慣れていれば慣れているほど、
違和感を感じるでしょう。

また、ツイッターと比べると、やはり、利用者の数も
圧倒的に少ないです。
同じ感じの内容を呟いてみても、
マストドンの方が圧倒的に反応がありません
(そもそもフォロワーの数も少ないですけれど…)

ツイッターのような、にぎやかさはなく、
また別のマストドン独自の雰囲気があるので、
ツイッターに慣れていれば慣れているほど、
なんとなく違和感を感じると思います。
もちろん、そこからマストドンに慣れていくのも良いのですが、
なかなか馴染めずに、結局はツイッターを使ってしまう、
ということになる人も多いように感じました。

私の結論としては、
ツイッター慣れしていればしているほど、
マストドンへの移住は難しいのではないかと思います。

また、企業やお店などが販促・宣伝として使うのには
マストドンは今現在だと少し厳しいかもしれません。
ツイッターと比べると、圧倒的に反応が薄いですからね…。

凍結された場合の移住

ツイッターが、凍結されてしまった場合
マストドンに移住するのはどうか…。
これは、やはり上と同じ理由で、
ツイッター慣れしていればしているほど、
マストドンの雰囲気としくみには、なかなか
慣れることができないのではないか、と思います。

凍結されてしまったアカウントを復活できるのであれば
その方が早いかと思いますし、もしもそれが
出来ないのであれば、
新しくアカウントを作り直した方が、
ツイッター慣れしている場合は、良いかもしれません。

まぁ、あくまでも個人の感じ方次第ですが、
私の場合は、確かにツイッターと似ているSNSではありますが、
結構違う感覚である、感想を抱きました。

まとめ

利用ユーザー数の面で考えても、
マストドンはツイッターの代用にはなり得ないのではないか、と
個人的には思います。
あくまでも、他のSNSサービスの一つである、と
考えておいた方が良いでしょう。

ツイッターとマストドンを両方使いこなすのは
難しいと思いますし、
移住などに関しても、ツイッターに慣れていれば慣れているほど、
なかなかなじめずに、結局ツイッターに戻ってしまう、
ということにもなるかと思います。

私の場合も、やっぱりなんだかんだでツイッターを
使ってしまうなぁ、というのが正直なところです。

マストドンはマストドンで良い所もあるので、
ツイッター慣れして居なければ、全然、選択肢としては
ありだと思います。

ただし、私はアルバイト時代から仕事でツイッターを
活用していたので、なかなかすんなり移住はできそうに
ありませんでした。